感動の1本の材に出会うために・・・。

2月になったと思ったら、あっと言う間に中旬です。
本当に月日の経つのが早いなあ・・・。
今シーズンが始まって、既に中盤戦となった材割り採集ですが、私自身もクワ友達もマイペースで楽しんでいます。
採集報告などを聞いていますと、各地で皆さんが採れた採れないは別として楽しんでいる姿がいいですね・・・
今シーズンも、早速樹液シーズンになったら期待大と思える樹液木を既にいくつか見付けていますが、これが私にとっては重要な事なので、まだまだ頑張って探したいですね・・・

さて、それでは、先日クワ友と共に出掛けて来た時の話です・・・。

これまで、山梨県においてはいくつものポイントを歩いて廻っていますが、基本的に同一ポイントには入らずに幅を広げた広範囲に渡る探索をも行っているものの、なかなか厳しいのが現状です。
勿論、これまでにも採った残りが朽ち木に入っているケースもあるわけで、このブログを見ている方々もご存知の事だとは思いますが、その採り残しがたとえ誰かにチェックされたとしても、それはそれで仕方のない事・・・。
私自身の土地でもなければ、規制されているわけでもありませんからね。
要はみんなで楽しく趣味を満喫出来ればよいことだし、そのために後々の事まで考えた採集をして行くべきだと考えます。
その後々の事まで考えた採集と言うのは、採集を多く経験して行く中で理解出来て来るものであると考えますから、あえてここでは触れませんが、ベテランと呼ばれている方々が現在に至るまでの間に何を感じて来たかを問えば、その中の1つでも2つでも答えてくれるでしょう・・・。
この話の続きは、またの機会にするとして、採集記に話を戻しましょう・・・。

今シーズンの私自身は、それ程採集には行けていませんが、やはりホームである山梨県の新規ポイントを探すべく、単独及びクワ友との採集をしていますが、今回はそんなわけでクワ友と一緒に行動する事となった。

最初に向かった先は、これまで殆んど足を踏み入れたことのないポイントでしたが、朽ち木はチラホラあるものの、全く手応えなし・・・。

それから2ポイント、3ポイントと移動するものの、朽ち木が少ないので見切るのも早い・・・

いやあ、ここは標高が高いからちょっと難しいかなあと思えるポイントにも足を運びましたが、見事に手応えがありません。

まあ、新規ポイントを探すと言うのはこんな繰り返しですから、諦めずに次のポイントへと移動します。

途中、昼休憩を入れながらさらに頑張るものの、手応えのないままもう既に15時を廻り、クワ友にも手応えがない様子・・・。

しかし、まだ諦めるには早いし、もうひと踏ん張りしないとなあ・・・。

そうこうしている時だった・・・。

目の前にオーラを放つ1本の朽ち木が姿を現したのです。

勿論、全くの手付かずでしたが、遠目から見ても朽ち木には見えず、キノコも寄生していない。

しかし、何となく感じるものはあった。

そして、いくつか怪しい部分をチェックした後にここはと言う部分に斧を入れる。

すると、次の瞬間、キメの細やかな太い食痕が姿を現した。

これは来たかもよ~

DSCN2288.jpg
極太食痕

クワ友に声を掛け、こちらに来てもらうと・・・。

友「KAZUさん、これは確定でしょう

私「間違いないよねえ・・・


このしばらく削ってからついに3令幼虫が姿を現した・・・。

DSCN2287.jpg
最初に出た3令♀(体重7,4グラム、頭幅9,4ミリ)

写真を撮り終えた後、さらにもう1本の食痕を追い掛けて行くと、その先で蛹室内のメスの姿がありました。

いやあ、成虫だよ~

DSCN2289.jpg
蛹室内の♀

取り出してサイズを測ると36,5ミリだったので、ちょっと小ぶりかな・・・。

しかし、成虫はほんと可愛いなあ・・・

DSCN2290.jpg
オオクワガタ♀36、5ミリ

さて、ここでクワ友と交代してチェックしてもらう事にしました。

すると極太食痕だった事から、多分♂がいると思われる・・・。

しばらくして、12グラム程の3令♂が姿を現し、見事にゲットした後も堅めの部分を食い進んでいた極太食痕を追い掛けたものの、期待したその先には大型と思われる3令の死骸があったのです・・・。

いやあ、本当に残念

クワ友が時間を掛けて追い掛けていただけに不運としか言いようがありません。

今度は私がチェックする事になり、これらがいた部分の下部を慎重に追い掛けていると、その先でポコッと穴が開き、そこにはかなり大きな3令の姿がありました。

友「KAZUさん、これはデカイですよ~

私「でも14~15グラム位じゃないかなあ・・・。」

友「いやあ、17~18グラムはあると思いますよ~

私「そんなにあるかなあ~


DSCN2293.jpg
姿を現した大物

いやあ、顔を近づけて良く見てみると、なるほど大きく見えるなあ・・・。

DSCN2296.jpg
オオクワガタ♂(体重18グラム、頭幅11,4ミリ)

写真を撮り終えてから、取り出して体重を量ったところ、18グラムありました。

やはり、この位の大きさになると迫力がありますね・・・。

さらに縦横無尽に走る3令の食痕が確認出来たので、この後クワ友に再度チェックしてもらう事にした。

それにしても凄い食痕である・・・。

DSCN2299.jpg
縦横無尽に走る3令の食痕

期待してこの食痕を追い掛けてみたものの、死骸の3令の食痕と18グラムの食痕だと言う事が分かり、この後の追加はなく終了となりました。

この後も探索をしましたが、追加はなく日没となったところで終了となりました。

DSCN2301.jpg
今回の成果(♀36ミリ、3令♀、3令♂)

クワ友と2人でようやく見付けた1本の材でしたが、この1本がひじょうに価値あるものとなったのは言うまでもありません。
今後も新規ポイントを見付けるためにマイペースで頑張っていこうと思いますね・・・

     終わり・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: