今期3度目となる山梨県樹液採集・・・。

後輩君が、今期初樹液に行ったようです。成果はなかったとの事ですが、ここのところ毎シーズン大歯型を何頭か採集しているので次回はやってくれるでしょう・・・
彼もオオクワ初ゲットまではかなり時間を要しましたが、自力で樹液木を探して誰にも頼る事無く、頑張った結果ですから、そのスタンスは立派なものです。

さて、イチローがなんと35打席ぶりにヒットを打ったようで、こちらもビッグニュース?となっているようですが、あれだけの輝かしい成績を残してきている選手ですからね、でも、イチローの本当に凄いところは、自身の健康管理や肉体管理が並外れているというところではないでしょうか・・・。
これからも良いプレーを続けていってもらいたいですね。

それでは、先日の樹液採集の話です・・・。

例年ですと、この時期なら5~6回程は樹液採集に通っている山梨ですが、今シーズンはその半分くらいと少々出遅れ?ている感じもしますが、まあ、これが普通なのかもしれません・・・。
今回も天候が少々心配ではありましたが、出掛けてみると前回よりはいいみたいで、小雨で降ったり止んだりと言った感じです。

今回は、前回行けなかったポイントへのアタックとなりました。

雨のせいか昆虫の活動が鈍いと思いきや樹液木に集まって来ているものはそこそこ確認出来るようです。

まだ、全盛期の樹液の出具合が10としたら、現在は7~8くらいと言うところでしょうか・・・。

しかし、相変わらず樹液の匂いが強烈にするところは、それなりにしています。

この雨で、濡れた樹皮に樹液が流れているような状態でもカブトムシやカナブン・コクワガタといったいつもの常連さんは、やはりどこにでもお目にかかれます・・・

IMG_0131.jpg
雨天でもにぎわう樹液場

いくつかの気になるポイントを廻り、手応えがないままいつもはあまり入る事のないとあるポイントでの出来事だった・・・。

1本、また1本と樹液木をチェックしている時だった

樹液木の洞になにやら怪しい黒光りするものが・・・

オオクワだ~

IMG_0133.jpg
洞の奥の♀

それ程洞が深くなさそうなので、直ぐにデジカメで撮影しようとするが、なかなか上手くいかない・・・

何枚か撮った中の1枚がこの写真だった・・・。

IMG_0137.jpg
洞の奥の♀

樹液まみれと言うか泥まみれと言った方が良いのか?それ程時間を要さずに取り出した個体は、アゴの欠けた大きな♀だったのです。
サイズを測ると43,5ミリあり、越冬個体のようです。

IMG_0139.jpg
アゴの欠けた♀43ミリ

メスでもオオクワガタに出会えた事に大満足ですね・・・

勿論、メスは持ち帰る事はしませんから、この場にリリースし、オスの確認をしますがどこにもいません。

周辺には、怪しい樹液木もいくつかありましたが、探し出す事は出来ず、この場を後にしました。

さらに気になるポイントを廻って行きますが、手応えがなく午前中の部が終了となりました・・・。

さあ、ここで久しぶりに美味しいいつものラーメンセットを食べに行く事にした。

いやあ、いつ行っても込み合っていますが、味はいつもの如く絶品ですね・・・

腹ごしらえを終えて、ここからが本来の本命ポイントへのアタックとなりました。

と言っても、私の本命ポイントなんて大したものではありませんが、一応実績のあるポイントなので、今期初となるそこへ入って行きましたが、手応えがなく次のポイントへと移動する事に・・・。

なかなかお目に掛かれない本命ですが、やはり樹液場のこんな光景はいつ見てもいいですねえ。

IMG_0140.jpg
カブトムシ・カナブンたちでにぎわう樹液場

そして、今期新たに見つけた期待の樹皮捲れのある樹液木ですが、ここもかなり歩いてのチャレンジとなりました。

いやあ、状態はいいんだけど確認出来たものは、カナブン・コクワガタのみだった。

IMG_0141.jpg
期待の樹皮捲れ・・・その1

結構良い状態の捲れがいくつかあり、ポケットとなっている部分も怪しいので、念入りにチェックをします。

IMG_0142.jpg
期待の樹皮捲れ・・・その2

上下の写真は、同一の樹液木ではありますが、とにかくいい感じですね。

誰もここのポイントに入っているような形跡がないので、今後も時々時間のある時に通いたいものです・・・

この後も深夜まで採集を続けましたが、追加はなくタイムリミットとなり、終了となりました。

毎年、採集実績のある樹液木で複数採れるというのは、現在のところありません。
それだけに新しく樹液木を何本も探して行かなくてはならないと言うのが現状です。
たまに過去に採れた実績のある樹液木で採れる事もありますが、何と言っても採集者が多いこの地域では、ただ実績のある樹液木を丹念に廻るだけでは厳しいと言えます。
ですから、常に新しく期待出来る樹液木を探す事で、新しい発見が出来ると感じます。
この樹液木探しを怠ると、採集出来なくなるのも時間の問題なのかもしれません。
特に私のような下手なレベルには、そうした努力が必要不可欠だと思っていますから、採れなくなったのを環境が悪くなったせいであるとは言いたくないのです。
勿論、今の自分に欠けているものもある程度理解はしていますが、何と言ってもなかなか採れないのがオオクワガタですから、採れた時の感動を味わうために今後もオオクワ採集を楽しんでいきたいものですね・・・

     終わり・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: