連敗脱出なるか?・・・パート1。

そろそろホームでの連敗脱出といきたいところですが、相手は今シーズン一度も確認出来ていないオオクワガタですから、難しいのは百も承知です・・・。
しかし、チャレンジしなければ採れるはずもありませんから、暑い最中4連敗阻止を願いつつ出掛けて来ました・・・

今日は、一足先に後輩君がチャレンジしているという事で、私自身も気合が入る。

私は、いつものように午後からのスタートのためにゆっくりと家を出てから現地へ向かっている時だった・・・。

後輩君から電話が入り、幸先良く小歯型をゲットしたとの事だった・・・

”おめでとう”と伝え、私自身も刺激を受けたのは言うまでもありません。

今日は何としてもお目にかかりたいなあと思いつつ、車を走らせるとあっと言う間に現地入りです・・・

ここで、マックのセットを注文して昼食を済ませた後、いよいよ採集開始です・・・

今回は、これまでにまだ行っていないポイントを含めてのチャレンジですが、まずは期待の高まるポイントを攻めていると、樹液の出具合はまあまあと言ったところだった。

そこで、ノコギリのペアを見付け、仲良く写真撮影・・・。

IMG_1999.jpg
ノコギリクワガタのペア

ここでは、何本かの樹液木をチェックしましたが、手応えがなくポイント移動する事にした。

久しぶりに期待大の樹液木へと向かうものの、道が通行出来ず、歩いて行くのには時間が掛かりすぎるために断念・・・。

さらに何本かの期待する樹液木を攻めるものの、これも手応えがない・・・

そして、もう何年も見続けているとあるポイントの樹液木を下から上へとチェックし、もう一度怪しい部分の洞を確認した時だった。

オオクワだ~

スペースは狭いですが、はっきりと大きな尻が見え、右往左往しながらこちらにアゴを向けた時に迫力のあるアゴが確認出来たのです・・・

大きさは60ミリあるかどうかといったところだろうか・・・。

すぐに掻き出し棒を使って取り出しに掛かりましたが、こちらに大アゴを向けた瞬間、手を伸ばして引っ張り出す事に成功

IMG_2000.jpg
オオクワガタ大歯型

きれいなピカピカの新成虫のようです・・・

見付けた瞬間、余裕などもなく、勿論樹液木の写真も撮りませんでしたが、良い感じの洞です。

IMG_2003 - コピー
大歯型58ミリ

この後、メスが入っていないかなとも思いましたが、確認出来なかったのでこれで良しとした。

サイズは、58,1ミリでしたが、きれいな個体です・・・

さて、まだ廻りたいポイントは沢山あるので、順番に見て廻った・・・。

IMG_2005.jpg
樹液べったり

前回よりも樹液の出具合は良くなっている感じですね・・・。

樹液場に集まるカナブンたちの数も増しているようですし、カブトムシの数も増えている感じです。

IMG_2007.jpg
樹液場に集まるカナブン・ノコギリクワガタ

しかし、なかなかオオクワガタの姿は、その後確認出来ません・・・。

そして、夕方、別行動していた後輩君と合流し、お互いの採集した個体を見せ合う事になったのですが、後輩君の小歯型は可愛いですねえ・・・

IMG_2010 - コピー
後輩君採集の♂31,5ミリ

小さくとも立派な価値あるオオクワガタですからね、今シーズン初となるホームでの樹液採集での初ゲットですから大したものですよ。

この後、後輩君は1時間程で終えるというので、2人でその間一緒に採集する事になったのですが、この後も感動が待っていたのです・・・。

     つづく・・・。

初ゲットならず、ホームで3連敗!・・・。

今日は、暑かったわりには風があったので、過ごしやすかったですね・・・。
今回、初ゲットを目指してホームへと樹液採集に奮闘して来ました。

これまで、ホームでは2連敗・・・

樹液が少ないのは確かですが、そんな中でもクワ友の1人は成果を挙げているので、私自身も頑張らなくてはと思い、暑い中をあちこちと歩き廻り、汗だくになりながらも奥地も含めて気になる樹液木をチェックするものの、手応えがない・・・。

コクワガタやノコギリクワガタの姿は、数多く確認出来るものの、本命は何処にいるのやら・・・。

冬期に見つけておいた1本の期待していた木も、行って見たら全く樹液も出ておらず、万事休す!

しかし、冬期に見つけておいた2~3本の樹液木は、まだ確認出来ていないので、時間のある時にチェックに行かなくてはと思いますが、結構な難所のところもあるので、2日間くらい掛けないとちょっと難しいかなと・・・。

それでも、既存の樹液木をポイント別に効率良く廻ろうと思い、順番にチェックしているとあっと言う間にナイターへと突入です・・・

採集中、地元の方が車で通りかかり、声を掛けて来ましたが、以前○○にて採集したという話を伺う事が出来ました。

まあ、なんとなくそのポイントも気にはなっていましたが、ひと夏通えば採れるかもしれないなという感じなので、そうそう簡単にはお目にかかれないかもしれませんね・・・。

そうこうしている内にお腹も空いてきたので、マックに寄ってセットを注文し、食事後採集開始です・・・

いつも樹液の出ている木の中で、全く出ていないというのもありましたが、とにかくチェックあるのみです。

すると、若干涼しくなった頃、2シーズン実績のあるポイントでは、カブトムシペアが多く見られ、しばらくその光景を眺めていた・・・

IMG_1990.jpg
樹液を吸うカブトムシペア

さらに別の樹液木でもカブトムシが樹液を吸っている光景があり、よくよく見てみると何か違和感があるのを感じたのです・・・。

IMG_1991.jpg
樹液を吸うカブトムシ

良く見ると、赤みのあるカブトムシの角の部分が折れており、そんな状況でも樹液場で他のカブトムシと格闘している姿があったのですが、ハンデを背負いながらも頑張っている姿にしばらく見入ってしまいました・・・。

IMG_1993.jpg
角の折れたカブトムシ

おそらく、戦った際に折れてしまったのかな・・・。

さらにこの日最大と思えるカブトムシが、交尾の真っ最中だった・・・。

IMG_1992.jpg
かなり大きなカブトムシ

成果のないままポイント移動しましたが、ここでも主役はカブトムシだった・・・。

IMG_1994.jpg
樹液場のカブトムシ

今回は、珍しくカブトムシばかりの撮影となってしまいましたが、深夜になるとこの様な光景があちこちで見られた。

IMG_1995.jpg
大小のカブトムシ

遠近法になっているため、手前左のカブトムシは、かなり小型です・・・

こうして、気が付けば夜が明けてしまい、残念ながら手応えもなくホーム3連敗

まあ、こんな事もあるでしょうから、次回頑張る事としてホームグランドを後にしました・・・。

     終わり・・・。

某県へ遠征樹液採集・・・。

先日、梅雨の時期ならではの雨も降りましたが、今年の梅雨は雨量の少ない年かもしれないですね。
そんな中、ちょこっと遠征樹液採集へと行って来ました・・・
随分と雨の心配をしていた今回の遠征でしたが、そこは”晴男”の力と言うべきか?運も味方してくれたようで、2日間大丈夫だったのが幸運でした・・・
早朝に地元を出発した私は、クワ友と合流して某県へと向かった・・・。
そこで、もう1人のクワ友と合流した後、彼のポイントを案内してもらい、そこで数々の樹液木のチェックを行いましたが、実に雰囲気が良くて、かなり時間を要してこれだけ多くの樹液木を見付けられたんだなと感心する事ばかりでした。
それでも、オオクワ採集は、どこの地域でも以前と比べたら厳しくなったと言われる事が多く、この地域でも同様な事が言えるようです。
幸い天候にも恵まれ、色々なポイントを案内して頂いた事に感謝感謝です・・・。

しかし、どれもこれも素晴らしい樹液木ばかりで、オオクワガタの姿を確認出来かも知れないとワクワクした気持ちでチェックをして行きましたが、残念ながらこの日の手応えはありませんでした・・・

まあ、これも相手がオオクワガタですから仕方ありません。

この日はクワ友の貴重なポイントを案内してもらい、成果はなかったものの、満足な1日だった・・・

そして、採集後は定食屋にて好物のカツ丼を食べながらクワ話で盛り上がり、解散後に宿泊するホテルへと直行・・・。

IMG_1968.jpg
カツ丼

早朝からの長~い1日だった事もあり、チェックイン後はシャワーを浴びた後、爆睡状態に・・・

        ・・・< 2日目 >・・・

そして、2日目の朝を迎える事となりましたが、天候は大丈夫のようです・・・

この日の朝食は、ルームサービスをしてくれるとの事だったので、その時間ぴったりに焼きたてパンにコーンスープ、サラダ、デザートにコーヒーを持って来てくれたので、美味しかったですねえ・・・

IMG_1969.jpg
ルームサービスの朝食

チェックアウトした後は、クワ友の待つ場所へ行って見ると、飼育品のグランデス89ミリを見せてもらったのですが、大きな上にきれいな個体でしたね・・・

IMG_1970.jpg
迫力あるグランデス89ミリ

さて、昨日は採集に夢中になるあまり、殆んど写真を撮れなかったんですが、2日目も同様にあまり良い写真を撮ることが出来なかったものの、一瞬ドキッとした際に撮った1枚がこの写真なんですが、なんと良く確認してみるとヒラタクワガタだった・・・

IMG_1972.jpg
一瞬ドキッとしたヒラタクワガタ

ひじょうに多くの樹液木をチェックするも、なかなか本命には出会えない・・・。

クワ友は、この地域でMAX74ミリを何年か前に採集しているので、その樹液木がどうなっているのかを確認に行くと、なんと残念ながら折れて倒木になっていたのですが、ひじょうに雰囲気のある木でしたね。

そして、この地域でもレアなポイントへと向かい、高所にある洞をチェックするクワ友・・・。

IMG_1976.jpg
高所で奮闘するクワ友

さらに高い位置での怪しい個体と格闘する事15分、期待が高まったものの、残念ながらその主はヒラタクワガタだったのです・・・。

IMG_1977.jpg
高所で奮闘するクワ友

う~ん、厳しいなあ

しかし、樹液採集自体がどこでも厳しいのが当たり前なので、仕方ありません・・・。

この後もナイターをしながらの貴重なポイントを案内して頂き、そのどれもが素晴らしい樹液木ばかりで、今シーズンゲットした貴重な樹液木も拝見する事が出来、私達にとっては有意義な2日間でした。

結果は、成果なしに終わりましたが、良い樹液木のある環境を見ることも出来たし、機会があればまたチャレンジしたいですね。

実に良く多くのポイントを廻って、その中から貴重な樹液木を探して実績に繋げているクワ友の行動力には頭が下がります。

私自身もホームグランドにて、益々頑張らねばと力をもらったような気がします・・・

採集後は、定食屋にて好物のエビフライを食べながら、クワ話で盛り上がり、クワ友にお礼を言って解散となりました。

IMG_1978.jpg
エビフライ定食

さあ、また頑張るぞ~

     終わり・・・。

今期初ゲットなるか・・・。

ようやく梅雨らしい天候になって来ましたが、先日ホームへと樹液採集に行って来ました。

樹液の出具合も心配でしたが、樹液云々より冬季に見つけておいた樹液木の確認もしたかったので、まずは気になるポイントからチェックする事にする。

今回は、午後からのスタートとなりましたが、気温が比較的下降する時間から夜間が勝負と思い、1本1本見て廻りました。

やはり、樹液の匂いも弱くて、昆虫の数もまばらでパッとしない・・・

明るい内に行っておきたい所が沢山あるので、順番に効率良く廻って行くが、残念ながら手応えのないままあっという間に夜間採集へと突入です・・・

やはり、この時間になるとクワガタの活動する時間帯になるようだ。

ノコギリクワガタの姿もいくつか確認することが出来た。

IMG_1956.jpg
ノコギリクワガタ

そして、樹液臭がプ~ンとする樹液木を覗き込むと、一瞬ドキッとする大きなコクワガタが隙間に挟まっていた。

それでも50ミリあるかどうかと言った感じでしたが、ここのポイントは樹液の匂いがするので、期待が高まる・・・。

IMG_1959.jpg
一瞬ドキッとしたデカコクワ

そして、一番樹液の匂いが強かった樹液木をチェックすると、今期初となるカブトムシを確認することが出来た。

夏の樹液を吸う昆虫たちの中でも一番絵になる虫が、このカブトムシと言えますが、この日いくつかの姿を確認することが出来たものの、まだ数は少なかったですね・・・

IMG_1960.jpg
今期初のカブトムシ

採集もあれよこれよという間に終盤戦に突入し、気がつけば日付も変わり、日中の暑い気候から涼しさを感じるほどとなっていたが、小学生の頃ノコギリクワガタの存在が大きくて、デパートで両親に買ってもらった事を思い出した。

今でこそポイントに行けば多くのノコギリクワガタの姿を確認する事は出来ますが、当時は行動範囲も限られていましたから無理もありませんが・・・。

IMG_1965.jpg
ノコギリクワガタのペア

こうして、深夜2時過ぎまでオオクワガタを探したものの、ついにその姿を見る事はありませんでした。
いやあ、相変わらず下手くその私には、そう簡単には本命には出会う事はありませんが、チャレンジなくしてその姿を確認する事は出来ませんから、次回もチャレンジあるのみですね・・・

今シーズン初の樹液採集・・・。

梅雨に入ったとは言っても、曇りが多くて雨の量が少ない日々が続いていますが、そんな中、今シーズン初となる樹液採集へと出掛けて来ました・・・。
ゆっくり目のスタートとなった今回は、気温が途中の掲示で28度と暑くなりそうな予感・・・。

案の定、この日は暑かった・・・

しかし、そんな事は夏だから当たり前の事なんで、気にもせずに正午過ぎから早速採集開始となった。

さて、今回は既存のポイントと冬場に見つけておいた樹液木のチェックをするのが楽しみにしていた。

まずは、既存の気になるポイントを1ポイント、2ポイント、3ポイントとチェックしていきましたが、まだ樹液の出が悪くてちょっとしみ出ている程度だったんで、コクワガタはある程度確認出来たものの、オオクワガタの姿は確認出来なかった。

そして、今シーズン期待している新しく見つけた樹液木へと向かうと、やはり樹液の出が悪く、2匹のコクワガタの姿を確認したのみだった。

IMG_1949.jpg
期待出来る樹皮の隙間

そして、今度は既存の期待大だと思っている樹液木へと向かい、7~8つ位開いている穴を1つづつチェックしていくと、どの穴にもコクワガタやムカデが入っており、樹液もしみ出ていたので、今後が楽しみです・・・

それから、さらにポイント移動し、冬場に見つけておいた樹液木を探しに行ったんですが、緑が深くなったこの時期では、なかなか目的の木が見つからなくて苦労しましたが、ようやく歩いて何とか見つける事が出来た・・・。

しかし、気になっていた樹液は、全く出ておらず、駄目だった・・・

さらにこの樹皮捲れのある樹液木も期待出来るものですが、残念ながらここもコクワガタを確認したのみだった・・・。

IMG_1950.jpg
この樹皮めくれも期待が持てそうだ

1本1本チェックしていくと、移動も含めるて所要時間がばかにならず、あっと言う間に時間が経過していく・・・。

今度は、期待大と私なりに思っている1本の樹液木をチェックする事にしたのですが、その木まで向かう道中が長い事長い事・・・
結局、ようやく見付けた樹液木を念入りにチェックするものの、コクワガタが入っていたのみだった・・・。

う~ん、なかなか厳しいなあ

この後も出来るだけ多くの樹液木をチェックしようと奮闘するものの、手応えはなく、ついにナイターへと突入・・・。

夜間になると昆虫達の活動がより活発になりますが、圧倒的にコクワガタが多く、交尾中のものまで確認することが出来たものの、やはり手応えはなく、一瞬ドキッとする大きさのデカコクワがいただけだった。

IMG_1951.jpg
交尾中のコクワガタ

中には、5~6匹のコクワガタが群がっている状態のところもありましたが、ここは以前、小歯型を採集した経験があり、雰囲気的には良かったものの、オオクワガタの姿を見ることはなかったのです・・・

IMG_1953.jpg
群がっているコクワガタ

既に採集を始めてから10時間あまりが経過し、まだまだ行きたい所が沢山ありましたが、初回という事もあり、ここで終了となったのです。
今回は、決して採れない状況ではなかったものの、残念ながらオオクワガタの姿を見ることはありませんでした。

まあ、私の場合は、こんなもんでしょうが、次回はオオクワガタの姿を確認したいものですね。

     終わり・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: