クワ友との樹液採集・・・。

全国高校野球選手権大会は、東海大相模が仙台育英を10対6で下して優勝し、幕を閉じました。
色々と注目された記念すべき第100回大会でしたが、数々の名場面があり、記念大会にふさわしい良い大会だったと思います・・・。

さて、それでは先日クワ友達と楽しんだ樹液採集を簡単に振り返ってみたいと思います。
何度か会っているクワ友達が、是非オオクワガタの3大産地の一つに行ってみたいと言う願望から、一緒に採集をする事となり、私が色々と日程等も踏まえて計画を練り、2日間の樹液採集がスタートとする事となった。

初日の早朝に合流した後、簡単な挨拶を交わしてから最初のポイントへと移動です。

身支度を終えてから、クワ友達とポイント内に入って、1本1本樹液木のチェックをする事になった。

樹液採集を始めてから間もなくすると、O氏が突然叫んだ

おった、おった~

高所の樹洞をチェックしていたO氏によると、樹洞の中でオオクワガタが空いたスペースの奥で踏ん張ってしまっているらしい。

目の前に見えてはいるものの、これが結構持久戦となったのです・・・。

私もちょっとその場を見せてもらいましたが、中歯型サイズのようであり、取出しにはそれ程時間が掛からないと思っていたものの、結局取り出すまでに1時間格闘する事になったのです。

しばらくして、樹液木の上部から採集した個体を下にいた私に向かって落としてくれたので、しっかりとキャッチし、手の上に乗せたところをしっかりと写真撮影・・・。

IMG_0228.jpg
オオクワガタ大歯型(59ミリ)

いやあ、カッコイイなあ・・・

久しぶりの大歯型個体でしたが、ゲット報告を聞いて集まって来た他のクワ友達と一緒にガッチリと握手を交わし、O氏の頑張りに刺激されて、さらに意欲が増したのです・・・。

樹洞の奥には、♀が入っていたかもしれませんが、あえて深追いはしなかったようです。

このポイント内では、過去にも実績があるので、時間を掛けての探索でしたが、結局のところこの1頭の他には追加は得られなかった。

この後は、昼食休憩までポイント移動しながら採集をしましたが、手応えがなく午前中の部が終了となった。

ファミレスでゆっくりと昼食休憩をした後、午後の部の開始となった。

いくつかポイント移動した先での事だった・・・。

木登りの得意なクワ友のS氏が樹液木の7メートル上の樹液の出ている隙間を確認しようとしたところ、これまた突然叫んだのです。

デカイのがおった おった~

おお~本日2頭目が来たかなあと思った次の瞬間・・・

上部で採集中のS氏が、”ヒラタですよ~

まさかとは思いましたが、私自身もここ20年位の間で5~6頭しか採っていない貴重なヒラタを初めてこの地域へとやって来たクワ友が運良く採れた事は、これもある意味素晴らしいの一言ですね・・・

IMG_0231.jpg
ヒタラクワガタ(55ミリ)

サイズは、55ミリであり、この地域では大きめなサイズかな・・・。

これも珍しい採集成果であり、この地域ではめったに採れないですからね。

この後、移動した先の樹液木を見てみると、なんとそこにはミツバチの大群がいるではないですか・・・

IMG_0232.jpg
木に群がるミツバチの大群

こんなのに刺されたらたまりません・・・

こうして、夕方まで採集して1日目の樹液採集を終える事となったのです・・・。

この後、宿泊するホテルへと向かい、シャワーを浴びてからもう1人のクワ友も加わり、大人数での懇親会を近くの店で行い、楽しいひと時を過ごす事が出来ました・・・

楽しい時間もあっと言う間でしたが、部屋に戻ったのは日付の変わった深夜となっていた・・・。

勿論、この後は爆睡したのは言うまでもありません。

     ・・・< 2日目 >・・・

2日目の朝を迎えましたが、今日も暑くなりそうである。

昨晩、遅かった事もあり、今日は遅めのスタートとなった・・・。

昨日に引き続き、今日も富士山は雲が掛かっていてその姿を見る事が出来ず、2日間の内にどちらかでも見る事が出来ればなあと思っていただけにひじょうに残念な結果となってしまった。

そうこうしている内に最初のポイントへと到着です・・・。

雰囲気的には、かなり良くて期待の持てるポイントですが、なかなかオオクワガタの姿を見る事が出来ず、時間だけが過ぎ去っていく・・・。

それでも、クワ友が住んでいる地域ではひじょうに珍しいと言われる”クロカナブン”の姿を見ると、彼らは大騒ぎしながら珍しがっていたのが印象的だった。

普段良く目にする光景ではありますが、ところ変われば珍しい光景に変わるんだなあと実感した次第です・・・

IMG_0235.jpg
クワ友達に大人気だったクロカナブン

そして、樹液木の洞に作られたスズメバチの巣ですが、今期は既にいくつかを確認しています。

うっかり近づくと危険極まりないので、遠目からズームで撮影

IMG_0236.jpg
木の洞に作られたスズメバチの巣

樹液採集には、危険が付き物ですが、この日珍しく私自身アシナガバチらしきものとアブに刺されてしまった・・・

特にアブには、これまで殆んど刺された経験がなく、刺されるとは思っていなかったが、幸い腫れは大丈夫だった。

しかし、気を付けたいものですね。

午前中もあっと言う間に終わり、昼食休憩後にさらにポイント移動しながらみんなでオオクワガタを探したものの、ついにタイムアップとなってしまった。

クワ友達の採集成果は、オオクワガタの他にもネブトクワガタ・クロカナブン・ヒラタクワガタに山梨産カブトムシやノコギリ・ミヤマといったもので、特に若手のS君は、常にニコニコ顔で、この地域での採集を堪能出来て感動していたのが印象的だった。

あっと言う間の2日間に及ぶ採集でしたが、それなりに楽しめたのではないでしょうかね・・・

私自身もいつもフィールドでは、勉強になることの多い採集ですが、今回も色々と学ばせてもらいました。

彼らと別れた後、単独で採集をしていたんですが、深夜から早朝に掛けて雨が徐々に強くなり、とあるポイントでここが最後と決めて採集をしていると、これは間違いないという中歯型個体らしきものを洞の中から引っ張り出したところ・・・

またヒラタかよ

今回は、いいところでオオクワガタには嫌われてしまい、この地域で滅多にお目に掛かれないヒラタに2度もお目に掛かるなんて、ある意味凄い事だったのかもしれませんね。

IMG_0237.jpg
ヒラタクワガタ(50ミリ位)

こうして、今回の樹液採集は終了しましたが、結果的には私自身は成果がなかったものの、クワ友の1人が大歯型を採ってくれましたから、大成功だったと言えます。

まだ次もあるので、またの再会を誓いながらこの場を後にしました。

今回お世話になった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです・・・

また楽しみましょう

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: