今期初ゲットとなった悪天候の中での樹液採集・・・。

MLBヤンキースのマー君ですが、なかなか調子が上がらない中、ようやく復調の兆しが見えてきたようです。
次回こそ勝利に結び付けてもらいたいものです・・・。

今週末は、クワ友達があちこちで奮闘しています。それぞれが苦労した経験を活かしながらの採集をしているので、こちらも充分な刺激をもらっているし、勇気も与えられている次第です。
沢山の採集報告を貰う度にやはりオオクワガタ採集っていいなあと感じる今日この頃ですね・・・

さて、それでは、先日の採集記です・・・。

天気予報は、生憎の雨でしたが、なんとか樹液採集をしたいとの思いで、気持ちは山梨県へと向いていた。

それでも、悪天候は色々なデメリットがありますから、一応降水確率が低くなる時間帯を目指して、地元静岡県を土砂降りの中、現地へと車を走らせたのです・・・。

現地へ近くなるにつれて雨が次第に弱まり、韮崎入りした頃には小雨に代わっていたので、これならなんとか出来そうだと思い、ポイントへと車を走らせる事にしたのですが、なんとそこはガスっていて視界が悪い上に下草が濡れていたので、移動する間に衣類が濡れてしまっていた。

本当は、雨具を着用して行けばいいだろうとも考えましたが、やはり動き難いという点から何もせずにアタックする事にした。

木々は雨で濡れていたものの、樹液の匂いはしっかりとしていたので、その匂いを頼りに樹液木のチェックをして行った。

すると赤々としたノコギリクワガタの姿を発見

IMG_0110.jpg
ノコギリクワガタ

やはりクワガタの姿は絵になりますねえ・・・。

1本1本チェックをして行きながら、目的の林へと向かった。

途中、方角が分からなくなりそうな地形をただ勘を頼りにボサを掻き分けながら進んで行くと、ようやく見慣れた風景に出くわす事が出来た・・・。

よ~し、ここだな

実は、このポイントの樹液木は冬場に見つけておいた期待の樹洞があり、それらを含めてチェックしたい樹液木が数本あったので、このシーズンが来る事を心待ちにしていたのです。

気になる1本、そしてまた1本とチェックしていくと、怪しい樹洞には、コクワガタやその周辺にもノコギリクワガタもいて、なかなか雰囲気が良さそうです・・・

そして、期待していた樹洞の一つを覗き込んだ時だった・・・。

おお~、オオクワいたぞ~

目の前には洞の入り口付近で樹液を吸っていると思われるオオクワガタの姿があったのです・・・

モタモタしていたら、洞の奥へと逃げられてしまいそうだったので、直ぐに手持ちのロングピンセットでブロックをしてから少しづつ手前へと引き寄せてから左手でガッチリと掴んだのです。

直ぐにデジカメでその樹洞を撮影しましたが、雨と樹液でべっとりと濡れた入り口付近は流石に雰囲気があります。

IMG_0111.jpg
奥行きのある樹液べったりの樹洞

そして、今期初ゲットとなった中歯型個体を手のひらに載せて撮影・・・。

やった~~

やはり、この瞬間がたまりませんね。

IMG_0116.jpg
♂53ミリの中歯型個体

やれやれと思いながら、もう一度樹洞の中を見てみると、洞の奥にもう1頭いるではないですか・・・

急いで掻き出し棒を使って悪戦苦闘しながらも入り口付近へと誘導し、そこでロングピンセットの先でしっかりとブロックしたところで、ようやくこの写真を撮る事が出来たのですが、いやあペアゲットとなって幸先良いスタートとなりました・・・

IMG_0117.jpg
樹洞入り口付近でブロックした♀41ミリ

この後、♀41ミリは、この場でリリースし、採集の続きをやるものの、コクワガタとノコギリクワガタの姿を確認したのみで、すっかりと辺りは暗闇に包まれていた。

近くには、鹿の鳴き声が響き渡り、目と鼻の先にいるような気配を感じた・・・。

こんなところで、イノシシとバッタリ出会うのも危険なので、ひと段落したところで車に戻る事にしました。

いやあ、途中で方向感覚がわからなくなりそうでしたが、どうにかボサの中を進み、ようやく車に戻った時には、上下の衣類がずぶ濡れ状態となっていた・・・

いやあ、参ったなあ・・・。

でも念願の今期初ゲットだから、もうこれで充分満足です。

しばらくは、車の中で暖をとりながら休憩し、次のポイントへと移動する事にした。

まだ時間はたっぷりとあるので、もう無理はせずに気になる樹液木を1本1本チェックして行く事にしたのです。

すると今日の悪天候の関係で、なかなか見られなかったカブトムシが樹液を吸っていました。

IMG_0119.jpg
樹液を吸うカブトムシ

いつもそうですが、このカブトムシの樹液を吸う姿は、やはり絵になりますね・・・

とあるポイントでは、樹洞の入り口付近がきれいになっており、何者かが出入りをした形跡があったものの、その主を確認する事が出来なかった。

この後は、あちこちを廻れど手応えがなく、以前一度だけオオクワガタを採った事のあるポイントへと行ってみると、なんとそこには見間違える事のないオオクワガタの♀の姿があったのです。

写真を撮る間もなく、直ぐに手で掴みサイズを測ってみると小型の♀33ミリだった。

IMG_0127.jpg
♀33ミリ

このメスもその場でリリースし、予定時間までの2時間あまりを次のポイントへと移動する事にしました。

今日は、こんな天候だから採集者と出会う事もなく、1人のんびりと採集を楽しむ事が出来た。

そして、とあるポイントへ向かった先で、この時期特有のメスの産卵坑道を掘っている姿を目にする事となったのです・・・。

IMG_0128.jpg
産卵坑道を掘っている♀

その♀をそっと取り出してサイズを測ってみると、見た目には40ミリはある大きさだろうと思いましたが、実際には39ミリとごくごく普通のサイズでしたね。

産卵途中と言う事もあり、そっとその場にリリースした後、この場を後にしました。

IMG_0130_20150702202322999.jpg
♀39ミリ

そして、この後も気になる樹液木のチェックを行いましたが、追加はなくタイムリミットとなりました。

いやあ、悪天候という事もあり、本当に疲れましたが、気持ちは心地良かったですね・・・

採れない事の方が多い樹液採集ですが、やはり自身の足で歩いて探した樹液木であるからこそ価値があるわけで、実際に1本の採れた樹液木を探す事自体大変なのです。
私以上に苦労されている方々も大勢いるし、また多くの採集実績を挙げられている方々も沢山いますが、やはりこれまでに苦労を重ねた分、現在の自身があるものと思っています。
実際には、まだまだ経験の浅い私ではありますが、下手は下手なりに努力すれば結果はいつか成果となって現れますから、今後もマイペースで楽しみたいと思いますね・・・

     終わり・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: