先日の採集を振り返って・・・。

早いもので2月もあと2日間となり、いつもながらこの時期の時間の経つ早さを感じますね。
さて、先日一緒に行ったクワ友と話をする中で、彼がこんな事を言っていた。
それは、彼がオオクワガタ採集を始めた当初、周りの知り合いは、多分直ぐに飽きて長続きはしないだろうと言われたそうです。
それが、どうしてここまで続いたのかですが、やはりオオクワガタを何としても自身の手で採ってみたいと言う願望が日増しに強くなっていったと言うのです。
彼の息子さんも時々一緒に採集へと行っていたらしいのですが、2人して採れない現実を目の当たりにして”いったいオオクワガタっているのだろうか?”と疑問にさえ思った事があるそうです。
これは、採れない時期が長ければ長いほどその様に感じてしまうかもしれません。
私自身も、実際にそんな事を樹液採集で感じていた事があります。
彼と知り合った頃も、そんな私自身の昔話をした覚えがあるのですが、それを聞いた彼も驚いていたのです。
これって最初から案内されて採集をしていたら、こうは思わなかったに違いありません。
誰しも苦労して採集をした陰には、それぞれの苦労があるからなのですが、そこからゲットに結びついた時に初めて”やはりオオクワガタっているんだなあ”と感じる事でしょう・・・。

実際に今回彼がオオクワガタ3令を割り出した際、その時の彼の表情は信じられないと言った感じでしたが、実にさわやかな顔をしていたのが印象的でした。
オオクワ採集の初ゲットも人それぞれで、状況も異なると思いますが、採集へと多く通い続けての出会いはまた特別な思いがあるものと感じますね。
オオクワ採集をしている中で、何を感じてどのようにそれを活かしていくかは、これも人それぞれとなるわけですが、それらを理解してくれる仲間がいるというのは、あり難い事だと思いますし、また必要であると思いますね。

お互いに励ましあう事が出来れば、どんな困難にぶち当たってもそれをも乗り越えられる事が出来るはずですからね。
1人でも2人でもいいですから、そんな理解出来る仲間を持つ事が一番の幸せかもしれません。
そこには上手い下手は関係ありません。
要は信頼出来る仲間であるかどうかなのですから・・・。

さあ、材割り採集も3月になればいよいよ終盤戦となりますが、残り少ない期間を楽しみたいですね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: