FC2ブログ

クワ友との樹液採集(山梨県)・・・。

今期3度目となる樹液採集へと行って来ました。
今回は、クワ友のどんぐりさんと現地で合流する事になっていた。
それと別行動で後輩君が、今期ラストとなる材割り採集に来ているようなので、こちらも結果が楽しみなところである。
私とどんぐりさんは、朝食を済ませた後に1ポイント目へと向った。
樹液の出具合は、前回よりは若干良いようであるが、見かけるのはいつものコクワガタばかりである。

コクワガタ

前回行けなかったところを中心に廻っていたところ、5ポイント目において大木の上部の洞を覗いた時であった。
あ?!オオクワだ?!
そこには、メスの40ミリ前後と思われるオオクワガタの死骸が確認出来たのです。
これは、一般的に良く言われている鳥に食われてしまったような形跡であった。
と言う事は、放虫したものなのかもしれないが、いずれにしても傷のないきれいな個体のバラバラとなった死骸でした。
そして、6ポイント目を見終わった地点で昼食にし、気になる後輩君に連絡を入れてみたところ・・・。

「もしも?し、どうだね??」

「ええ、怪しい幼虫を採りました!」

「怪しいって、サイズはどうなの?」

「頭幅8、9ミリです。」

「卵巣は?」

「ありますよ?!」

「材は、立ち枯れなの?」

「いや、部分枯れですね。」

「じゃあ、間違いないでしょう!」

「そうですかあ・・・。」

「それじゃあ、夕方合流した時にもう一度確認するよ!」

「了解です!」

そう言って電話を切りましたが、彼がその幼虫を怪しいと思った根拠は一体なんだったんだろうと2人で色々と考えてしまいました。
しかし、その答えは合流した時に理解出来るものとなりました。

さて、午後の部は、さらに今期初めてとなるポイントを廻り続けましたが、樹液がかなり出ていて雰囲気も最高なのに本命の姿を見る事が出来ず、16ポイントを廻ったところで手応えのないまま終了となりました。
そして、着替えを終えた私とどんぐりさんは、後輩君の待つファミレスへと向い、待っていた後輩君と合う事に・・・。

挨拶を交わした後は、彼の採集した3令幼虫を拝見する事になった。
追加はなく、その1頭だけだったようです。

3令幼虫

彼がタッパーから出した幼虫を見てみると、その怪しいと思った理由が分かりました。
それは、まず3令後期であるためにボディーが黄色味がかっていた事。
2つ目は、部分枯れの比較的堅い部分を食していた為か、アゴ先が欠けていて短いアゴだった事。
そして、3つ目は、卵巣がはっきりと確認出来なかった事である。

しかし、頭やアゴを見る限り、オオクワガタに間違いないものであり、疑う余地はなかったのです。

「間違いないね、おめでとう!」
「ありがとうございます!」

この後は、食事をしながらクワ談議に花が咲いたのです。
それにしても、今回は樹液採集では完敗でしたが、後輩君の熱意には感動しました。
本来ならば、この時期に材割り採集をする事はありません。
彼の場合は、趣味が多くて昨シーズンほど採集へ行けなかった事もあり、6月にずれ込んでしまったわけです。
今回のラスト採集に掛ける彼の頑張りは勿論ですが、誰にも頼ることなく自力でゲットしたところに充分な評価を与えて良いものと思います。

後輩君は、樹液採集の6年目となりますが、今期はやってくれる事を信じています。
そして、私もどんぐりさんも次回こそゲットをと燃えていたのでした・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: