全日本卓球選手権大会・・・。

今日は、全日本卓球選手権大会の女子の準決勝から決勝を見ました。
準決勝の福原対石川戦は、見応えがありましたが、何と言っても日本チームを現在引っ張っている世界ランク8位と11位の両選手ですから、どんな試合になるのか興味津々でした。
現在、急激に力を付けて来ている石川選手が、そのままの勢いで福原選手を4対1で破り、決勝戦も藤井選手に対して4対0のストレート勝ちをして初優勝という結果に終わりましたね・・・
そして、もう1つの注目は、男子ダブルスの決勝戦でした。
これまで連覇をしていた水谷・岸川ペアに19歳と16歳の松平・丹羽ペアが挑み、見事3対1で若手のペアが初優勝を飾った場面も素晴らしかったですね・・・
かつては、日本のお家芸だった卓球も、それ以降は圧倒的な強さの中国に手も足も出ないような状況でしたが、ジュニア世代では日本が大活躍をして世界チャンピオンとなっているようです。
この世代の選手が育って来ていますから、今後は中国との差がなくなって、勝利する時が近々見れるはずです。
私自身、1983年の東京大会を見に行った1人なので、卓球は好きなのですが、若い力が中国を負かす時が来るのも案外近いかもしれませんね・・・。
頑張れ?、ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: