今期8度目の樹液採集・・・。

MLBで先発出場のイチローが3安打し、3000本安打まで残り6本となりましたねえ・・・
今月中には、達成出来そうですね・・・。

さて、それでは、先日の採集記です・・・。

皆さんも経験があるかと思いますが、樹液採集に行った翌日に車の中を見ると、所々に蜘蛛の巣が張っている事がありませんか?
私の場合は、ほぼ毎回の如く蜘蛛の巣が張っているんで、それを取り除くのが採集後の日課となっています・・・

そんなわけで、今回は単独でホームグランドへと出掛けて来ました・・・

やはり朝一からだと暑さが厳しいので、午後からのスタートとなりました。

今回は、冬場に探しておいた樹液木を2ヶ所確認に行きたかったので、気にあるポイントを廻る間にそこへチャレンジする事にしました。

ここ3年間の私自身の打率も5割を超えようにはなってきたものの、依然として下手には変わりなく、1日あちこちを廻って1頭に巡り会えるかどうかといった状況ですが、それなりに冬場の樹液木探しが功を奏してきた感はあります。

まあ、採集数を競うわけでもなく、出会えた感動にただ喜びを感じるただの採集好きなオヤジですから、採集した個体の大きさなんかにも拘りもありませんし、難度の高い低いに関わらず、楽しめる趣味である事に生き甲斐を感じているんです・・・

ですから、私自身、70歳くらいまでは気力の続く限り、クワ友たちとこのオオクワガタ採集を楽しんでいくつもりです・・・。

さて、本題に戻りますが、この日も何ポイントか廻って、新しく樹洞を見つけた木のチェックをしましたが、今夏中にはオオクワガタが確認出来そうな雰囲気の木で、今回は留守だったものの、諦めずに通い続けたいと思います。

そんな中、きれいなヤマトタマムシの姿をタイミング良く撮影出来ましたが、本当にきれいだなあ・・・。

この直後にどこかへ飛び去ってしまいましたが、滅多に見る事の出来ない虫だったので、感動しました・・・

IMG_1154.jpg
ヤマトタマムシ

そして、とあるポイントでもきれいなルリボシカミキリを発見

これもごくたまに見掛ける事がありますが、本当に綺麗ですねえ・・・。

IMG_1158.jpg
ルリボシカミキリ

そして、樹液場に群がるカブトムシの姿も難度も見かける事が出来ました・・・

しかし、オオクワガタの姿はなかなか確認する事が出来ません。

まあ、私の場合は、2回に1度くらいのものなので、早々簡単には出会えないのも事実です。

しかし、今シーズンは、毛虫もスズメバチも少ないので安心ですねえ・・・。

そして、今回のテーマとなっていた冬場に見つけておいた1本目の樹液木探しへとあるポイントへと向かい、そこで雑木林の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったりとしましたが、風景が変わってしまってついに探す事が出来ずに断念する事に・・・

さらにもう1本の樹液探しをするためにボサの凄いポイントに到着し、意を決して突入したは良いが、とんでもないボサに遮られ、何とかそこを突破したものの、薄暗くなった状況とひじょうにタフな斜面での移動で、なかなかその樹液木が見つからずに断念する事となった。

しかも今度は立ち塞がる斜面の上のボサに四苦八苦しながら、ようやくそこを抜け出た頃には、雨がしだいに強くなり、車に到着して間もなく土砂降り状態になってしまった・・・

これでは、採集続行が難しい事から、その間、車中で休憩をとる事にした。

そして、たっぷりと休憩をとった後に夜間採集へと突入です・・・。

やはり樹液場には主役のカブトムシたちが群がっています。

IMG_1163.jpg
樹液を吸うカブトムシ

本来なら、今回は深夜1時頃までやって終了する予定でしたが、雨で休憩をしていた分廻れないところが出て来てしまうので、ある程度納得のいくところまでやろうと思い、順番に行きたいポイントを廻っていったのです。

しかし、厳しいなあ・・・。

そんな事を感じていた矢先、とあるポイントで前輪が、見え難くなっていた側溝に脱輪してしまった・・・

当初は、四駆で簡単に脱出出来るだろうと思っていたが、前輪が滑ってしまってどうにもならないので、仕方なく周辺に前輪の下に敷く木材かそれに変わるものを探しに出掛ける事になった・・・。

真夜中の深夜に1人でいったい何をやっているんだと自問自答しながら、ようやく見つけた大小の角材の切れ端をタイヤの下にあてがい、そのままバックで無事に脱出する事に成功

こうして、アクシデントを乗り切った後も樹液木のチェックをしていったのですが、この後ようやく手応えがあったのです・・・。

それは、ある程度樹液が出ている木を3年程前から何度もチェックに来ているんですが、これまでは手応えがなく不思議に感じていた1本の木にこの日もいつものようにチェックしていたところ、樹液だらけになった樹皮の奥でオオクワガタを発見

しばらく格闘した後に出て来たのは、可愛らしい小歯型だったのです・・・

やった~、オオクワだあ~

IMG_1174 - コピー
オオクワガタ小歯型44,6ミリ

本当に感動的な場面でしたが、サイズは44,6ミリの新成虫でしたね・・・

本来なら、ここで満足して終了となるのですが、まだまだ確認したい樹液木が沢山あるので、あともう少しだけ続けようと思い、次のポイントへ移動していく途中で気になる樹液木を何本かチェックしていた時だった・・・。

ある樹液木の上部に樹洞らしきものがあって、そこに大アゴをこちらに向けていたその姿がオオクワのアゴのラインの特徴に似ていたんですが、良く見ようとした次の瞬間、向きを変えて樹洞の中へとスルスルと入ってしまったのです・・・。

あれはオオクワのような感じだったけどなあ・・・。

そこで、梯子を掛けて中を覗くと奥にクワガタの姿を確認

多分、オオクワガタ間違いないなあ・・・。

IMG_1182.jpg
オオクワガタ小歯型が潜んでいた樹洞

そして、しばらく搔き出し棒で格闘するとスルスルと出て来て下に落下したので、それを拾い上げたところ・・・

まさかのオオクワだったのです・・・

IMG_1177.jpg
オオクワガタ小歯型42,5ミリ

サイズは、1頭目の小歯型よりも2ミリ程度小さな可愛らしい42,5ミリのオオクワガタの新成虫でしたが、これにも感動しましたね・・・。

こうして、まさかの2頭目をゲットしましたが、この後もまだ気になるポイント廻りを行い、気が付けば辺りが明るくなっていました・・・

IMG_1188 - コピー
小歯型44ミリと42ミリのツーショット

今回は、単独と言う事で自身のペースで廻りたいところを重点的に行きましたが、これから徐々に虫たちも数が増え、厳しいながらも頑張ればオオクワガタに巡り会えるものと思いますね。
私のクワ友たちは、私なんかよりも採集が上手いですから、今後も多くの採集報告が聞けそうです。
私もこの暑さに負けないように樹液採集を楽しんでいこうと思います・・・。

     終わり・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: