沖縄県代表興南高校優勝・・・。

いやあ、高校野球決勝戦は思わぬ展開になってしまいましたが、見事興南高校が春夏連覇という偉業を達成して幕を閉じました・・・
それにしても島袋投手を中心としたこのチームは強かった。
沖縄県代表が全国高校野球選手権大会に初出場した頃には、まさかここまで強くなるとは思っていなかったでしょうね。
沖縄県と神奈川県代表の東海大相模との戦いで覚えているのは、確か沖縄県代表だった豊見城高校の赤嶺投手と現在の巨人の監督をしている原との対戦ですね。
もう随分と前の事ですから、記憶は完全ではありませんが、確か完璧に赤嶺投手に抑えられた様な気がします。
その頃からですね、沖縄県代表が徐々に強くなっていったのは・・・。
まさかこの日の決勝戦が13対1という大差が付くとは思いませんでした。
それは、野球に興味がない方でも感じていたはずです。
今回の大会では、興南高校が各チームからマークされていたのにもかかわらず、連覇を成し遂げたのは立派としか言いようがありません。
最近では、地元静岡県代表の常葉菊川高校が春に優勝し、その年に春夏連覇に挑みましたが、残念ながらあともう一歩のところで決勝戦まで進む事が出来ませんでした。
それだけ連覇というのは難しいと言えますね。

沖縄県代表興南高校、春夏連覇おめでとう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: