ブナ帯レア産地へのチャレンジ・・・パート2。

第1回WBCS U-23ワールドカップで侍ジャパンが決勝でオーストラリアに10対3で勝利し、初代王者に輝きましたね・・・
次世代を担う若手ですから、今後の活躍は勿論ですが、日本のレベルの高さをアピール出来た事も良かったのではないでしょうか・・・。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

ようやくというか、樹層が良くてかなり太いブナ林を見つける事が出来、しかも広範囲な斜面の至るところに見る事が出来る。

そして、倒木や立ち枯れが歩いて探せば見つかる面白いエリアを見つける事が出来たので、クワ友と共に探索をしていると、ブナのカワラ材を見つける事が出来たので、早速チェックを開始する事にした・・・。

しかし、状態が良いものの、クワガタの食痕が確認出来ない・・・。

う~ん、おかしいなあと首をかしげながらも、さらに怪しいと思える部分をチェックしていくと、コクワガタの幼虫を確認する事が出来た。
また、倒木も状態の良さそうな部分をチェックしていくが、これといった手応えが感じられない。

それでも、急斜面なだけに滑り落ちないように日没まで奮闘しましたが、手応えがなく一旦この場を離れて周辺から対面のエリアの探索をかねて車を走らせる。

暗くなった林道をライトを照らしながらの探索をしたものの、残念ながら良さそうな雰囲気のポイントを見つけることは出来ず、明日は、先程チェックしたエリアをもうちょっと探索の範囲を広げて朽ち木を探す事にした。

予約してあったホテルに向かう途中で、美味しそうな店を見つけたので、そこで注文した焼肉定食はなかなか美味しかった・・・

ホテルまでは1時間も掛からなかったので、早めにチェックインする事が出来た事で、明日は早めに出発して今日のポイント内の続きからスタートする事で話がまとまり、部屋でゆっくりとくつろぐ事に・・・。

         ・・・< 2日目 >・・・

2日目の朝を迎えたが、昨晩はゆっくりと休む事が出来たので、目覚めも良かった・・・

さあ、食事を済ませて目的地へと車を走らせた・・・。

昨日の急変した天候とは異なり、今日は比較的天気が良さそうだ。

目的地に到着し、早速探索開始となった。

それぞれが分かれての朽ち木探しが始まって間もなくすると、私の進んだ方向に良い感じのブナの立ち枯れ材が確認出来たので、早速チェックを開始する・・・。

IMG_1444.jpg
立ち枯れに寄生したキノコ

サクッと材がはじけたそこには、明らかな3令の食痕が姿を現したのです・・・

IMG_1443.jpg
期待が持てそうな太い食痕

この瞬間、ちょこっと期待出来るかなと思い、近くにいたクワ友を呼んで「どう思う?」と問いかけると「いやあ、おもしろそうですねえ!」との返答が・・・。

まさか朝一から本命が出る事もないだろうと思いましたが、そこから朽ち木をさらに削っていくと・・・??

IMG_1446.jpg
一瞬ドキッとさせられた食痕だったが・・・。

深くえぐったそこには、蛹室内に50ミリはあろうかと思えるクワガタの成虫の姿がありました・・・

下から見ていた関係で、直ぐには分からなかったのですが、良く見ると大きなコクワガタの成虫だったのです。

な~んだ、やっぱりなあ・・・

IMG_1445.jpg
蛹室内には50ミリくらいの大きなコクワガタが入っていた

かなりの良材ではありましたが、思ったほど幼虫達の姿を確認する事が出来ず、虫っ気が少々ないように感じられた。

樹層は悪くないが、標高は若干高めで日当たりも今一なので、元々個体数が少ないレア産地である事から考えれば、こんなものなのかもしれません。

しかし、材割りの痕跡などがないので、面白いエリアなのかもしれませんが、とにかく個体数の少ない地域では、どこで手応えがあるか分かりませんから、怪しいと思えばチェックを繰り返していくしかありません・・・。

険しい急斜面を上り下りしながらの探索が3時間以上も続き、クワ友も奮闘しましたが、ついに手応えのないまま午前中の部が終了する事となった。

とは言っても、全域探索出来たわけではなく、かなり危険なエリアではあるので、無理をしない程度の探索でした。

IMG_1447.jpg
斜面には太いブナが多く確認出来た

それでも梯子を使用しながら、チェック出来る高さまで削り、ブナ以外の朽ち木にも目を配りながらのチェックをしたので、一応はスッキリとしましたね・・・

ここで、市街地まで移動し、美味しそうな感じのするラーメン屋に入る事になったんですが、比較的駐車場が広い上にお客さんもまあまあ入っていたので、ここは多分美味しいだろうと判断したわけなのですが、これは見事に的中しましたね・・・

そして、腹ごしらえを終えた私達は、午前中に探索をした場所から、比較的日当たりの良い対面の地域へと移動する事にした。

しかし、そこはさらに急斜面が広がり、一つ間違えば谷底へ転落しかねない危険極まるポイントだったことから、仕方なく大きくポイント移動する事となった・・・。

ここは、初日に気になっていたポイントだったんですが、時間があったら探索をしてみようと言う事にしておいた場所でした。

ここもある程度中まで入って見なければ分からない部分があるので、車を止めてからひたすら歩いて朽ち木探しをしましたが、あまりパッとせずに手応えが全くありません・・・。

この2日間は、見知らぬ地域という事もあって、こんな事の繰り返しを何度したことか?しかし、新規で行くところと言うのは、これが当たり前なので、辛抱強く探索をしていくしかないのです。

全く手応えがないと心が折れそうになる事もありますが、過去にはこの様な状況の中で新規ポイントを発見した事もあるので、諦めずに頑張っていくしかありません。
幸い、私の周りには、そんな気持ちを理解してくれて同様に頑張っているクワ友が何人もいるので、そこは励みにもなるのです。

はっきり言って新規開拓なんて言うのは、大変な事ばかりで楽ではありませんが、見つけた時の感動はたまりません。
それに実績のないところから本命を採集をするという大きな感動を得るためにたまにはこのような探索をする事も必要不可欠だと思っているので、これからもたまにこの様な新規開拓もやっていくつもりです。

これからの毎年毎年は、年齢的にも体力が下降していく傾向にある中、無理をせずに出来るチャレンジをしていこうと感じた今回のレア産地での採集でした。

今回は、この後ポイントを大きく移動して、次回探索をしてみたい地域へと足を運びました。勿論、古い文献でも知られていない地域ではありますが、今度機会を作ってチャレンジしてみようと思っています・・・

IMG_1449.jpg
紅葉

IMG_1450.jpg
山々には薄っすらと雪化粧が見られた

最後に全く手応えのなかった今回の新規開拓ですが、その事がポイントを絞り込むための手応えだったかもしれません。
今回のレア産地への探索を決めた時、一緒に行こうと決意をしてくれたクワ友には、本当に感謝をしています。
これからも採れたり採れなかったりの採集は続くと思いますが、より大きな感動を求めて、今後も私のチャレンジは続きます・・・

    終わり・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: