久しぶりにクワバカトリオでの採集・・・パート1。

最近は、寒さが増して来ましたね・・・。
こうなると、オオクワ採集であちこちを歩き廻るのも汗をかかなくて済むので、本当に動きやすくて最適です・・・
11月は、連休などもあって多くの採集者があちこちで材割り採集を楽しんだようですが、私たちクワバカトリオも先日久しぶりに日程が合い、ホームグランドへと出掛けて来ました。
今回は、クワ友と久しぶりに2日間を楽しんで来ましたが天候には恵まれませんでした・・・(1人雨男がいるので・・・
と言っても、クワバカな面々には別に関係ないのですが、やはりちょっとばかりやり難さはありましたね・・・。

そんなわけで、現地集合をして待っていると1人のクワ友が姿を見せ、挨拶を交わした後、もう1人のクワ友の姿が見えないので、一応連絡してみると・・・???

ええ~、朝寝坊だって~

いやあ、こればかりは仕方ありません・・・

先に採集を始めていて下さいとの事なので、クワ友と2人で1ポイント目に入り、怪しい感じのする材をチェックして間もなくすると、2令の食痕が姿を現し、その先で間違いのない幼虫が姿を見せたのです。

手にとって確認すると間違いありません・・・

DSCN2076.jpg
オオクワガタ2令幼虫

幸先良いスタートで、クワ友と交代しながらチェックしていく・・・。

採集を始めて1時間以上が経った頃、充分に睡眠をとってやる気満々の彼から連絡が入ったので、現在居る場所を教えて合流する事にした。

流石にこの地域のあちこちを歩き廻っているせいか、さほど説明するまでもなく、直ぐに合流する事が出来たのです。

私たちは、ある程度採集したので、今度は元気印の彼にチェックしてもらう事にした。

私「さあ、やって下さいよ!」

友「それじゃあ、お言葉に甘えてやらせてもらいます!」

私「どうぞどうぞ!」


この朽ち木の状態からすると、半分以上が育つ事無く死んでしまうような状況であり、ポロッと取れた破片からも2令・3令が次々に姿を現したのです。

DSCN2083.jpg
オオクワガタ2令幼虫

さらに多数の幼虫が過密状態の中で確認されましたが、全部は削らずに後は残す事としました。

しっかりと後片付けをした後、さらに3人で別れての材探しを行う事になった。

DSCN2086.jpg
オオクワガタ2令幼虫

しばらく材探しをしていると、いかにも怪しげな胴枯れ材を見付け、チェックをしてみると直ぐに3令らしき太い食痕が姿を現した・・・。

これはもしかすると・・・

すると、案の定その先にメスの成虫の姿があったのです・・・

DSCN2087.jpg
オオクワガタの食痕と♀成虫

いやあ、これには驚きましたが、まだ入っている可能性があるので、クワ友に成虫が出たことを伝え、こちらに来てもらう事にしました。

DSCN2089.jpg
蛹室内のオオクワガタ♀成虫

写真を何枚か撮った後、サイズを測ってみると36ミリと小型ではありましたが、やはり新成虫はきれいですね・・・

DSCN2090.jpg
オオクワガタ♀36ミリ

こうなると、メスの成虫が出れば後は3令のオスと言う事になる可能性が高いので、続きをチェックする事にした。

そして、もう1本の食痕を追い掛けていると、しばらくして3令幼虫が姿を現したのです。

DSCN2091.jpg
3令幼虫の食痕と3令幼虫

いやあ、これなら間違いなくオスでしょう

DSCN2092.jpg
オオクワガタ3令♂

写真を撮り終えてから幼虫を取り出してみるとそれ程大きくはないようですが、まあまあの頭幅ですから飼育が楽しみですね・・・

DSCN2094.jpg
3令幼虫♂(体重10,0グラム、頭幅10,7ミリ)

そして、この後をクワ友に代わってもらい、続きをチェックしてもらうと新たに3令2頭を追加しました。

後でクワ友に話を詳しく聞いたところ、取出しがかなり難航したとの事でしたね。

オオクワガタは、1頭採集するのに1分も掛からない場合もあれば、何時間も掛かるケースもあり、そこが面白いところでもあるのです。

さて、まだまだお昼まで時間がたっぷりとあるので、ポイント移動しながら探索をする事に・・・。

DSCN2130.jpg
部分枯れから採集したペア

今までで朝一でゲット出来ると2本目がなかなか当たらないケースもあったんですが、この日はこの後も色々なドラマが待っていたのです・・・。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: