今期羽化した個体の紹介・・・。

久しぶりに樹液採集へと出掛けて来ました。
今期は、樹液で既に3連敗中の中、梅雨の中休みを利用してのチャレンジです。
先日、ヒラタのいた期待のポイントは、コクワガタたちがいたのみでしたが、そんな中、とあるポイントで一瞬オオクワの小歯型と思われるクワガタを洞の入り口付近で発見
これは間違いないでしょうと思いながら、ライトを照らしながらその個体の大アゴを見て驚いた・・・。
なんとまたしてもヒラタクワガタだったのです・・・

おいおい、またかよ~!と思いましたが、違うものは仕方がありませんね。
サイズ的には、40ミリ前後の小さなものでしたが、ここのポイントでは過去にもいくつかオオクワガタに出会っているので、本当に期待してしまいましたが残念だったなあ・・・。
日中は、かなり気温が上昇し、2,5リッターの水分を補給してしまいました。・・・(ほんと喉がカラカラ状態でした。)
まあ、それでもオオクワガタの痕跡は見つけましたから、全く手応えのなかったわけではありませんが、焦らず次回に期待するとしましょう・・・。


それでは、今期羽化個体の紹介です・・・。
今回は、福島県産の73ミリの個体と大阪府産の72ミリの個体の紹介をしますので見比べてみて下さい。

まずは、福島県産♂73,6ですが、この個体は2令採集した2年1化型です。
前胸27,0ミリ、頭幅24,7で大アゴは東北地方特有のほぼストレートですが、全体的にがっしりとしています。

F1011044.jpg
福島県産♂73,6ミリ

続いては、大阪府産72,0ミリですが、羽化して1週間ほどなのでまだ赤みの残る個体で、身が締まればおそらく71,5ミリ位で落ち着くものと思われます。
この個体は、2令採集した2年1化型ですが、前胸26,0ミリ、頭幅24,8ミリとなっており、大アゴは綺麗な湾曲のラインが特徴的です。

F1011045.jpg
大阪府産♂72,0ミリ

福島県産のがっしりした個体に対して、こちらの大阪府産はバランスの取れた美形個体と言えるでしょう。
どちらも個性的な70ミリオーバーの個体ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: