何度打ちのめされても魅力的なヤナギ帯へ・・・。

私がボウズを食らった回数で一番多いのは、何と言っても山梨県です。
それだけこの山梨県では色々と勉強をさせてもらっているわけなのですが、山梨県に引き続いて多いのは、今回チャレンジをしたヤナギ帯採集なんです。
地元の方は別として、過去に30回以上のボウズを食らっている方も珍しいと思いますが、私自身もその中の一人なのです。
しかし、何度ボウズを食らってもなぜかこの地域には、採集者を引き込む魅力があるようです。
まあ、私もその魅力に引き込まれてしまった1人には違いないのですが・・・
ヤナギ帯の魅力については、このブログを通して何度か触れているので省きますが、そんなヤナギ帯に行きたくなり、出掛けて来ました。

ある程度の予測はしていましたが、現地に到着してみますと辺り一面雪景色となっていました。

F1010574.jpg

しかし、これ程までに積雪があるとは思いもよらなかったですが、積雪があって好都合なのは、行く手を遮るはずのブッシュが雪に埋もれていて、比較的移動が楽で材探しがやり易い点です。
それに対してのデメリットとなると、ブッシュがないところでの移動には、普段ですとスムースに移動出来るのに積雪の量によって足が取られたりします。
この日の積雪量は、20?40センチといったところでしょうか、長靴の中に何度か雪が入ってしまいましたが、濡れはしなかったので良かったです。

ただ、雪雲があり、途中で少しだけ雪が降ってきたりして、肌寒さを感じる1日だったので合羽の上着だけ着込んでの採集となりました。
こんな事は、この地域での採集では初めての経験かもしれません。
それに目的のポイントまで重量感のある伸縮梯子を担いで2時間位掛けて歩いて行きましたから、結構きつかったですね・・・

さて、採集の方ですが、採集者の入っているポイントから手付かずのポイントまであちこちをチェックしましたが、残念ながら全く手応えのない結果となってしまいました。
朽ち木はそこそこありましたが、出て来るのはコクワちゃんばかりでした・・・。
怪しい幼虫さえも出て来ませんでしたが、ひょっとしたらいるかもなあとワクワクしながらの探索でしたから、ボウズに終わったとは言えども楽しめましたね。

F1010575.jpg

いやあ、唯一失敗したのは、昼食のおにぎりを持っていかなかった事だった。
そのために採集を終えて車まで戻るまで、食事はお預けでした・・・。
結局、車に戻る頃には16時を廻り、遅めの昼食を済ませて終了となりました。
本来なら、もう少し採集をしたいところでしたが、身体は腰を中心にかなりの疲労感を感じ、悲鳴を上げている状態では、無理をしないのが無難と判断して終了としたのです。
それにしても、良く歩きましたね。
また気力・体力を充実させてから、これに懲りずに再チャレンジをする予定です・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: