2011年初採集・・・パート2。

今日は寒かったですねえ・・・
仕事帰りに出来上がった写真を取りに行って来ましたが、考えてみたらアルバムも?40が終わってしまい、新しいアルバムを買わないといけません。
早速購入して来なれば・・・。

さて、それでは簡単ですが、採集記パート2です・・・。

2日目の朝を迎えて食事を済ませた後、狙いを付けたポイントへと向った。

狙いを付けても、外れる事の方が多いのも事実であり、しばらく歩けども朽ち木がなかなか見つからない。

時折朽ち木があっても、手応えがないし、とにかく歩くだけ頑張って歩こうと思った。

山の中を延々と歩き続けて2時間が経過した頃だった。

見た目は終わっていそうな○○の倒木を発見

大して期待もせずにチェックを入れると、外見とは異なり中はいくらか良さそうな部分がある。

そこには、大小の食痕が縦横無尽に走っていましたが、とにかく材が柔らか過ぎていて手でもほぐれるような感じでした。

そして、その食痕をあまり期待もせずに追い掛けたところ、次の瞬間にいきなり思わぬ光景が飛び込んで来たのです。

あ? オオクワだ?

F1010563.jpg
蛹室内の♂成虫

ボロボロとも言える材質部分の一部に蛹室を作っていたようですね。

F1010564.jpg
♂58ミリ

いやあ、この位のサイズではカッコいいなあ・・・
しかし、こんな材質だともういないかもなあ・・・。

この1頭が出た事で、ボロボロ状態のこの材を慎重に削らざるを得なくなった。

するとしばらくして上からポロッと♀の成虫が落下したので、蛹室内に戻してパチリと撮影・・・。

F1010565.jpg
蛹室内の♀成虫

こんな状態の悪い材なのにこの♀のサイズは、40ミリと意外に大きかったのです。

F1010566.jpg
♀40ミリ

このメスが出た後、3つ程の空蛹室を確認しましたが、昨年の夏に出てしまったようですね。
まあ、でもこの2頭のペアが採れましたから、もうこれで充分満足です。

F1010567.jpg
♂58ミリと♀40ミリのツーショット

いやあ、こうして写真を撮ってみますと美形個体ですねえ・・・。

ここからは、ある程度探索を終えたところで、車まで戻って昼食休憩をしてから午後の部の開始となった。
しかし、なかなか手応えなくついに2日間の採集を終える事となりました。
この2日間、実に30000歩もの移動をしながらの探索となりましたが、良く歩いたものです。

さて、この連休中は皆さんの中でもあちこちへ採集へ行かれる方もあると思います。
私もそんなわけですが、明日からクワ友たちと一緒に某地域へと遠征に行って来ます。

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: