2015体操世界選手権で内村6連覇達成・・・。

いやあ、今日の早朝、またしても寝不足になりながら体操の男子個人総合を見てしまいました・・・
それにしても、この内村選手は、あのプレッシャーの掛かる緊張感の中で、しっかりと演技をして6連覇を達成するのだから恐れ入りました・・・。
以前は日本のお家芸とまで言われた体操ですが、ロシア・中国・イギリス・ドイツ・ベラルーシ・アメリカ等に抜かれてしまっていた時代もあり、そこからここまで建て直しをして来た背景には、塚原直也や冨田洋之の存在を忘れてはいけません。
特に現在の美しい体操の原点になったのは、”美しくないと体操ではない。ただ派手な技をやるだけならサーカスと変わらない”との考えで、その”美しい体操”を牽引したのは冨田洋之であり、その結果、彼が2005年の世界選手権において堂々の個人総合優勝を飾ったのが、巻き返しの始まりだったような気がします。
その後、2009年より内村航平選手がその後を引き継いで、2015年に至るまで6連覇を成し遂げたわけなので、ここまで来る間には、相当な苦労があった事でしょうね。
そして、内村航平選手の後にも加藤凌平や田中祐典と言ったオールラウンダーがいるわけで、彼らも表彰台に上がれる力を持っていますから、来年のリオ五輪での活躍も充分に期待出来るものと思います。
と言うわけで、この後の種目別でも期待したいですね・・・
頑張れ~、ニッポン
スポンサーサイト
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: