新年初採集(山梨県)・・・パート3。

MLBの話題と言えば、西武の中島と楽天の岩隈が明暗を分けましたね。
マリナーズに決定した岩隈選手は、昨年苦い経験をしましたから、1年間待って良かったと思います。
ただ、ヤンキースとの契約が決まらなかった中島選手は、正直ヤンキースでは難しいと思っていましたから、これで良かったのかもしれません。
レンジャースと年棒交渉中のダルビッシュ選手ですが、かなり希望額に差(10億円)があるようですね。
しかし、活躍をしてなんぼの世界ですから、まずは結果を残した後に年棒を上げてもらうのが筋なんではないのかなと思うのですが、どうなんでしょうね・・・。
まあ、選手個人の考え方ですからね、高年棒で励みにしたいのでしょうが、アメリカと言う国は、結果を残してこその評価をするので、まずは現状の年棒で1年間頑張ってみたらどうなのかな・・・。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

どちらかと言えば、状態の悪い部類に入る倒木だったんですが、何気なしにチェックしてみると下部からボトッと地面に落っこちた幼虫を拾い上げてみたら、なんとオオクワガタの2令幼虫だったんです。

尚も倒木の割った面には、3令初期の幼虫が姿を見せていました。

この2頭をとりあえずキープした後、後は合流した後輩君に削ってもらう事にし、更に材探しを続けたのです。

F1010945.jpg
2令・3令の入っていた倒木

この時は、突然のオオクワの出現だった事もあり、ろくに写真も撮らなかったので、後日撮影しましたが、頭幅10,8ミリならまあまあのサイズですね。

F1010952.jpg
3令♂(体重4,5グラム、頭幅10,8ミリ)・・・後日撮影。

そろそろ、後輩君が現れる頃だったので、待ち合わせ場所に向ってから、昼食をとる事にしました。
最近は、もっぱらコンビニで買っておいたおにぎりと菓子パンのセットが多いですね・・・

そうこうしていると、後輩君がやって来たので、昼食を済ませてから先程のポイントへと向った。
ここで、後輩君に残りをチェックしてもらいましたが、ある程度採ったところで止めて次のポイントへと移動する事にしました。

やはり、自分で材を探してこそと言う事は、後輩君自身よく分かっていますから、移動したポイントでは積極的に材探しをしていました。

さて、随分と時間を要しましたが、本命はなかなか現れません。
本来ならばこれが普通とも言えますが、今回はなぜか冴えているので、ひょとしたら4本目もあるかもしれない・・。
そんな事を思いながら、後輩君と分かれてから1時間以上が経過した頃だった。

おや、面白い材があるぞ

目の前には、部分枯れした私自身が好きな材を発見・・

部分枯れした怪しい部分にチェックを入れて間もなくすると、2令サイズの食痕の先に2令と思われる幼虫の死骸が出て来ました。

その死骸の頭を確認すると、どうやらオオクワガタ2令のようです。

よし、この部分には間違いなくオオクワガタの幼虫がいると確信した。

間もなくすると1本の食痕が姿を現し、その食痕を追い掛ける事にしましたが、この長さがとにかく長いのです。

あれよあれよと30~40cm位追い掛けても未だに姿を現さない幼虫ですが、これは間違いないでしょう。

F1010946.jpg
オオクワガタ2令の食痕

材質は、申し分ないし、容量もあるので最低でも2~3頭は入っているものと思われる。

ここで、後輩君に連絡を入れてみる。

私「もしも~し、そちらはどう?」

後「こちらはボサを掻き分けて進んでいますが、パッとしません。」

私「自分の方は、今現在、オオクワガタの2令の食痕が出ているので、それならこっちへ来てみて!」

後「了解しました~!」

後輩君が来るまで、食痕をそのままにして待っていると、しばらくして彼が現れた。

私「この食痕どう思う?」

後「いやあ、これはオオクワだと思います!」

私「この質感は間違いないと思うね・・・。」

後「そうですねえ。」

そして、上から下部へと伸びているその食痕を再度追いかけて間もなくすると、ポコッと穴が開いてようやくその主が姿を現しました。

間違いない、オオクワだ

F1010947.jpg
オオクワガタ2令幼虫

この1頭を取り出した後、後輩君と交代しましたが、無事に取り出す事が出来ました。
やはり、良材ではあったものの、入っている数は少なかったですね。

さて、もう日没まであと僅かです。

今日も時間の許す限り頑張ろうと言うわけで、ナイター覚悟でポイント移動です。

詳細は省きますが、ここでも本日5本目の材に当たり、今日は行くところ全てに当ってしまった結果になりました。
採集を続けていると、不思議なくらい感が冴える日があります。
今日は、感が冴えた1日となったようですが、反対に全く感が冴えずに終わってしまう日もあります。
それが2日間に及ぶ事もありますから、そんなところが採集の面白さでもあるし、難しさでもあると思いますね。

こうして、新年初採集を終えましたが、良い結果に繋がって満足です・・・

F1010948.jpg
1本目の材で採集したもの

F1010949.jpg
2本目の材で採集したもの

今回の採集数は、私にとって大した意味を持ちません。それよりも、初めて入ったポイントで生息が確認出来た事、これが大きいと言えます。
これは、今夏に樹液採集をする上で、樹液木の絞込みが出来たし、大いに期待出来るものと思います。
また、ポイント自体は、衰退して終わってしまった材以外の発生木が残っていますから、今後も期待出来るでしょう。

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: