明暗を分けた男女卓球団体戦・・・。

昨日のロンドン五輪で感動だったのは、悲願の決勝進出を果たした卓球の日本女子チームでした。
相手となったシンガポールと言えば、ここ最近絶対王者とも言える中国チームに勝って世界一にもなったことのある強豪国です。
そんなシンガポール相手に先陣を切った福原愛が、この大会で個人3位になった選手を相手に3対1で勝利した事から始まりました。
しかも、過去の対戦では1勝9敗と負けている相手に気迫あふれるプレーで勝利したのだから、後続の石川・平野が燃えないわけがありません。
案の定、石川もストレートで勝利し、ダブルスでもストレートで勝って3対0の完勝でした・・・
そして、決勝戦はおそらくこれまでずっと日本の前に立ちはだかって来た中国と思われますが、勢いに乗る日本のプレーに期待したいところですね。
その反対に準々決勝の日本男子の対台湾戦ですが、これが最後までもつれる3時間半にも及んだ大熱戦でしたが惜しくも2対3で負けてしまい、残念な結果に終わってしまいました。
日本のエース水谷準が2勝したものの、岸川・丹羽で臨んだ個人戦2つとダブルスを落としてしまい、力尽きてしまいましたね。
頑張った結果なので仕方ありませんが、格下の相手に思い切ったプレーで追い込まれてしまい、日本のミスが目立った試合内容でした。
17歳の現ジュニア世界チャンピオンの丹羽選手ですが、2対2で向かえた最後の大事な試合を任されました。
序盤に彼の良さが出たものの、徐々に相手ペースになり、惜しくも負けてしまいました。
私自身、この丹羽選手には何かやってくれるんではないかと期待していました。
この大会前に当時世界ランキング1位の中国の馬龍選手に勝利するなど力をつけており、最新のランキングも16位と上がっていたからなんですが、やはり大事な場面でのプレッシャーがあったのかも知れないですね。
ひじょうに残念だったのは言うまでもありませんが、日本チームはまだ若いのでこの経験を次に活かしてくれる事を期待したいです。

さて、今晩は女子サッカーの準決勝戦がありますね。
対戦相手は、この大会前に0対2で負けているフランスですが、大会を通じて心技体が向上している日本チームですから、きっと勝利してくれるものと信じています。

頑張れ~、ニッポン

話は変わって、MLBのヤンキースに移籍したイチローですが、移籍後12試合連続安打と好調ですね。
ただ、複数安打が1度もないので、そろそろかなと思いますが、頑張ってほしいです。
さあ、これから仕事も忙しい日々が続きますが、暑さに負けないように頑張らないとね・・・
そろそろ、樹液採集に出掛けて来ようと思います・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: