久しぶりにクワバカトリオでの採集・・・パート2。

いやあ、寒くなりましたねえ・・・
今朝の我家の部屋の温度が5℃だったので、今夏以降では一番の冷え込みだったかもしれません。
いずれにしても、寒がり屋の私にとっては、これからの季節は厳しいですが、頑張らないとね。

それでは、採集記の続きです・・・。

ポイント移動した先で、テクテクと歩いていると立ちふさがるボサに悪戦苦闘しながらも、その先の景色が見たくてついついその先にあるかもしれない朽ち木を探し当てたくなる採集者としての本能なのだろうか・・・。

無駄な事かもしれないと分かりつつ、でもひょっとしたらあるかも知れないと言う少々の期待感があり、ボサを掻き分けながら進んでいくと、若干樹層が良い感じである・・・

そして、1本の何の変哲もない○○のカワラ材が気になり、ちょこっと気になる辺りをチェックしてみたところ、なんと食痕だまりの中に明らかにそれと分かる幼虫がいるではないですか・・・

DSCN2096.jpg
切り株のカワラ材

いやいや、驚きましたねえ。

でもここの地域にいると言う事は、近くに樹液の木もあるわけですから、これで夏の楽しみが増えた事にはなるのですが、ところがどっこい夏場にここへ来る事自体まず厳しいところなんですよ。

ですから、今後もあまり無理しないようにマイペースでやるしかありません。

さて、そんなわけで、色々と考えながら写真を撮ったところで、この1頭を取り出し、それ以上は削らずに残す事にしましたのです。

DSCN2097.jpg
オオクワガタ初令幼虫

そして、この先も探索したものの、良い朽ち木は見つからず、樹液痕の残る面白そうな木を見付けたので、これで良しとしました・・・

そうこうしている内にだいぶ時間も経ったので、午前中の部を終えて遅めの昼食休憩をする事にしたのです。

いやあ、いつ来てもここのラーメンは美味しいし、セットメニューは格別です・・・

DSCN2099.jpg
昼食は、なじみの店でラーメンセットを注文(チャーハン、モツ煮丼、チャーシュー丼)

いやあ、どれもこれも美味しそうなんですが、私はいつものチャーシュー丼のセットにしました。
さあ、3人お腹を満たしたところで、いよいよ午後の部のスタートです・・・。

まずは、地主さんを知っているポイントがあるので、ご挨拶をしてから承諾を得たので、そこのポイントへと移動する事にしました。

ここもなかなか雰囲気が良いのですが、何本かの朽ち木をチェックしたものの、手応えがなく次のポイントへと移動する事にしました。

そこのポイントは、クワ友の1人がどうも気になるらしくて、それならそこに行こうと言う事になり、ちょっとばかり移動した先にあるのですが、そこへと向かったのです。

私自身も知っているポイントではありましたが、過去に採集した実績のないところであり、面白そうだなあとは感じていたのですが・・・。

ポイントに到着してから、早速朽ち木探しが始まった。

良材はあるものの、なかなか手応えがなく、1時間以上が経過した頃だった。

ある部分枯れした怪しいところにチェックを入れた途端、1本のギッシリと詰まった堅めの太い食痕が姿を現したのです・・・。

おお~、これは来たかな~

その太い食痕は、1本でしたが、その堅い材質部分の奥へ奥へと食い進み、ひじょうに追い掛けていくのが難しい状況だったものの、何とか小道具を使いながら削っていくと、その先でポコッと穴が開いたのです。

そして、その部分を覗き込むと、間違いのないプリプリっとした尻が確認出来、この瞬間に100%の確信に変わったのです・・・

よ~し、オオクワだ~

DSCN2100.jpg
3令の食痕と3令幼虫

写真を撮ってから取り出しに掛かる。

どうかオスであって欲しいと言う期待感はありましたが、残念ながらまあまあの大きさのメスだったのです。

でも、ここの地域での初ゲットですから、欲を言えばきりがないですからね・・・。

DSCN2131.jpg
3令幼虫♀(体重8,0グラム、頭幅8,6ミリ)

採れた事には大満足ですから、これでOKです。

朽ち木に1頭だけと言うのは、珍しい事ではないので、ここで見切りをつけて次の材探しをしていると、クワ友が林の向うからやって来た。

友「カズさん、向うにちょっと面白いところがあるので来て下さい

私「了解、じゃあ行ってみようよ


するとそこには、なんとも怪しげな朽ち木が何本か確認出来たのです。

かなり前方にはボサが生い茂り、進み辛い状況でしたが、なんとかそこに到着し、何本かの朽ち木をチェックしていくと、案の定いい感じである・・・。

私「ここならオオクワ出そうだねえ

友「そうですよねえ、雰囲気は抜群ですねえ


何本かをチェックした後、1本の朽ち木をクワ友がチェックした時だった。

友「カズさん、これは来たでしょう

私「おお~、これは来ましたねえ・・・


DSCN2103.jpg
3令の極太食痕

その部分を慎重に追い掛けていくと、直ぐに3令幼虫の姿が確認出来たのです・・・。

私「どう?♂♀どっちかなあ・・・

友「多分、♀だと思います

私「それにしても丸々としているねえ・・・。」

友「そうですねえ・・・。」


DSCN2105.jpg
姿を見せた3令幼虫♀

写真を撮ってから取り出してみると、やはり丸々としたメスでした。

この3令は、体重・頭幅共に平均以上の大きめのものだっただけにこの後出て来るであろうオスの存在が気になるところです。

DSCN2107.jpg
3令幼虫♀(体重8,0グラム、頭幅9,2ミリ)

そして、いよいよこの奥にいるであろうオスの正体を確認するためにクワ友の割り出しが始まったのです・・・。

しばらく食痕を追い掛けていくと、その先でポコッと穴が開き、廻りを取り払ってしっかりと見たところ、立派な3令のオスですね・・・

DSCN2110.jpg
3令幼虫♂(体重13,1グラム、頭幅10,8ミリ)

取り出してみると体重13,1グラム、頭幅10,8ミリであり、まあまあの大きさです。

これなら成虫になっても60ミリは充分に超えるものとなるでしょうね。

この後、もう1人のクワ友に替わってちぇっくしたところ、もう1頭の3令♀が出たところで食痕が消え、ここで終了となりました。

時間もいつの間にか19時を過ぎ、ナイターとなっていましたが、ちょうど区切りがいいので、ここで1日目の採集を終える事になりました。

今日の成果は、採集数はともかく5本の材からゲット出来ましたから上出来です・・・。

車に戻り、着替えをしてから、いつものファミレスで夕食兼反省会を行い、楽しいひと時を過ごしました・・・

仕事の都合で日帰りのクワ友と別れ、私たちは明日に備えてホテルで休養する事にしたのです。

     つづく・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: