ヤナギ帯へのチャレンジ・・・パート3。

トレーニングを再開してから1年間は過ぎましたが、体重の変動は殆んど無く80?81キロをキープしています。
今年の目標は、この体重をあと2キロ絞って78キロくらいになるようにもう少し落とす予定ですが、現在は身体が軽くて体調を崩すことなくいい状態が続いているので、このまま継続していきたいところですね。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

久し振りの成果ではありましたが、これまでに何度撃沈を食らったことか・・・。

私にとっては、そんな経験の一部が活かされたような気がします。
採集ポイントは、採集者の多く集まる場所から全く入ることの無い場所までさまざまですが、それらを一通り経験しながら自身で感じ得たものも沢山あります。
それが直ぐに活かされる場合もあるかもしれませんが、1年・3年・5年後に実を結ぶ事もあります。
今回は、そんな苦労が実ったわけですから、ひじょうにうれしかったですね。
ただ、次回採れるかと言ったら、全く自信がありません・・・
まあ、採集ってそんなもんじゃないですかね。

そんな事を思いながら、頭幅会の面々の待つ場所へと向った。

いつもの店で待っていた2人と再会し、昼食を食べながら話がはずんだ。
帰国したどんぐりさんは、少し痩せたようですが、ひじょうに元気そうで終始ニコニコしていたのが印象的だった。
現地の話、採集の話、空手の話を交えながら話は尽きなかったが、折角なので午後は3人で一緒に採集をする事にしました。

頭幅会秘蔵のポイントへと向い、そこで分かれての採集です。

1時間ほど経過した頃、○○の倒木を削っていると端の方から何やら産卵痕らしきものが目に入ったので、その部分をチェックしていくとなんといきなり初令の姿が・・・。

F1010612.jpg
オオクワガタの産卵痕

この倒木の柔らかな部分を削りながら、オオクワガタのメスが中へと入り込み、いくつもの産卵をしたと考えられます。
ここで、頭幅会の2人に連絡をしてこちらに来てもらう事にした。

私「もしも?し、オオの初令出ましたよ!」

ど「本当ですか??」

私「沢山入っていそうなんでこっちへ来て下さい!」

ど「了解です!」

しばらくすると2人がやって来たので、みんなでチェックする事にしたのです。

F1010613.jpg
オオクワガタ初令

ここで、8ヶ月位幼虫を見ていないどんぐりさんに別の部分から出て来たコクワガタの2令・3令を見せて試して見ると、あっさりと笑われてしまいました・・・

私「どんぐりさん、そう言えば大嫌いな犬には慣れたの?」

ど「いやあ、全然大丈夫ですよ!」

私「それって本当かなあ?」

ど「平気ですよ!」

この後、しばらくしてから私が仕掛けた・・・。

私「あれ?!なんであそこに犬がいるんだ??」

ど「・・・・??」

この時、廻りを落ち着かない態度でキョロキョロと首を振りながら慌てている彼の表情が面白くて笑ってしまいました。

私「やっぱり、慌ててたじゃん!」

ど「いやあ、池○さんの声に驚いただけですよ?!」

私「よく言うよなあ、アッハッハ!」

ど「そんな事無いですよ?、ガッハッハ!」

また、どじょうさんは、大のカミキリムシの幼虫嫌いなので、ちょっとからかってしまいました。

私「どじょうさん、なんでそこにカミキリムシの幼虫がいるの?」

・・・と、彼の着ている上着を指差すと途端に慌てふためいたリアクションが面白くてどんぐりさんと2人で笑ってしまいました・・・

こんな時に私も服に”毛虫”が付いているとか言われたら、同様なリアクションをとってしまったと思いますから他人の事は言えませんけどね・・・。
こんな感じで3人でワイワイやりながらの取り出しは、ひじょうに楽しかった・・・

この材は、まだまだ入っていそうでしたが、必要以上に削る事をせずに終了する事にしました。
この初令が成長して3令になった頃、機会があれば仲間とチェックをしてみたいと思います。

F1010614.jpg
今回取り出した一部の初令

こうして、3人で採集を楽しんだ後、終了となりました。

今回の採集に限らず、以前から私自身が感じている事は、採集は理屈ではなく探索して視野を広げていく事が原点です。
確かに情報を得るというのは、採集者にとっては重要な事かもしれません。
それによって誰かが見つけ出したポイントを探り当てて、そこでゲットに成功するのもある意味良い事なのかもしれない。
しかし、それと言うのは、考えてみたら自身で苦労して歩いて探し出したものではなく、多くの”情報”というものを当てにしながらの行動となりますから、果たしてどこまで情報の力を借りるべきかも難しいところです。

まあ、そうした考えも人それぞれと言ってしまえばそれまでなんですが・・・。

ただ、採集に関しては、あまり知識ばかりが先行してしまう頭でっかちな考えにならないで、経験を活かしていった方が良いのかもしれませんね。
情報というのは、確かに便利なものではありますが、反対に採集者が殺到してポイントを荒されてしまうと言うデメリットの方が心配です。
この話をすると奥が深いものになりますが、別の機会にでも触れて見たいと思います。

最後にどんぐりさん、どじょうさん、お世話になりました!
次回は、どんな採集になるのか楽しみですね、またよろしくね?

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: