新年初採集(山梨県)・・・パート1。

先日、1週間ぶりにトレーニングを開始しました。
これが私にとっては初トレーニングでしたが、昨年度は膝に違和感があって1ヶ月程休んでしまったので、今年は1年を通してそのような事のないよう注意しながら継続していきたいと思っている。

さて、毎年1年の初めとなる材割り採集は、山梨県からスタートする事が多いんですが、今年もこの地からスタートとなりました。
早朝に地元を出発して、通い慣れたいつものルートを走りながら向っていくのは、実に気持ちがいい・・・。
1月では、朝の気温が途中掲示で-5℃と言うのも山梨県では一般的な気候ではありますが、明るくなってくるとちょうど活動し易い気温になるのでこれ位がベストですね。

道路も交通量が少ないので、スイスイと走る事が出来て、あっという間に目的のポイントに到着・・・。

まあ、探索のつもりでこれまで一度も入った事がない以前から気になっていたポイントからスタートすることになりました。
探索の殆んどが無駄になるケースが多いんですが、なぜかこの日は雰囲気が異なっていたのです。

廻りを見渡すと、なかなかの良さげな雰囲気です・・・。

勿論、手付かずですが、いくつかの朽ち木をチェックしていった先に存在感のある1本の朽ち木に遭遇した。

見た目にもいい感じです。

早速、チェックを開始すると直ぐに太い食痕が姿を現した。

その食痕は、縦横無尽に材の中を走っている。

しかし、なかなかその主が姿を現さない。

しばらく1本の食痕を追い掛けた先にポコッと穴が開いた。

その中には、真っ黒な成虫の姿があったのです。

F1010927.jpg
右下に♀成虫

あ~、オオクワだ~

F1010928.jpg
♀38ミリ

写真を撮った後にサイズを測ってみると38ミリの個体でした。
新年初ゲットが成虫とは、いいスタートです。

F1010929.jpg
♀38ミリ

しかし、この朽ち木はかなり衰退しており、案の定、寄生蜂にやられてしまった3令や蛹をこの後に嫌と言うほど確認する事になってしまったのです。

F1010930.jpg
寄生蜂

それでも、縦横無尽に走っている食痕は、いくつかが無事であって欲しいと願いたい・・・。

F1010931.jpg
極太食痕

しかし、その願いもむなしくその先で出て来たのは、やはり寄生蜂にやられた3令の無残な姿が・・・。

F1010932.jpg
寄生蜂

いくつか死骸が出た後にやや斜めに作った蛹室内から、2頭目のメスの成虫の姿を確認したのです。

あ~、良かったなあ

F1010933.jpg
♀34ミリ

サイズは、34ミリとやや小型でしたが、無事で良かったですね。
さて、こうなると気になるのはメスの成虫が出れば、当然3令の♂が出て来るはずなのですが、あいにく3令の♂らしきものは、殆んどが寄生蜂の犠牲になっており、生存しているものがないかもしれないと諦め掛けていた時だった。

ポコッと穴の開いたそこには、間違いのない♂の3令の姿がありました。

いやあ、良かったなあ・・・

F1010934.jpg
3令♂(体重11,0グラム、頭幅10,5ミリ)

この1頭は、奇跡に近いものがありました。
本当に生き残っていてくれて良かったですが、このままの状態であったとしたら、この後どうなっていたのかは難しいところですね。
折角、無事に取り出す事が出来たので、この後は成虫になるまで大事に育てたいと思いますね。

F1010935.jpg
3令と♀38、34ミリ

もうこの材も終盤なので、ここで一度写真を撮る事にしました。

さて、そろそろ終わりに近づいた頃、壊れかけた蛹室に頭から突っ込んでいるメスの成虫を目にする事が出来ました。

F1010936.jpg
♀40ミリ

結局、この朽ち木からは、3令♂が1頭と♀成虫3頭の他に寄生蜂の犠牲になっていたものを9頭確認出来ましたが、材質が柔らか過ぎた結果でしょうね。
こうして、朝一で思いがけない成果があったので、これでお土産が出来て良かったです・・・

この後は、次の朽ち木を探そうと思い、しばらく歩いて行った先にまたしても思いがけない朽ち木と遭遇する事になったのです・・・。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: