いやあ、どちらも残念だったなあ・・・。

まずは、昨日高校サッカーの藤枝東の応援に行って来ました。
グランドが人工芝になってから、2度目かなあ?とにかくきれいになりましたね。
今回は、決勝トーナメントに進むために絶対勝たないといけません。
そして、暫定の首位のチームが引き分けか負けでないと藤枝東のベスト8入りはなくなります。
そんなわけで、前半が始まると若干押し気味に攻めるものの、決定打がなく前半は0対0で終了・・・。
そして、後半が始まりましたが、ここで運動量とテクニックで勝る藤枝東が終始押し気味に進めていると、11番の1年生の選手が豪快に蹴りこんで、連続して2点を入れました。
こうなると2年生も頑張らなくてはならないのですが、9番の2年生の選手が決定機を2度も逃してしまい、ちょっと残念だなと思っていると、最後にこの9番の選手がループ気味のシュートで3点目をあげて3対0の勝利でした。
後は、この後に他校で行われる暫定1位のチームがどうなるかに掛かっていましたが、3対1で勝利したために残念ながら藤枝東のベスト8入りがなくなってしまいました。
昨年度に引き続き、新人戦連覇の夢は消えましたが、まだ新チームが始動したばかりですから、今後に期待しましょう。
それに有望な選手が何名かいましたから、これからの成長が楽しみですね・・・

さて、もう一つは、カタールで行われていた卓球のプロツアーですが、やはり終わってみれば一般の男女シングルス及びダブルスは中国勢が独占でした。
その中で、アンダー21の女子の石川佳純選手が、前回のスロベニア大会に続く2連覇を達成しました。
そして、一般でベスト8入りした男子の水谷隼ですが、準々決勝で世界ランク7位の中国の馬琳選手と対戦し、ゲームカウント3対1と追い込みながら、その後に3ゲームを取られてしまい、3対4で負けてしまいました。
ここなんですよねえ、中国選手を追い込む事が出来ても、最後の詰めが難しいんですね。
これまでにも何度も経験している土壇場に追い込まれた状況での中国選手の適応能力は、本当に素晴らしいものがあります。
やはり、百戦錬磨と言う言葉がピッタリでしょうか、そんなところに中国選手の底力があるように感じます。
それは、日本のみならず、韓国や欧米諸国が相手でも、終わってみれば中国選手が勝利しているんですよねえ。
とにかく五輪でのメダルを目指すために頑張ってもらいたいですね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: