クワバカ連合会でのブナ帯採集・・・パート3。

先日のオランダで開催された卓球の世界選手権大会ですが、やはり中国勢強しでしたね。
上位は全て中国が独占してしまい、終わって見れば全5種目完全制覇となってしまいました。
唯一混合ダブルスで岸川・福原ペアが3位となりましたが、期待していた男女のシングルスはベスト8に男子の水谷選手が残った以外は、ベスト16に残るのが精一杯でした。
心技体どれをとっても、中国選手は頭1つ抜けています。
今回、男子の水谷選手は、相当な練習を積んで臨んだ大会でしたが、やはり中国の壁は厚かったと言わざるを得ません。
どこにそこの差があるのか、その差が紙一重のようでいて実はとてつもなく大きな差となっているのも事実でしょうね。
やはり、世界トップレベルの中国リーグに参戦して個々の力をアップさせるしかなさそうです。
長い目で見て今後の成長を期待しましょう

それでは、採集記の続きです・・・。

いきなりの大歯型、しかも美形個体に気を良くした私は、この後どんな展開になっていくのかが全く読めないでいた。
ひょっとしたら60ミリ台後半、いや70ミリオーバーの出る可能性もあるかもしれない。

そんな期待を持たせてくれるだけの柔らか目の容量のある材だったのです。

材の中心部は、空洞になっていて土化した土が堆積していましたが、その外側部分は、外皮との30センチ位の間がベストの状態となっていました。
そして、日当たりの悪い部分はカブトの幼虫が入っていて、日当たりの良い南側部分にはいくつもの極太食痕が縦横無尽に走っていたのです。

ただ、このようなケースでは、あまり食痕の本数が多いと大型の入っている可能性は低くなり、反対に良材に走っている食痕の本数が少ないと大型が出る可能性が高いように思われます。

この時に色々な事を考えながら、食痕の先にいる”姿の見えぬ大物”の存在を期待していたのです。

そして、しばらくすると1本の食痕の先でポコッと穴が開いた・・・??

大歯型だ~

F1010727.jpg
♂61ミリ(2頭目)

いやあ、実際に目の前で確認すると一瞬大きく見えるのがワイルド個体なのか、とにかく姿を現した時には大きく見えましたね。
しかし、実際に測ってみると61ミリでした・・・。

写真を撮り終えると直ぐに次の食痕を追いかける。

するとその先で3頭目の個体が姿を現したのです。

F1010728.jpg
♂57ミリ(3頭目)

この個体も大歯型でしたが、割り出した瞬間、スルスルと蛹室から出て来てしまい、ひじょうに元気のいい57ミリでした。
この57ミリの出た辺りは、左右上下と食痕が入り乱れており、どこから手を付けたら良いのか迷う程です。
とりあえず、下部に伸びている太い食痕を追い掛ける事にする。

その食痕は、一旦下部に移動した後、右側へと方向を変えてその先でポコッと穴が開いたのですが、その蛹室内は空っぽ状態だった。

おいおい、ひょっとして外へ飛び出してしまったんだろうかと心配して廻りを探してみるが、どうもそれもなさそうなのです。

おかしいなあ・・・

もう一度良く探してみたものの、やはり飛び出した形跡はなさそうである。

この蛹室の大きさからするとメスのサイズのようですが、ちょっと大き目な感じがする。

それならと、今度は右側に横移動した反対側の左側部分にチェックを入れるとそこから間もなくして縦にポッカリと開いたそのスペースにかなり大きなメスの成虫の姿が確認出来たのです。

いやあ、これは大きいぞ~

F1010729.jpg
♀43ミリ(43,9ミリ)・・・ピンボケでごめんなさい!

写真を撮り終えてサイズを測ってみたところ、44ミリ弱(43,9ミリ)の大きな個体だった。

F1010752.jpg
後日撮影した♀43,9ミリ

いやあ、それにしても大きなメスである。
まだまだ、この立ち枯れを削るのには時間が掛かるようだ。

この間、クワ友に何度か連絡を入れるが、こちらはかろうじてアンテナが立っているのに全然通じない状態なのです。
下部はひじょうに崩し難いので、先程の大歯型の出た近辺のチェックをする事にした。

するとそこにもいくつかの食痕が姿を現し、今度は3令の食痕のような感じだ。
しばらくその食痕を追い掛けた・・・。

F1010730.jpg
極太の食痕

するとしばらくして、その下から3令初期のきれいな♂が姿を現したのです。

F1010731.jpg
3令♂(体重3,8グラム、頭幅9,8ミリ)

体重はそれ程ないが、オスにしては頭幅の小さな3令だった。

さらにそのサイドからは、強烈に太い食痕が下に向って伸びていたのです。

いやあ、これはもしかしてビックワンの個体かもしれないなあ・・・

F1010733.jpg
極太食痕

堅めの材質部分を下部へと食い進み、この後この食痕の主との持久戦が始まった。
いったいこの極太食痕の主は、大型成虫なのか?それとも大型の3令であろうか・・・??

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: