FC2ブログ

滅多に経験する事のない驚きの採集・・・パート1。

ここのところ、桜は満開で暖かくなったかと思いきや今日は、一転して寒い一日となりました・・・
季節外れとは言えこんな日はもうないでしょうが、いやあ、寒かったなあ・・・。

それでは、先日の採集に行った時のお話です・・・。

採集をやっていると、全く手応えなく終わってしまう事も珍しくありませんが、成果があっても、その時の内容も様々であって、大物が採れる場合も小物が採れる場合もあり、それぞれが楽しいものです。
と言うか、採集自体が楽しいので、成果は二の次と感じる事も少なくありません。
そんな中、これまでの経験した中でも、ちょっと例がないなと思える採集内容になってしまったので、二部作にはなりますが、その時の模様を書いてみます・・・

この日は、珍しくかなり早起きをして採集地へと向かった・・・。
”早起きは三文の徳”と言いますが、まさかのまさかが起ころうとは・・・。

さて、予定通り現地入りした私は、この日探索をしてみようと思っていたポイントに身支度を済ませて入って行った。
しばらくポイント内の朽木を探しながら、何本かをチェックするものの、虫っ気があっても本命の姿はどこにもなく、気が付けばあっと言う間に3時間余りが過ぎていたのです・・・

しかし、面白そうな雰囲気なので、継続してポイント内を探索していると、目の前にごく普通の朽木があり、その朽木の怪しい部分をチェックしていると、確定とは言い難い食痕が姿を現した・・・。

う~ん、これはどうかなあ

IMG_3757 - コピー
怪しげな立ち枯れ材

確かに食痕は太目であるが、まだこの時点では、確証が持てなかった・・・。
コクワガタのやらせか?それとも本命なのか?

そして、さらに続きを丁寧にチェックしていくと・・・。

IMG_3763.jpg
太目の3令幼虫の食痕

この極太食痕が出たところで、まず間違いないだろうと確信に変わったのです・・・。

IMG_3764.jpg
3令幼虫の極太な食痕

その食痕は、下部へと伸びており、その先を追い掛けて間もなくすると、ゴロンとした大きな3令幼虫の姿がそこにあったのです・・・

オオクワだ~

IMG_3759.jpg
オオクワガタ大型3令幼虫♂

これは意外に大きいなあ

IMG_3760.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂

久し振りの大物だっただけに何枚もの写真を撮ってしまいました・・・
15グラム位はありそうかなと思い、手の平に載せても重量感は感じられる。

IMG_3761.jpg
さらに手の平に載せて撮影

そして、実際に計量をしてみたところ、幸先良く15グラムの大物でした・・・。

IMG_3762.jpg
大型3令幼虫(体重15,0グラム、頭幅10,6ミリ)

私自身もこの位のサイズは、めったに採れないので良かったです・・・
まだ追加があると思われたこの立ち枯れですが、残念ながらこの1頭のみと言う結果でした。

まあ、これも良くある事なので、仕方ありません。
ここのポイント内での生息が確認されたので、さらにポイント内をあちらこちらと探索を続けますが、立ち枯れ材・部分枯れ材・切り株に倒木とチェックするものの、なかなか手応えのないまま2時間余りが経過した頃の事だった・・・。

何かちょっと上部が気になる立ち枯れがあり、まずは、手の届く範囲をチェックしていると、上部に食痕だまりのような黒くなったものが姿を現し、それがどうも気になるので、注意しながらその先を手を目一杯伸ばしながらチェックしていくと、その食痕が黒色から肌色へと変わり、良く見ると堅く詰まった太さのある食痕となり、その先でポコッと穴が開いたのです・・・。

そして、その部分からは、間違いのないオオクワガタ3令幼虫の姿があったのです・・・

出た~、オオクワだ~

IMG_3767.jpg
オオクワガタ3令幼虫

ここで、再度目一杯手を伸ばして撮影をした後、地面に落とさないように慎重に取り出した。
これも中々の大物ではありますが、まだいくつか入っているであろうと思われる。

IMG_3765.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂

取り出した後、気になる体重を量ってみたところ、15グラムには届かなかったものの、堂々の大物であった。
まだいくつかが入っているであろうと思われますが、幹はグラグラしていた事もあり、何度か大きく揺らすと倒れそうな感じ・・・。

IMG_3768 - コピー
オオクワガタ3令幼虫♂(体重14,6グラム、頭幅11,2ミリ)

そこで、ゆっくりと大きく揺らしたところ、ドサッと倒れたので、その幹の部分をチェックしてみたところ、今度は3令幼虫♀の姿がありました・・・

IMG_3770.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重6,7グラム、頭幅8,2ミリ)

さらに続きをチェックすると、極太食痕が出現し、その食痕を追い掛けている途中、少々堅めであった事が災いしてしまい、大きく割ろうと思って斧を入れた次の瞬間、なんとそこには、これまた15グラムを楽に超える16~17グラム程の大型幼虫がいて、完全に傷つけてしまった・・・
頭幅は、11,5ミリもあり、残念な事をしてしまいました。
この材は、この後の追加はなく、3頭入っていた事になりますが、一番大きな大物を傷付けてしまったのが悔やまれます・・・。

そして、この後も探索を続けていると、別のポイントで採集をしていたクワ友から連絡があり、お昼を一緒にする事となったのですが、クワ友に午前中に採集した大物の3令幼虫を見せると、驚いている様子でした。
しかし、クワ友もしっかりと2令幼虫を採集しており、流石の成果だなあと感心させられた。

さて、食事が終わり、今度はクワ友と一緒に気になるエリアへと探索に行く事になったんですが、まさかまさかの採集となろうとは想像も出来なかったんのです・・・。

   つづく・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: