今期ラストとなる樹液採集・・・。

今日のアジア大会の注目すべきは、女子卓球団体戦決勝の日本対中国でしょう。
私自身、卓球と言う競技が大好きなのですが、これまで女子に関しては中国が圧倒的に強く、日本・シンガポール・韓国は2番手争いをしていると言う状況で、最近若手が急成長している日本にとっては、今回の中国戦でどれだけやれるかが注目でした。
いつも善戦しながらも0対3のストレート負けをするのが現状でしたが、今回は違いましたね。
ベテランの平野さやかの代わりに14歳(中学2年)の平野美宇を起用した福原・石川・平野の布陣で臨み、第1試合の福原が世界ランク2位の丁寧に3対1で勝利すると、2番手が石川と世界ランク1位の劉詩文との戦いとなった。
1ゲーム目で石川が11対3で簡単に取ると、中国はこの場面で”やばい”と思ったに違いありません。
しかし、ここからの中国はやはり強く、3対1で逆転勝ちをすると続く平野美宇が0対3のストレートで敗れ、4番手の石川も0対3のストレートで負けてしまい、終わってみれば中国がセットカウント3対1で勝利・・・。
やはり中国は強かった
しかし、おそらく6年後の東京五輪では日本のエースとなるであろう現在14歳の平野美宇を団体戦の決勝戦で起用した監督采配は、立派だったと思いますね。
実際にストレート負けをしたものの、随所に非凡なプレーが見られ、団体予選でも3試合全てストレート勝ちをするなど彼女がこれから6年間どのように成長していくかが、ひじょうに楽しみですね。
それにしても、堂々の準優勝ですから価値がありますね・・・
これまで数々の感動の場面を与えてくれたアジア大会ですが、まだまだ注目する競技が多数ありますから、今後も目が放せません・・・

さて、それでは今期ラストとなる樹液採集記です・・・。

今期の樹液採集は、9月いっぱいで終わりにしようと思っていましたが、ここのところ連敗続きでなんとしても有終の美を飾りたいと言う思いで、ラスト採集へと出掛けて来ました。

もう一度♂の姿を見たいとの思いで、これまで一度も足を踏み入れたことのないエリアに行ってみようと考えていたのです。
まずは、今期期待していたポイントから攻める事にした。

相変わらず樹液の出はいいし、雰囲気も良かったですが、確認出来たのはやはり大小のコクワガタたちだった。

DSCN1974.jpg
怪しい感じの樹皮の割れ目

今期見付けた○○の樹液木もタイミングが良ければいつ入っていても不思議ではない状況でしたが、期待して洞の中をチェックすると、コクワガタの姿があっただけだった・・・。

DSCN1976.jpg
状態の良い洞

途中、ボサの中を進んでいくとチクリン(私が勝手に名づけたもの)があるのに気が付かず、身体のあちこちに鋭いトゲが突き刺さってしまい、上半身裸になって衣類と身体に突き刺さったトゲを抜いたのです。
幸いにも直ぐに気が付いたので、身体にはそれほど突き刺さりはしなかったものの、衣類にはかなりの数(100前後くらい)が刺さっており、手で払って抜けるようなものではないので、1本1本目を凝らしながら抜いていったのです・・・

DSCN1978.jpg
この実のトゲには要注意!

さらに期待していた樹液木には、なんとスズメバチの巣が作られており、近くによる事も出来ずに断念・・・。

今期は、かなりのスズメバチの巣を確認していますが、例年より多いように感じますね。

DSCN1979.jpg
スズメバチの巣

そして、成果の出ないまま時間が経過し、今回初めて入るエリアでの出来事だった。

ここは、夏場になるとボサが生い茂り、足元も良く見ないと段差やらなにやらで転倒しかねないので、注意をしながらボサヲ掻き分けながら前へと進んで行った。

途中、イノシシが通行していると思われる獣道もあり、遭遇しない事を願いながら進んでいったところ、ようやくクヌギ林が見えて来た。

それほど立派な木はなさそうですが、樹液の匂いがする方向に行ってみると、そこには樹液を吸っているコクワガタの姿がありました。

これもいつもの風景ではありますが、何本かをチェックした後、ふと1本の樹液臭のする樹液木の樹皮の隙間を見た時だった・・・

オオクワだ~

DSCN1989.jpg
樹皮の隙間に潜むオオクワガタ♀を発見!

そこには、樹皮の隙間に上肢の一部が見えているオオクワガタのメスの姿がありました。

直ぐにデジカメを出して撮影し、撮り終えてから取り出そうとした次の瞬間、樹皮の隙間部分からその奥にある縦長の洞の奥へとスルスルと逃げてしまった。

そして、しばらく時間が掛かったものの、無事にメスをゲット

DSCN1992.jpg
オオクワガタ♀37ミリ

サイズを測ると37ミリでしたが、取り出した洞の奥に♂がいるかもしれないと思い、再度ライトや掻き出し棒等で確認したものの、♂の姿を確認する事が出来なかった・・・。

DSCN1994.jpg
オオクワガタ♀37ミリ

次回ここに来た際には、ペアでいてくれる事を願ってその場にリリースし、続きを探索しましたが、オオクワの姿を確認する事は出来なかった。

辺りはすっかりと暗くなり、途中で足元を確認しながら車に戻ってみると、そこにはどこかで見たような人影が・・・。

誰だろうと思いながら近づくと、なんと○○さんではないですか・・・  

まさかとは思いましたが、クワ友にゲットされてしまい、その場で色々と話をしながら、クワ友が採集していたオオクワも見せて頂きましたが、流石ですね・・・

しばらく話した後、クワ友と別れてちょっとだけ気になるところを探索した後、ゆっくりと帰宅したのです・・・。

結局、今回は♀のみで、♂の姿を確認する事は出来ませんでしたが、自分なりの目標は達成する事が出来たし、今期はこれで終了する事としました。

まだ、樹液採集は可能ですが、ここで一区切りとし、10月からはブナ帯を含めた材割り採集へと移行です。
クワ友たちは、まだ樹液採集をするようなので、仲間の採集が終えたところで、今期の樹液採集を振り返ってみたいと思います。

さあ、来月も頑張ろう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: