過去の樹液採集を振り返って・・・パート4。

樹液採集も本格的に始めてから3シーズン目を向える事となった。
以前採れなかった時には、山梨県のいったい何処にオオクワガタが潜んでいるのかがなかなか分からず、途方にくれた事もあった。
しかし、採れなくて凹んでばかりもいられず、山梨県で知り合ったクワ友と情報交換しながらもいつかは自分の手で採りたいという希望を常に持って行動していたのです。
人間は、物事がうまくいかない場合にはそれについて色々と反省をしながらステップアップをして行くことが重要です。
考える知恵さえあれば、少しづつではあっても前には進めます。
やはり、オオクワガタ採集は、他種の採集と比較しても難しいと思うのは皆同じだと思いますが、特に大歯型となると材割りでも樹液でも難度は高くなりまね。

私自身は、どうにかようやくオオクワガタの姿を見る事が出来るようにはなりましたが、決して自身のレベルが上達したとは思わなかった。
今までが、オオクワガタを採集するための努力をしていなかったと言う事に気付き、低過ぎたレベルをようやく並のレベルまで押し上げただけであると感じたのです。
現在でもそうですが、採れたから上手いのではなく、努力したから採れたんだと言うそんな感じかな・・・。

ですから、現在活躍されている方々は、私の何倍もの努力をしていると思いますよ。
大した努力もしないで、知ったかぶりをする方がいたとしたら、それは違うと思いますね。
それは自身が一から始めてみたら、本当の難しさが分かると思いますが、オオクワガタ採集も色々と生態の分からない部分も多くありますからね。

そんな事を考えながらH17年の樹液シーズンが始まりました・・・。

 1、H17年 5月・・・山梨県(成果なし)

 2、H17年 6月・・・山梨県(成果なし)

 3、H17年 6月・・・山梨県(♂65ミリ)・・・PM9:00、中歯型を発見するも洞の奥に逃げられて万事休す。

 4、H17年 7月・・・山梨県(♀31ミリ)・・・PM1:40、(♀43ミリ)・・・PM6:00

 5、H17年 7月・・・能勢(成果なし)

 6、H17年 7月・・・山梨県(成果なし)

 7、H17年 7月・・・山梨県(♀45ミリ)・・・PM3:15

 8、H17年 8月・・・山梨県(♀43ミリ)・・・PM11:30

 9、H17年 8月・・・山梨県(♀40ミリ)・・・AM2:30、(♀38ミリ)・・・AM3:30

10、H17年 9月・・・山梨県(成果なし)

11、H17年 9月・・・山梨県(成果なし)

12、H17年 9月・・・山梨県(成果なし)

以上12回のチャレンジをしましたが、結果は、5勝7敗(1♂6♀)でした。
このシーズンの結果にも十分な満足感がありましたが、同時にこれだけ多くのポイントを歩いても”自身だけが知り得る御神木”と巡り会える事が出来ず、そんな特別な木を探す事の難しさも感じていました。
まだ私には、その様な御神木を見つけるだけの経験値が足りないのは言うまでもありませんが、いつかは必ずこの手・足・目を使ってその御神木たるものを探し出したいものです。

F1010708.jpg
朽ち木に産卵をする♀31ミリ

F1010709.jpg
♀31ミリ(サイズを測った後にリリース)

F1010710.jpg
産卵に来ていた♀40ミリ(サイズを測った後にリリース)

このシーズンの特徴は、産卵に来ていたメスを複数確認出来た事ですが、1頭のみクワ友に飼育してもらった以外はリリースしています。
さて、3年間のシーズンを通して冬季から夏季への連係を図り、色々と参考になる事も多かったですが、次のシーズンでは、効率的に採集をしようと思った事が、反対にとんでもない苦戦をすることになってしまうのです。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: