ブナ帯レア産地へのチャレンジ・・・パート2。

ドイツで行われている世界卓球選手権大会で平野美宇(17)が見事な銅メダルを獲得しました・・・
また、混合ダブルでは吉村・石川のペアが念願の優勝となり、これまた素晴らしい快挙です・・・
大会は、男女ダブルスも既にメダルが確定していますが、男子の大島・森園ペアは、今晩優勝をかけた戦いがあり、女子は明日準決勝が行われます。
そして、注目は、男子の張本選手(13)の快進撃ですが、既にベスト8となっており、今晩メダルをかけた戦いがあります。さらにもう1の人丹羽選手も今晩4回戦に勝利しましたが、その後にメダルをかけた準々決勝があるので、なんとか頑張ってもらいたいですね・・・
頑張れ~、ニッポン

さて、それでは、採集記の続きです・・・。

3人の宿泊する宿は充分な広さと改築した新しいきれいな部屋であり、満足のいくものでしたね・・・

IMG_1908.jpg
清潔感のある広い部屋

宿に到着すると、既に夕食の準備が出来ているとの事だったので、早速みんなで食事をする事にした・・・

見ると、とにかく品数が多く、下の写真にご飯と味噌汁が付き、どれもこれも美味しいものばかりでしたが、3人ともお腹いっぱいになり過ぎてしまい、参りました・・・

IMG_1910.jpg
品数の多かった夕食メニュー

食事の後に部屋に戻って、風呂でゆっくりと汗を流した後、デザート代わりになにかを食べようとしたものの、お腹いっぱいで何も入る状況ではなく、そのままゴロンと布団の上で横になるのが精一杯でしたね・・・。

完璧に食べ過ぎてしまいました・・・

こうして、1日目が終わり、朝まで爆睡状態となりましたが、翌日起きてから気になるのが天候です。

昨日は天候が悪くて、雨具を着用しての採集だったので、今日はどうなんだろうかと気になるところだったんですが、天候は曇りと言う事で、問題なさそうです・・・

早速、起きてから朝食へと向かい、メニューを見てみると、夕食に引き続き品数が多くて、完食するのに大変でした・・・

IMG_1911.jpg
朝食メニューも品数が多い

食事後、部屋に戻ってコーヒーを飲んでゆっくりした後、さあ、いよいよ2日目の採集へと出発です・・・

          ・・・ < 2日目 > ・・・

昨日は、貴重なレア産地ものを手に入れる事が出来たので、今日は、ポイントを変えずに昨日のエリアの続きを探索する事とした。
準備を終えて採集の開始です・・・

林道をひたすら歩き、ようやく昨日上り始めたところまで来ると、そこからは斜面を上るだけなんですが、これがなかなか楽ではありません・・・。

しかし、ここを踏ん張ればきっと良材が見つかるはずです・・・

そう思ってクワ友と頑張って進んで行った先に面白そうな立ち枯れがあったので、そこをクワ友に任せて私はその先の探索に向かったのですが、なかなか朽ち木が見つからず、その周辺も急斜面になっており、そこを降りるのはひじょうに危険なので一旦引き返す事にする。

立ち枯れをチェックしていたクワ友は、あまり状態が良くないようで、パッとしなかったので別方向へと進む事にした・・・。

クワ友と歩きながら探索をしていると、前方に立ち枯れが確認することが出来た。

そこでその材まで行って見ると、堅めな部分と柔らかな部分とがあり、堅めな部分には既に抜けた他種のクワガタの食痕と脱出口が確認され、中にはアカアシの成虫も入っていた。

そして、ふと柔らかそうな部分に目をやった時だった・・・。

そこには、明らかな特徴的なオオクワガタの産卵痕が確認されたのです・・・

IMG_1912.jpg
大きなブナの立ち枯れ

下部の方は、それ程ではないが、上部の方は朽ち方が良く、そのちょっとした柔らかな部分には産卵痕が確認されたので、後は主が出てくれる事を願うばかりです・・・。

IMG_1913.jpg
特徴的なオオクワガタの産卵痕

年数も経過しているようなので、3令か?或いは成虫であるのか?または、抜けているのか?いずれにしても期待が大きく、慎重にチェックをしていくと、その奥から3令の太い食痕が姿を現したのです・・・

そして、その食痕を慎重に追い掛けていくと、その先で食痕は切れてなくなっていたのですが、古そうだった事から抜けてしまっていたのかもしれません。

IMG_1915.jpg
3令の食痕

この立ち枯れの手の届く範囲の部分にチェックを入れたものの、手応えはなかった。

しかし、この立ち枯れで確かな痕跡を見つける事が出来たので、まだ何処かに本命の入っている材があるに違いないと確信した。

さらに奥へと進んでいったところに今度は部分枯れしたものが見つかった・・・。

良く見ると、梯子をかけた上にはこれまたオオクワガタの産卵痕と思われる痕跡を発見

これも少々古いような感じがするため、本命が出るチャンスかもしれません・・・

IMG_1916.jpg
オオクワガタのものと思われる産卵痕

この産卵痕の周辺を慎重に追い掛けていくと、初・2令の食痕がいくつか出るものの、主の存在が確認出来ない・・・

しかし、この後に間違いないと思われる極太食痕が生と朽ちている部分の境を食い進んでいるのを確認出来たものの、これも主が確認出来なかった・・・。

手の届く範囲をチェックするものの、かなりの時間を要したので、ここでクワ友と交代して続きをチェックしてもらう事にした。

IMG_1917.jpg
ブナの部分枯れ

するとチェックしていたそのまた奥の部分の白枯れ部分を食い進む太目の食痕が姿を現し、クワ友がその食痕を慎重に追い掛けていった。

それは、容量のある朽ち木のかなり奥の部分に存在し、この食痕の先を追い掛けていくのは容易ではない・・・。

それでも、時間を掛けてその食痕の進む方向を慎重に追い掛けていった。

材質が良いだけに上部には入っている可能性が高いと言えるものの、上部をチェックするのには限界があるため、とにかく目の前に現れている食痕の主を確かめるしかない。

そんな事をクワ友と共に話しながら、目の前にある食痕を追い掛けていると、ようやく確定と思われる3令幼虫が姿を現したのです・・・

ついに姿を現した3令幼虫でしたが、間違いのないオオクワガタの♀の3令幼虫です・・・

IMG_1918.jpg
3令の食痕とオオクワガタ3令幼虫

クワ友とガッチリと握手を交わし、貴重な3令を割り出した事に満足感が漂った。

IMG_1919.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重6,2グラム、頭幅9,1ミリ)

やはりきれいなボデーである。

この後も中心部分を下部に食い進む食痕を追い掛けていったものの、その食痕は一旦下部に食い進んだ後に上に戻って来たようです。それでもまだこの周辺にいるはずだと思い、怪しいと思われる部分をチェックするも手応えがなく万事休す

唯一まだ怪しいと思われるのは、上部にある手の届かない部分ではありますが、またのお楽しみと言う事で、ここからは時間的な事を考えて山を降りる事となったのです。

途中、朽ち木をチェックしながら予定時間まで粘りましたが、その後の追加はなく、今回のブナ帯採集を終える事となりました。

今回の採集では、貴重な○○産をゲット出来た事が何と言っても一番です・・・。

クワ友同士の連携もあり、みんなで協力し合った結果の成果でしたから、やはり格別です。見知らぬ地域での居るのかどうなのか?という多少の不安はあったものの、前向きに考えた事が幸いしたと思いますね。

居ると分かっている地域へのチャレンジも良いですが、居るかどうかも分からない地域での採集も面白いものです・・・
帰りは、SAで食事をしてのんびりと帰りましたが、またの再会を誓って解散となりました。

今度は秋までお預けとなりますが、それまで樹液採集で楽しみたいと思います・・・

     終わり・・・。

ブナ帯レア産地へのチャレンジ・・・パート1。

卓球の世界選手権大会がドイツで開幕をしましたが、日本人選手は順当に勝ち進んでいるようです。
今大会の注目は、なんと言っても17歳の平野美宇選手でしょう・・・
先に行われたアジア選手権でアウェーの中国にて、中国のトップ選手を3人連続で退けての優勝をしただけに注目が集まるところですが、まずは1戦1戦を集中して戦ってもらいたいところです。
各国がマークして来ている中で、若い伸び代のある17歳が躍動する姿を見せて欲しいですね・・・

さて、それでは、先日のブナ帯採集のお話です・・・。

          ・・・ < 1日目 > ・・・

以前より、クワ友たちとチャレンジの場に考えていたブナ帯は、レア産地と決めていたんですが、今回はクワバカトリオでのチャレンジとなりました・・・

採れるから行くけど採れないなら行かないと言うようなメリットだけを考えるような仲間ではなく、あくまでも見知らぬ地域でのチャレンジが好きな仲間であり、開拓精神旺盛な仲間なので、たとえ成果なしに終わったとしても再度チャレンジすれば良いだけの事と単に採集する事を楽しむと言う考え方は、私自身も共感出来るんです・・・。

そんなわけで、前日深夜に合流したクワバカトリオは、目的地へと車を走らせたのです。

途中、休憩をしながらも順調に高速を走り抜け、予定通りに目的地付近に到着し、少々の仮眠を取ってから行動開始となった。

それにしても、天候が悪い上に残雪が所々に確認され、ひんやりとした空気に包まれながら、林道を歩いて行く・・・。

そして、雰囲気の良さそうなエリアに到着すると、朽ち木を目指しての探索が始まった。

IMG_1904.jpg
ブナ林

いつ来ても各地の広大なブナ林には、圧倒されてしまいます・・・

いくつかの朽ち木を発見し、各々が怪しい部分にチェックを入れるが、手応えがない・・・。

そして、また新たな朽ち木をチェックするも、他種の幼虫は確認出来るものの、本命の姿を確認する事が出来ないまま山の中を歩き続け、途中で3方向に分かれての探索に切り替える事となった・・・。

いつもの事とは言え、やはりなかなか手応えがないまま時間が経過していった時、ふと時計を見ると正午を過ぎていましたが、そんな時に目の前に広い空間が現れ、そこには倒木や立ち枯れがいくつかまとまって存在していたのです。

これは面白そうだなあ

倒木をチェックすると古い太目の食痕が確認出来ましたが、主の確認は出来ず・・・。

そして、今度は立ち枯れ材のチェックに入った。

状態は良さそうだし、1人でチェックするには時間が掛かるので、クワ友と連絡を取るが、電波が悪くてなかなか通じない・・・。

何回か連絡をした後、ようやく電波が届き状況を聞くと、今のところ手応えがないとの事だった。

そこで、こちらの状況を伝え、こちらのエリアに来てもらう事にしたのですが、これが後々感動を呼ぶ事になろうとは・・・。

電話を切った後、クワ友と合流しやすい場所まで戻り、再度連絡を取りながら、なんとか2人と合流する事が出来た。

そして、何本かある立ち枯れを3人でチェックする事になったんですが、クワ友の1人がチェックした立ち枯れからもしやと思われる極太食痕が出たと言うので行ってみると、少々堅めではあるものの、その白枯れ部分には間違いのないオオクワの食痕が確認出来たのです・・・

IMG_1891.jpg
ブナの立ち枯れ

私「これは間違いないねえ

友「そうですよねえ


IMG_1893.jpg
3令の極太食痕

そして、その極太食痕の先を慎重に追い掛けていくと、ついに間違いのない頭幅の大きな3令幼虫が姿を現したのです。

IMG_1894.jpg
頭幅の大きな3令幼虫♂

私「いやあ、やりましたねえ

友「ありがとうございます


もう1人のクワ友も加わり、レア産地でのゲットに3人で感動したのです・・・。

IMG_1895.jpg
頭幅の大きな3令幼虫♂

取り出した3令幼虫は、頭幅11,4ミリと大きかったですが、体重は9,1グラムでこれから伸びるだろうと言う感じの3令中期だった。

IMG_1896.jpg
3令幼虫♂(体重9,1グラム、頭幅11,4ミリ)

さらにこの材の続きをチェックすると、頭だけになった3令幼虫の死骸が1頭確認されたのみで、追加は得られなかった。

そして、最初チェックしていた立ち枯れ材をもう一度確認するも手応えがなく、さらに先にあった立ち枯れ材のチェックをする事になったんですが、ここで間違いないと思われるオオクワの産卵痕を確認する事となった・・・。

私「これは間違い感じだよ・・・

そこで、クワ友にも見てもらうと・・・。

友「いやあ、凄いですねえ・・・

この産卵痕を良く見てみると、坑道を掘った奥にはさらに奥へと続く坑道が掘られていた。

IMG_1899 - コピー
オオクワガタの産卵痕

この後、慎重にこの周辺のチェックをしていったところ、ついに待望のオオクワガタ初令幼虫が姿を現したのです・・・

ここで、先ほどの3令幼虫が出た時と同様に堅い握手を交わしたのです・・・

IMG_1901.jpg
オオクワガタ初令幼虫

そして、もう1人のクワ友に残りをチェックしてもらう事にした。

すると、しばらくして初令幼虫の姿を見る事が出来た・・・

適当なところで、チェックする事を止めて、残りは無事に育ってくれる事を願ってこの場を後にする事とした。

IMG_1902.jpg
ブナ立ち枯れの高所で奮闘するクワ友

こうなると昼食を食べる事も忘れて、何本かの朽ち木のチェックをしてしまいましたが、本当のところは、昼食休憩に戻ろうにもあまりに山の奥へと歩いて来てしまったために戻れなかっただけだったのです・・・

3人でこのエリアの探索をしましたが、まだまだ奥へ行けば朽ち木が存在していそうな雰囲気です。

あまり奥へと進んでしまうと、戻れなくなってしまいそうなので、途中で引き返しながら別の材探しをしながら車まで戻る事にした。

途中、山菜好きなクワ友がタラの芽を見つけてご満悦だったのが印象的だった・・・

IMG_1907.jpg
タラの芽

こうして日没くらいまで探索を行いましたが、追加は得られなかったものの、貴重な○○産をゲットし、3人で満足をした初日となった。
車まで戻った後は、着替えをしてからコンビニに立ち寄って飲み物を調達し、今晩お世話になる宿へと向かったのです・・・。

     つづく・・・。

ブナ帯採集より帰宅・・・。

今シーズンラストとなるブナ帯採集へと行って来ました・・・
厳しい産地ではありますが、クワ友たちとの連携により、ようやく手にする事が出来た貴重なものでした。
やはり、探索は本当に厳しいですが、その努力が実った時の感動は計り知れません。
今回もそんな貴重な体験をしたブナ帯採集でした・・・

IMG_1904.jpg
ブナ林

IMG_1905.jpg
タラの芽

IMG_1907.jpg
タラの芽

IMG_1914.jpg
極太食痕

IMG_1918.jpg
3令幼虫

近日中には、採集記をアップする予定です・・・。

のんびりと山歩き・・・。

昨日は、クワ友から樹液採集報告がありました。
もう既に西の地域では、越冬成虫の確認やゲットされている方々もいると思われますが、クワ友にも確認された方もおり、今回越冬成虫の小歯型ゲットとなったようで、いよいよ西から東へと徐々に採集報告が聞けそうです・・・

さて、それでは、先日の採集記です・・・。

最近は、さらに気温は上昇し、暖かいというよりは暑いと感じる事が多くなっていますが、そんな中山歩きをして来ました・・・。

今回のポイントは、以前から気になっているエリアなのですが、どのような状況なのかを確かめるべく、単独で探索へと向かった。

さて、身支度を終えていざ出発です・・・

林の中を歩いていると、全く手が付いておらず、所々に朽ち木が確認出来た。

状態は良いが、手応えはない・・・。

しばらく材を探しながら歩いていると、目の前に○○の立ち枯れ材が目に留まる・・・。

面白そうだなと思いながら、怪しい部分にチェックを入れる。

若干堅めではあるが、状態は部分的に良い感じ・・・

そして、次の瞬間、ポコッと穴の開いたそこには、プリプリっとした大きなお尻が確認出来たのです・・・

オオクワだ~

しかし、この時の衝撃により、空洞部分からアリの大群が出て来てしまったので、3令幼虫に食い付かれないようにすぐさま取り出す事に・・・。

対応が早かった為、事なきを得ましたが、肝心の写真を撮る事が出来ず、ちょっと残念・・・

IMG_1859.jpg
3令の採れた立ち枯れ材

多分まだ入っていると思われるので、続きをチェックしていると、間もなくして3令幼虫の♂の頭だけが残っている死骸が出て来たのです・・・。

しばらくチェックをするものの、追加は出ずに貴重な1頭をゲットする事が出来た・・・

サイズは、体重11,1グラムと大した事はありませんが、この地域での生息確認は貴重な経験となった。

IMG_1860.jpg
オオクワガタ3令♂(体重5,4グラム、頭幅9,8ミリ)

さらにその周辺を探索するものの、手応えはなく、しばらく探索をするために歩いていると、かなり大きな倒木を発見

期待しながらチェックするものの、状態がそれ程良いものではなく、残念ながら手応えはなかった・・・

そして、1時間ほど経過した頃だった・・・。

状態の良さそうな朽ち木を発見

見た目にもなかなか期待が出来そうな感じである・・・

早速、怪しい部分にチェックを入れたところ、1本の少々細めではありましたが、良い感じの3令の食痕が姿を現した。

上部から下部へと食い進んだその食痕を慎重に追い掛けていく・・・。

IMG_1864.jpg
3令幼虫の食痕

するとしばらくして、小さな3令幼虫が姿を現したのです・・・。

ちょっと小さいかなあ

この時点では、頭が確認出来なかったんですが、直ぐに反転して頭が出て来ると、間違いない”オオクワガタ3令幼虫”です・・・

いやあ、久しぶりに小さな3令♀が出ましたが、頭幅が8ミリにも満たない7,9ミリで体重は3令初期で1,8グラムと小型でしたが、確かなオオクワガタです・・・。

IMG_1861.jpg
オオクワガタ3令♀(体重1,8グラム、頭幅7,9ミリ)

さらに周辺をチェックしていると次々に3令の食痕が姿を現します・・・。

IMG_1865.jpg
3令幼虫の食痕

この食痕が走っていた部分は、状態が良くて複数の食痕が確認出来た。

IMG_1866.jpg
3令幼虫の食痕

そして、待望の♂が姿を現しましたが、それ程大きなものではなさそうです・・・。

それでも、頭幅からすると普通なサイズであろうか、やはり♂はなんと言っても迫力が違いますね。

IMG_1868.jpg
オオクワガタ3令♂

結果からすると、この朽ち木から採集した中では一番体重のあったものとなり、体重11,1グラムで頭幅10,8ミリでした。

IMG_1869.jpg3令幼虫♂(体重11,1グラム、頭幅10,8ミリ)

この後も写真を何枚か撮りながらの割り出しを行いましたが、容量があるために全部には手を付けず、食痕が切れたところで終了する事となった・・・。

ここのエリアは、まだまだ探索の余地はあるものの、来シーズン以降のお楽しみと言う事でこの場を後にした。

おまけに樹液木も1本だけですが、見付ける事が出来ましたね・・・

この後は、ポイント移動しながら探索をしましたが、手応えもなくいつもより早めの終了となった。

IMG_1871.jpg
今回2本の材から採集した3令幼虫

さあ、これで今期はブナ帯採集を残すのみとなりました・・・。
今期のブナ帯採集は厳しい地域という事もありますが、苦戦を強いられています。
ですが、有終の美を飾れるように今回も探索をしっかりと行い、手応えを掴んで来ようと思います・・・

ラスト1頑張るぞ~

高校総体サッカー藤枝東がベスト8・・・。

いやあ、ついつい昨日も行ってしまいました・・・
私自身、高校サッカーが大好きなので、仕事に行く前にちょこっとね・・・。
今日もとにかく暑いです・・・

そして、伝統の藤色のユニフォームは輝いています。

IMG_1888.jpg
試合前

試合は、守備の乱れから序盤に1点を先行され、苦しい展開が続きましたが、徐々に藤枝東のペースになり、終盤に1点を返して前半を1対1で折り返す事となった・・・。

IMG_1889.jpg
前半終了

後半が始まった・・・。

藤枝東ペースかと思われた序盤にまさかの2点目を入れられてしまい、苦しい展開が続く・・・。

チャンスがいくつかあったものの、それを活かし切れずに終盤へと差し掛かり、一進一退が続く中、ついに後半出場となった2年生FWが同点シュートを決める・・・。

このままいくとPK戦になるかもと思いながら見守っていると、この後終了間近にエースの10番曽根大和君がついに勝ち越しのシュートを決め、場内が沸きあがり3対2で勝利

それにしても、相手チームは強かったですね。

しかし、土壇場での逆転劇は、やはり素晴らしかった・・・。

今回の勝利でベスト8となり、次戦は強豪校の清水東ですが、守備の乱れが心配です。なんとか修正して頑張ってもらいたいところです・・・

IMG_1890.jpg
試合終了

頑張れ~、藤枝東
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: