樹液採集とポイント探しの遠征・・・。

今日は、MLBヤンキースのマー君が怪我から復帰の2戦目を7回(87球)被安打5、奪三振6、無四球、自責点1で2連勝となり、4勝目(1敗)を挙げましたね・・・
しかも、防御率も2,48になり、制球力も抜群のようでした・・・
ヤンキースも東地区の首位を走っているし、このまま怪我のないように頑張ってもらいたいところです。

さて、樹液採集のシーズン入りとはなりましたが、各地では梅雨入りしているところが多く、これから梅雨明けまでの間ハッキリしない天候が続きますが、時間のある時に採集を楽しみたいと思いますね・・・。
そんなわけで、今回は、私自身10府県目となる樹液採集へと出掛けて来ました・・・

ひょんな事からクワ友になった方と採集のお誘いがあり、某地域へ出掛ける事となりました。
知り合ってから、かれこれ1年位になりますが、ひじょうに真面目な方でなにより私同様クワバカなところが共通点でしょうか・・・
その間、一度私自身探索に出掛けたものの、ひじょうに厳しかったですが、それなりに楽しめた採集でした。
そして、今回は彼のお仲間ともお会いする機会があり、色々と参考になるお話を沢山聞く事が出来ました。

いよいよ長旅の始まりです・・・。

高速道は、途中少々の渋滞があったものの、ほぼ予定通りに現地着となり、休憩をしているとクワ友の到着です。
ここで、簡単に挨拶を済ませ、早速レア産地の探索へと向かった。

途中雨に降られもしましたが、いくつかのポイントをチェックして廻ったものの、厳しい1日となりました。

あっと言う間の初日でしたが、彼と夕食を共にし、クワ話で盛り上がったところで、長旅の疲れを癒すために早目の休息となった。

そして、2日目の朝は、梅雨の時期らしく朝から雨が降り続き、この日もレアなポイント探しを試みたものの、やはり厳しい結果となったのです。

ただ、この日合流したクワ友の2人も加わり、ひじょうに賑やかなものとなりましたが、厳しいながらも良い雰囲気のところを案内してもらい、今後に期待を持たせてくれましたね。

晩は、やはりクワバカな面々で面白い話がポンポンと飛び出し、大いに笑わせてもらいました・・・

そして、いよいよ最終日ですが、この日は雨も上がり、曇り空ではありましたが採集には全く影響がないようです。

今回、クワ友の計らいで、ポイントを大きく移動して貴重な樹液ポイントを案内して頂く事となった。

これには、私自身も驚きましたが、遠方から来た私のために色々と気遣いをしてくれたようで、クワ友達には感謝の気持ちでいっぱいです・・・。

この場を借りて本当に有難うと言いたいです・・・

さて、ポイントを大きく移動してから、ここでも探索をしながらの樹液木のチェックをさせてもらいましたが、本当に良く通っているなと感じましたね。
それに樹液木を本当に大事にしているし、地元の方とも良く話をされて樹液木のチェックをさせてもらっている姿に感銘を受けました・・・。

そんな貴重なポイントを私に案内して頂けたので、私自身も別の形で恩返しをしたいものですね。

さて、そこからさらに大きくポイント移動したところで、今度はもう1人の樹液採集のスペシャリストH氏とお会いする事となった。
ジーパンにTシャツと言う格好ですが、この後、彼の凄さを目の当たりにする事となったのです。

気の優しい感じの方ですが、一旦樹液採集へとギアチェンジすると豹変?するらしいのです・・・

いくつかのポイントを廻った後、彼の御神木へと向かい、そこで素晴らしい樹液木を拝見する事となった。

この地域にもかなりヒラタクワガタの数が多く、聞くところによればヒラタ200に対してオオクワが1であるとかで、この数字も凄いなあと感じつつ、私がホームとしている山梨県では過去10年間でもヒラタを5匹くらいしか目にしておらず、その地域差の違いに驚かされた。

しかし、この御神木はオオクワのみが付く樹液木らしく、めったにヒラタの姿を見ることがないというのです・・・。

ヒラタとオオクワの棲み分けが出来ているのでしょうね、オオクワガタは数多い山々や雑木林の中から、樹液木を選んでそこに棲んでいるのだと思うと、その樹液木を探し当てるクワ友達の並々ならぬ努力に基づいた行動力には感心させられました。

そして、歩きながらようやく辿り着いた先には、輝きを放つ御神木の姿があったのです・・・。

IMG_0088.jpg
昨シーズン5頭を確認したという御神木

おお~、これは雰囲気がある

しかも薄っすらと樹液の匂いが漂っている・・・。

太いツタの絡まる裏表の部分にオオクワガタが入っているらしいのですが、まずは木登りの得意なH氏がスルスルと高所の部分へと上っていった・・・。

IMG_0090.jpg
ツタの絡まる好条件の御神木

そして、樹皮捲れ部分を覗き込むと・・・!?

おった、おった~

どうも話の内容から中歯型のペアとの事ですが、♀は直ぐに隙間の奥へと逃げられてしまい、♂の方は掻き出し棒で格闘中のようです。

しばらくして、取り出しに成功し、1頭採ったところで下に落とされたものは、♂61,5ミリの大歯型の新成虫のようです。

IMG_0092.jpg
♂61,5ミリの大歯型

素晴らしい美形個体ですね・・・

続いて本邦初公開となるO教官の登場です・・・

彼も私同様クワバカなのですが、身軽でスルスルと高所へと上っていきました。

裏表の樹皮捲れの隙間のチェックをしたものの、入り口が狭くて奥行きのある構造の一番怪しい部分はどうしようもなく、追加を得る事は出来ませんでした。

内部がきれいで、何度も出入りしているような感じなので、きっと内部には入っていると思われますが、断念せざるを得なかった。

私も高所への木登りのチャレンジをしましたが、残念ながらこのヘッポコには無理でした・・・

IMG_0093.jpg
御神木の裏側部分をチェックするO教官

いやあ、それにしてもO教官の姿は絵になりますねえ・・・

この後も何ポイントかを案内頂きましたが、本命の姿を見ることは出来ませんでした。

しかし、S君のこの持ち歩いている虫かごも懐かしい感じがして良かったですねえ・・・。

IMG_0097.jpg
なぜか虫かごの中には多数のヒラタクワガタに混じって1頭のオオクワガタが・・・

今回お世話になった皆さん、ひじょうに楽しいひと時を過ごす事が出来、有難うございました。
地域は変われど一生懸命にオオクワガタ採集に打ち込んでいる姿は実に良いものです。
私にとっては、とても良い経験をさせてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。
また次回お会いする時を楽しみにしております・・・

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: