ついにモンスター現る・・・。

新年初採集へクワ友たちと行って来ました。
正直ここ数年で一番厳しい採集を経験した内容ではありましたが、そんな中、モンスターを手に入れる事が出来ました・・・

久しぶりに入るいくつかのポイントを決めて、順番にアタックを開始した。

二手に分かれていくつかの材をチェックするものの、手応えがない・・・。

そして、採集を始めてしばらくした頃、全く手の付いていない○○のカワラ材を発見

早速、怪しい部分をチェックするが、コクワガタの食痕のみで本命の食痕は出ない・・・。

そこで、今度は根部に近い部分にチェックを入れる。

すると、アカアシクワガタの成虫のペアが出た後にいきなりこんな光景が・・・


IMG_1591.jpg
蛹室内の中歯型

直ぐにクワ友に連絡し、写真を撮った後にサイズを測ってみると50,0ミリのカッコイイ中歯型個体である・・・


IMG_1594.jpg
♂50,0ミリ

さらにこの後、なんと62ミリの大歯型の死骸が出たのです・・・。


IMG_1596 - コピー
♂62ミリの死骸

しかし、最大のドラマはここからだった・・・。

続きをチェックしていくと、しばらく削った後になんと見た瞬間、 ”越えている” と思えるモンスターの姿がそこにあったのです・・・


IMG_1595.jpg
モンスター登場

この周辺には極太食痕が走ってはいましたが、状態がそれ程良いものではなく、このモンスターの入っていた蛹室も綺麗なものではなく、どちらかと言えば壊れかけたようなものだった。


IMG_1598.jpg
蛹室を広げて撮影

クワ友たちとこの瞬間、最高の感動を味わいましたが、70ミリを超えているかどうかではなく、明らかに超えているサイズだと実感するほどの迫力のあるものだった・・・。

気になるサイズですが、72ミリジャスト位だったので、後に会ったクワ友にしっかりと計測してもらったところ、72,0ミリと言う事で決定した・・・


IMG_1597 - コピー
♂72,0ミリのモンスター個体

結局、この材からは死骸を含めて3頭でしたが、私にとっては材割り採集歴23年目の快挙となりました。

近年は、20グラムオーバーの幼虫はいくつか採れているものの、リーチが掛かりながらなかなか出なかったモンスターでした。

正直、もうそろそろかなあと言う思いもありましたが、なかなか出ないのがこのサイズです。

それに自身で探したポイントに加え、自身で見つけた材からのゲットなので嬉しさが込み上げて来たのは言うまでもありません。

一緒に苦楽を共にしたクワ友たちも祝福をしてくれたので、本当に良かったです・・・

そして、この後は手応えがなく初日を終えた・・・。

この日の晩は、いつも利用する店で焼肉アンドお好み焼き・焼きそばを食べながら祝杯を上げ、閉店までクワ話に花が咲いたのです・・・。

     ・・・ < 2日目 >・・・

この日は、ポイントを大きく変えていくつかの面白そうなところを攻めましたが、寄生蜂にやられた初・2令を数頭確認したのみで、残念ながら成果はなかった。

大当たりしたモンスター材以外には、全く手応えがなく、ここ数年では最も厳しい採集だったように思います。

しかし、頑張って地道に努力すれば、必ず何らかの見返りもあるんだなという事を改めて感じた2日間だったと感じました。

まだまだ私の場合は、やりたい事が多くあるので、今後もマイペースで楽しんでいこうと思いますね・・・
IMG_1599.jpg
後日自宅にて撮影した♂72,0ミリ

さて、2017年も私にとっては最高のスタートが切れましたが、まだ始まったばかりなので、今後どんなドラマが待っているのかこれからが本当に楽しみですね・・・

と言う事で次回も頑張ります

スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: