過去の採集を振り返って・・・パート7。

今日は、全国的に雨模様のようですね。
こちらは、田植えのシーズンなので恵みの雨となっています。

さて、”過去の採集を振り返って”のシリーズも残り2回となりました。
クワ友などに聞きますと、過去のデータを殆んど取っていないようなので、これまでいつ・どこに行って・どんな採集をしたのか等は分からないと言う方が多いです。
私自身、樹液採集の過去のデータは、15年以上も前の事は記憶が確かではないですが、オオクワガタを採っていませんから、それは間違いありません・・・
その点、材割り採集は、なぜか記録を残したくて、色々なデータを書き込んで今日に至っていますから、整理すれば面白いデータが出来るものと思います。

それでは、8シーズン目を向えたH14年夏以降の材割りですが、このシーズンは6地域への挑戦となりました。

 1、H14年 8月・・・山梨県(初令)

 2、H14年 9月・・・山梨県(3令、2令、初令)

 3、H14年 9月・・・山梨県(2令、初令)

 4、H14年 9月・・・山梨県(初令)

 5、H14年10月・・・山梨県(初令)

 6、H14年10月・・・山梨県(成果なし)

 7、H14年10月・・・新潟県(成果なし)

 8、H14年11月・・・山梨県(3令)

 9、H14年11月・・・福島県(3令)

10、H14年11月・・・山梨県(3令、2令、初令)

11、H14年11月・・・山梨県(初令)

12、H14年12月・・・岐阜県(成果なし)

13、H14年12月・・・山梨県(♂43ミリ)

14、H14年12月・・・山梨県(2令)

15、H14年12月・・・能勢(成果なし)

16、H14年12月・・・山梨県(2令)

17、H15年 1月・・・山梨県(3令)

18、H15年 1月・・・能勢(成果なし)

19、H15年 1月・・・山梨県(成果なし)

20、H15年 2月・・・山梨県(2令)

21、H15年 2月・・・山梨県(3令、2令、初令)

22、H15年 2月・・・山梨県(3令)

23、H15年 2月・・・山梨県(3令)

24、H15年 3月・・・能勢(成果なし)

25、H15年 3月・・・山梨県(3令)

26、H15年 3月・・・山梨県(2令、初令)

27、H15年 3月・・・山梨県(♂50♀35、3令、初令)

28、H15年 4月・・・山梨県(初令)

29、H15年 4月・・・山梨県(3令、2令、初令)

30、H15年 5月・・・山梨県(3令)

31、H15年 5月・・・山梨県(2令)

32、H15年 5月・・・福島県(3令、2令)

以上の32回の採集を行ないましたが、結果は25勝7敗(0,781)でした。
しかし、能勢採集3連敗と全く振るわなかったシーズンでしたが、山梨県に関しては、25回のチャレンジで、23勝2敗(0,920)となり、初めて9割を超える事が出来ました。

F1010688.jpg
堅い材質に堅く詰った3令の食痕

F1010689.jpg
堅い材質部分の奥から姿を現した♂3令

F1010690.jpg
柔らかなエノキ材に鋭く開けられた産卵坑道

このシーズンは、私にとって山梨県採集において20回以上通った最後のシーズンとなりました。
少ない採集回数で勝率を上げることは、勿論可能です。
採集確率を100%と考えた場合、5勝0敗と10勝0敗、15勝0敗、20勝0敗と同じ勝率でも内容的には通った回数が多くなればなるほど難しくなってきますね。
私自身が、20勝以上をあげての勝率アップを目標にしていたのは、そんなところにあります。
この頃を振り返ってみますと、これだけ山梨県に通ったら行くところがないのでは?と思われがちですが、山梨県のポイントはかなり広いので、私自身もまだまだ行けなかったところが沢山ありますよ。
現在でも、行ってみたいポイントは沢山ありますし、知らないポイントと言うのも沢山存在していると思います。

採集者の中には、山梨県の現状を知らないで、一部分だけを取り上げて批評する方がいるようですが、山梨県の採集個体数が以前と比較すると減っている事は確かだと思いますが、その原因となるものが、材割りをするのが一番大きな原因だとは思いません。
山梨県のあちらこちらで、開発による台場クヌギをはじめとする樹液木が伐採され、それと同じくして多くの朽ち木も処分されて来ています。
ただ、採集者の立場からしますと、むやみに材を倒してしまったり、生木を傷付けるような事は避けるべきですし、ポイ捨て等による地元の方とのトラブルも当然起こすべきではありません。

私自身、普通の採集者の方よりも数多く山梨県に通っているので、現状は理解出来ますね。
私が採集を始めた当初と比較しても山梨県の個体数が激減しているとは思いませんし、私自身も朽ち木を大事に保護しようと考えていますから、その様な気持ちで採集をされる方が増えればこの先も充分楽しめるのではないかと思います。

さて、次回はこのシリーズのラストとなりますが、私なりの総まとめをしてみるつもりです。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: