2016年ラスト採集・・・。

年内の仕事はまだまだあるのですが、忘年会は残り一つとなり、年末に掛けてお墓参りや家の掃除・洗車等もしっかりとやらなくては・・・。
そんな中、ちょっと時間が出来た事もあって、クワ友たちと今年最後となる採集へと出掛けて来ました・・・
それにしても、1ヶ月半振りとなるので、久しぶりにクワ友との再会も楽しみにしていた。
大方攻めるポイントをいくつかに絞っていましたが、今回はゆっくり目のスタートとなった・・・。

合流した後に軽く挨拶を交わし、早速予定していたポイントを順番に廻っていく事になった。

久しぶりではあるが、やはりこの地は環境もいいし、心が癒されるなあ・・・。

しかし、開発があちらこちらで進み、随分前から雑木林が少なくなっている状況である。

今後もさらに森林伐採が進み、生物が徐々に棲み難い環境に変貌していってしまうんだろうか・・・??

まあ、成るようにしか成らないかもしれないが、やはりオオクワガタに出会えなくなるのはちょっぴり寂しい気がしてならない。

そんな事をクワ友たちと話しながら、最初のポイントでは手応えなく、2ポイント目に突入した。

すると何本かの朽ち木があり、その内の1本から、クワガタの食痕が現れた・・・。

IMG_1546 - コピー
多数のオオクワガタ幼虫が入っていた切り株

その内の1本を追い掛けていくと、その先で間違いのないオオクワガタの3令幼虫が姿を現したのです・・・

IMG_1548.jpg
最初に出たオオクワガタ3令♀(体重1,8グラム、頭幅8,1ミリ)

3令初期だった事もあり、最初の1頭は小さなものだった・・・。

そして、直ぐにクワ友を呼んで、交代でチェックしていく事にした。

しばらくチェックした後に2令・3令がいくつか出たところで終了し、その先を探索する事にしましたが追加はなく、ポイント移動する事になった・・・。

IMG_1549.jpg
大型のオオクワガタ3令♀(体重8,3グラム、頭幅9,2ミリ)

ポイント移動する途中で昼食休憩をし、ポイント到着後はそれぞれが別々になっての探索が始まった・・・。

所々に良材は見つかるものの、出て来るのはいつものコクワ君で、本命に姿を確認する事が出来ず、車に戻って待っているとクワ友から”オオクワが出た!”との連絡が入った。

その場所に行って見ると、流石と思える場所で2令・3令をゲットしていたのです

いやあ、素晴らしい

そして、大方探索を終えたところで、今回4ポイント目となるところに移動したのです・・・。

しばらくして、面白そうな朽ち木を見つけたので、怪しい部分にチェックを入れた途端、直ぐにオオクワガタの2令が姿を現したのです・・・

この材にはまだ入っている事が予想されることから、クワ友と交代しながらチェックを入れてみたものの、以外にもほんの僅かしか入っておらず、見切りを付けることにした・・・。

それから各々が分かれて探索をしていると、私の進んだ先に見た目はそれ程でもなさそうな何の変哲もない朽ち木を発見

しかし、思っていたよりは状態が良さそうである・・・

そこで、怪しい部分にチェックを入れたその時だった・・・。

目の前には、極太食痕が姿を現したものの、少々詰まりが甘い感じがする。

そして、もう一度斧を入れてみると、この場面でもなんとなく確定と思えるものでもなかったが、クワ友を呼んで ”どう思う?” と聞いてみたところ・・・。

友「これは来ているでしょう

私「う~ん、そうかなあ・・・」

友「いやあ、これは間違いないと思いますよ~

私「それじゃあ、続きをチェックしてみるね・・・


最初は、粗めで詰まっていない極太食痕でしたが、その先で灰色がかった薄茶色のものに変わっていき、ひょっとしたら成虫かなとも思いましたが、その先でポコッと穴が開き、そこにいた3令幼虫を見るなり、クワ友が叫んでいた

友「デカイ

私「そんなに大きいかなあ

友「いやあ、この尻は間違いなく20グラムを超えていますよ


半信半疑だった私ですが、じっくりと穴の奥にいるその3令幼虫を見てみると・・・

私「いやあ、これはデカイねえ

慎重に廻りを削り、もう1人のクワ友も加わって、目の前にいるモンスターの写真を何枚も採り続けた後、いよいよ取り出しに掛かることにした・・・。

IMG_1555.jpg
極太食痕の先にいたのは・・・

最初の粗めの食痕から堅く詰まった薄茶色の食痕へと変わり、良い状態の部分を居食いしている状況だった。

IMG_1557.jpg
明らかに超えている特大幼虫

驚いたせいか、大きな糞をいくつかしていたものの、量りに載せてみると21,5グラムもある立派な特大幼虫だった・・・

IMG_1559.jpg
特大幼虫(体重21,5グラム、頭幅11,4ミリ)

いやあ、それにしても強烈に太い食痕だった・・・。

IMG_1561 - コピー
特大幼虫の極太食痕と抜いた穴

この後、クワ友に代わってもらい、やはり8グラムもある大型の♀の3令が出た後、さらに別のクワ友がチェックしていくと、♂を思わせるような大きな8,5グラムの♀の3令が出て来たのです。しかも頭幅も9,6ミリと大きなものだった・・・。

IMG_1565.jpg
大型3令幼虫♀(体重8,5グラム、頭幅9,6ミリ)

結局、この材には大きな3令が3頭(1♂2♀)が入っていただけでしたが、大型が育つ環境下では状態もさることながら、2~5頭くらいが育つ程度がベストなのかもしれませんね。

初めて20グラムオーバーを目の当たりにしたクワ友は勿論の事、何度か採集した状況を見ているもう一人のクワ友にしても、驚きを隠せないという状況でした。

さらにこの後、もう1ポイントを廻ったものの、手応えなく今回の採集を終える事となりました。

IMG_1568.jpg
今回採集した2令と3令

夕方になるとやはり冷え込みますが、この後着替えを終えていつものファミレスへと向かい、クワ談義に花が咲いたのは言うまでもありません・・・
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: