今期初の樹液採集の下見・・・。

いよいよイチローの記録が日増しに注目されるようになっています。
本日の試合で1安打を放ち、日米合算でピート・ローズの記録まで残り12本、そして、MLB3000本安打まで残り34本となりましたが、毎日が楽しみですね・・・

さて、今期初となった樹液採集の下見ですが、例年の如く山梨県からスタートとなりました。
5月に採れれば、2年前の5月1日に♀40ミリをゲットした以来となりますが、やはり樹液の出具合が心配です。

まずは、気になるポイントから徐々に廻っていきますが、何ポイント目かでひじょうに珍しい初カブトの姿を確認しました・・・

IMG_1007.jpg
樹液を吸うカブトムシ

いやいや、私にとってはこの時期にカブトムシの姿を見るのは初めてかもしれませんが、ひじょうに珍しい光景でしたね・・・。

いやあ、しかし、いつもなら樹液たっぷりと思える樹液木をチェックに行っても殆んど出ていなかったり、多少の滲みがある程度で期待薄です。

でも樹皮捲れの奥には、やはりコクワ君のペアが何処もかしこも入っていますね。

IMG_1009.jpg
コクワガタのペア

いくつか廻っても殆んど手応えもなく、とあるポイントにて気になる朽ち木を見つけたので、ちょこっとチェックをしてみたところ、いきなり極太食痕が姿を現したのです・・・。

これは確定だなあ

IMG_1011.jpg
堅く詰まった極太食痕

慎重にその先をチェックすると、なんと蛹室内に大歯型の姿が・・・

IMG_1014.jpg
蛹室内から出ようとする大歯型

そして、蛹室内から出ようとしているところを何枚か写真を撮ったところで取り出す事にした。

サイズは、60ミリでしたが、なかなかの美形個体ですね・・・

この材には、1頭のみでしたが、貴重な新成虫を見る事が出来た。

IMG_1018.jpg
♂60,2ミリの美形な大歯型個体

さて、朽ち木のチェックはこの1本のみで終わり、再度下見を開始する事にした。

途中で休憩を挟みながら廻っていると、あっと言う間に日没となり、ナイターになると幾分クワガタの活動が活発化するようで、多くの普通種を確認する事が出来たものの、なかなか本命の姿を見る事が出来なかった。

そんな状態が続いていた頃、何気に立ち寄ったとあるポイントで洞の奥にいる黒光りするスジのあるものを発見

これはオオクワだなあ

写真を撮っている余裕もなく搔き出し棒で取り出してみると、小さなオオクワガタのメスだったのです・・・

サイズを測ると31,8ミリの越冬個体でしたが、その場でリリースし、再度樹液木廻りをする事にする。

IMG_1034.jpg
オオクワガタ♀31,8ミリ

この後も深夜まで下見をするものの、手応えがなく終了となりました。
まだまだ樹液の出具合は今ひとつですが、今月中旬くらいには徐々に良くなるのではないでしょうかねえ・・・

スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: