今期羽化した個体の紹介・・・。

MLBも前半戦を終了し、オールスター戦を行った後から後半戦のスタートとなりますが、前半戦を終えての感想として、日本人選手の活躍の場が少なかったように思います。
投手部門では、ダルビッシュが10勝5敗とそこそこ期待していた通りの活躍を見せてくれました。
しかし、ヤンキースの黒田は、8勝7敗と今一安定しない状況でしたね。
また、復調を期待されていた松坂ですが、内容・結果と思わしくなく、このまま行けば戦力外通告を出されてもおかしくない状況ですから、後半戦にかけてもらうしかありません。
そして、野手部門では、イチローが未だに低迷を続けており、現地点での安打数ですとシーズン173本ペースとなっており、以前よりも更にペースダウンしています。
他は、松井が依然として打率が低迷する中、怪我をしてしまって充分に働けない状況ですから、こちらはさらに深刻ですね。
そんな中、ブリュワーズの青木がレギュラーに定着し、現在15試合連続安打で打率0,301と好調を維持しています。
青木選手は、色々とレギュラーに定着する間は大変でしたが、少ないチャンスをものにして良い結果に結び付けた事が認められたんでしょう。ですから、これからも頑張ってもらいたいですね。
その他の日本人選手もそれぞれの目標があると思いますが、やはり後半戦に向けて怪我のないように準備してもらいたいところです。

さて、それでは、今期羽化個体の紹介をさせて頂きます・・・。

今回は、大阪府産の個体3頭です。
ここも個体差があるものの、綺麗な湾曲のあるアゴのラインがいいですね。
下記の写真3枚の内、2枚目と3枚目は同一材からの採集なので兄弟と思われます。

1頭目は、2令採集した個体ですが、全長は68,8ミリです。

F1011041.jpg
大阪府産♂68,8ミリ(前胸25,4ミリ、頭幅23,4ミリ)

2頭目は、3令採集したもので、全長が67,8ミリです。

F1011042.jpg
大阪府産♂67,8ミリ(前胸24,7ミリ、頭幅23,4ミリ)

3頭目は、これも3令採集したもので、全長64,4ミリです。

F1011043.jpg
大阪府産♂64,4ミリ(前胸23,0ミリ、頭幅22,0ミリ)

次回は、対照的な70ミリオーバーの個体を紹介する予定です。
毎日毎日、蒸し暑い日が続きますが、来週には梅雨明けしそうな感じですね。
皆さんも体調を崩さないように気を付けて下さいね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: