王者内山がまさかのKO負け・・・。

昨日のプロボクシングWBAスーパーフェザー級王者内山高志(36)が、まさかの2RKO負けとなるとは、誰しも予測出来なかった事でしょう・・・。
そんなショッキングな敗戦でしたが、相手が強かったと言う事でしょうか・・・。
遅咲きと言われた内山が王者になったのが、2010年の30歳の時でした。
それからと言うもの11度の防衛に成功し、これまでに25戦24勝(20KO)1分けと負けなしでしたが、やはり年齢的なものもあったのかもしれないし、心の油断やプライドもあったのか?クリンチで逃れれば、3R以降に勝負の行方が移っていったと思われますが、やはり勝負の世界は厳しいですね。
今後の去就は分かりませんが、もう一度チャレンジャーとして頑張ってもらいたいですね・・・
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: