本当に感動した1日でした・・・。

昨日は、高速の渋滞に巻き込まれてしまい、帰宅が深夜となってしまいました。
まあ、深夜になるのはいつもの事なので仕方ありませんが、安全運転で帰って来れてひと安心です。
そのために今日は、仕事から帰って来てから採集後の片付けに追われ、トレーニングも済ませてやれやれですね。

さて、採集の方ですが、これまでなかなか採れないいくつかの地域の中から、ある地域を何度か探索を重ねて来て、ようやく何となく雰囲気の良さそうなポイントを絞り込む事が出来ました。
今回は、そんな近畿地方の某所へと探索に行って来ました。

この地域にオオクワガタが生息しているのかどうかは全く分からない・・・。

それだけに新たなポイントを見つける事が出来れば、これは凄い事になると思う。

過去の経験を活かすと言うのは、何も成功した事ばかりではなく、失敗した事によって知り得る事も沢山あるわけですが、そんな様々な経験からヒントになる色々なものが見えて来ます。
特にポイントともなると、実際にその場で歩いて見なければ分からない事が数多くあるわけで、遠目で見ただけでははっきり言って分かりません。

日帰りとなった今回は、これまでの探索した実績を考慮してある程度の絞込みをしたポイントを攻めてみる事にしたのです。
しかし、この地域と言うのは、雰囲気が良くてもなかなか手応えのないものでした。

それでも、何処かに存在しているのは間違いないので、後は根気強くやるしかありません。
オオクワガタ採集は、メリットがなければ行かないという方もいるでしょうが、今回同行したクワバカトリオの面々は、そんな事はどうでもいいと考える仲間です。
1つの目的を達成する上で、苦労が多ければ多いほど達成した時の感動は大きなものです。

私にとってその苦労が分かる仲間の存在は大きいです。

この日も早朝より3人で山の中を歩き廻りましたが、なかなか手応えのないまま時間が過ぎ去り、昼食を済ませて仕切り直しをした直後にその瞬間が訪れたのです。

F1010651.jpg
オオクワガタ3令幼虫

F1010652.jpg
体重6,0グラム、頭幅11,0ミリ

クワバカトリオの面々で感動した瞬間でした。
この初ゲットした3令は残念ながら私の採集したものではありませんが、素直にクワ友のゲットに感動し、みんなで喜び合いました。

きれいな3令初期のオスでしたが、この1頭で充分でしたね。
結果的には、私自身はゲットはなかったですが、次回こそはと手応えを掴んだ思い出のポイントとなりました。

今回のゲットに至るまでの過程を踏まえて感じた事があります。

ポイントの絞込みをする上で、最近または以前採れたと言う情報を友人や知人から聞いてそのポイントへ入ると言う事に私自身は、かなり抵抗を感じてしまう。
確かに他人が苦労して探し当てたポイントを聞く方も聞く方ですが、教える側にも余程信頼関係が出来ていなければ、後々厄介なトラブルに成りかねないので、それはしない方が賢明かもしれません。

最近知った情報によれば、私の知人が苦労して探索を繰り返しながら新規開拓したポイントを”案内して!”と言って来た人物がいたそうです。
まさか?とは思いましたが、人間落ちてしまうと早いですね。

そこまで随分と足を運んで良いポイントを見つけ出したその苦労が分からない方なんだなとガッカリさせられました。
自身で苦労もしないでただ案内してもらうだけのそんな採集が楽しいのだろうか?
初心者ならいざしらず、熟練者がこんな行動をしたとしたら、プライドも無い可愛そうな人間だと思います。
人間、自身のしている事は、案外気が付かないことが多いのも確かなので、この様な方もその事1つだけでなく、これまでにもいくつかのそうした労せずして案内してもらう事を繰り返して来ているに違いありません。

まあ、人間心掛け1つでどうにも転んでしまいますから、一旦そうなると落ちるのも早いですね。
こうしたポイント問題は、私の身近でもありましたが、後々トラブルになる確率は高いですから、気を付けたいですね・・・。

いやいや、こんな話をするために日記を更新したわけではないので、暗い話になってしまって申し訳ありません。
とにかく今回は、クワ友の色々な思いがあって、探索した結果のレア産地でのゲットでしたから、本当に良かったなあと思いますよ。
いつかは、私自身も自分の手でこの地域のオオクワガタをゲット出来るように頑張りたいものです。
その日が来るまで、まだまだ歩かないといけませんね・・・

そんなわけで、明日も探索に行って来ま?す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: