長年の夢が叶った瞬間・・・後編

昨日は、後輩君の今期初の樹液採集だったようです。
新規開拓を含め、既存の木も何本かチェックしたようですが、残念ながらゲットとはいかなかったようです。
それでも新しい期待出来そうな樹液木を見つけたようなので、それが収穫だったとの事。
頑張ってもらいたいですね・・・。

さて、それでは、樹液採集記の続きです・・・。

70ミリオーバーを取り出した位置から更に上には樹皮捲れや縦に開いた洞のような隙間が確認出来ます。
それぞれがひじょうに期待出来そうな雰囲気です・・・

まず、樹皮捲れの中をライトで確認すると、翅にスジがある小さなものが確認出来ました。

目の前にいるこのクワガタの姿を見間違えるはずはありません。

この時、オオクワガタのメスであると思ったのですが、掻き出し棒で刺激するとスルスルと出て来て、クワ友のいる目の前に落下しました。

私「どう?メスでしょう!」

友「いや、池○さん、これは凄いですよ~

私「え~?凄いっていったい何がですか~

友「極小のオスですよ。」

私「本当ですか~?」

下に降りてからクワ友の手の平の中にいるクワガタを確認したところ、小さなオオクワガタのオスでした・・・

いやあ、これは可愛らしいねえ

F1010770.jpg
30ミリ位の♂

本当に驚きましたが、ここ何年かで26ミリ、28ミリの♂を確認しているので、それと比較した場合ちょっとそれよりも大きいかなと言う印象でした。
しかし、サイズを測らずにリリースしてしまったので、正確なサイズは分かりませんが、多分30ミリ位かなと思いますね。

ここで、先程採った個体とのツーショット写真を撮りましたが、なかなかいいですね。

F1010773.jpg
小歯型(30ミリ位)と大歯型(70,5ミリ)のツーショット

それから、更に上部にある縦長の隙間部分ですが、ひじょうに怪しいものの、位置的に高過ぎるので無理せずに次回来る時のお楽しみと言う事で良しとしました。

クワ友と2人で残りの林の探索をしましたが、良さそうな樹皮捲れや洞がいくつもあったものの、コクワガタが入っていたり、まだちょっと早い感じがするものがあって追加は得られませんでした。
でも、これだけでもう満足ですから、いう事はありません。

時間的にも余裕があるので次のポイントへと移動しました。
このポイントは、冬季に目を付けておいた樹液木のあるところなんですが、果たしてどんな感じなのか楽しみです。

確か3本くらいあったはずだなあと思いながら、まず1本目の木をチェックしてみると、そこにはこんなものが付いていました。

ヒラタだ~

F1010776.jpg
ヒラタクワガタ(50ミリ位)

そこには可愛らしい50ミリ位のヒラタクワガタの姿がありましたが、その他にはコクワガタがいたのみでした。
そこで、上部にある樹皮捲れ部分のチェックをする事にしました。

いくつかある内の1つ目、2つ目はコクワガタが入っています。

そして、その上にある3つ目の樹皮の浮き上がった奥を覗いた時だった。

そこにライトを照らした瞬間、厚みのある黒いものが潜んでいるのが確認出来ます。

オオクワガタかヒラタかと言う事になりますが、アゴの感じからしてオオクワのように見えます。

F1010775.jpg
オオクワガタの入っていた樹皮捲れ

掻き出し棒を使って取り出しに掛かると、そんなに時間が掛からずに下の地面にボトッと落下しました。

下にいたクワ友がそれを確認すると・・・。

オオクワですよ~

その個体を良く見ると、越冬個体のようですが、こちらも先程のヒラタ同様に可愛らしいサイズですね。
ノギスを当てると52ミリの中歯型です。

F1010774.jpg
オオクワガタ中歯型(52ミリ)

サイズを測った後、そこにリリースしてさらに上部にある樹皮捲れ部分にライトを当てますが、残念ながらいませんでした。

この後、2本目と3本目の樹液木を確認しましたが、コクワガタがいたのみでした。
現在の梅雨時が終わって、樹液の量が増えた時にどのような状態になっているのかがひじょうに楽しみです・・・

他にも○○の大きな樹液痕の残る木に登って上部までチェックしましたが、まだちょっと早かったような感じです。
おそらく、ここももう少ししたら、ひじょうに面白いかもしれません。

こうして、今回の樹液採集が終了となりましたが、新たに沢山の樹液木を見つける事が出来たし、念願の70ミリオーバーも採る事が出来ましたから、大満足な1日となりました。
しかし、感動的なこの日の事を忘れる事はないと思いますが、それにしても70ミリオーバーを採る事の難しさは、身に沁みて感じました。

この70ミリオーバーを採る事の難しさは、採集を続けてきた者だけにしか分からない部分もあると思いますが、地道に通って探索をして来た結果だと思っています。
とは言えこの先2頭目の70ミリオーバーの個体が採れるかどうかは分かりませんが、通い続けて努力をしていけば、その可能性があるわけですから、今後もこの地域をはじめとして他でも活動をしていくつもりです。

そういう意味では、今夏の樹液採集は益々面白さが倍増したような感じですね。
そして、新たに他地域でのチャレンジをしてみようと思います。

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: