今期11度目となる樹液採集・・・パート1。

今回は、3日間の予定で樹液採集へと出掛ける事になった。
確か昨年度もこの時期に3日間の予定で樹液採集を行い、クワ友達を含めてまあまあの成果を挙げる事が出来、クワ友との再会やらで盛り上がった3日間だったように記憶している。
今年は、どんなドラマが待っているのだろうかと、クワ友との再会も含めてひじょうに楽しみな3日間であった・・・
ただ、現地で合流して一緒に採集すると言うものではなく、あくまでも採集は別々に行うのが基本で、個々に思い思いのポイントで奮闘しながら楽しむ事を目的としています。
私自身、年齢的にも徐々に体力が落ちて若い時のように無理が出来ない状況にはなっていますが、出来る範囲での新規開拓を行い、守りに入らないで攻める気持ちを忘れないようにと思っているんです・・・。

さて、それでは採集記です・・・。

         ・・・<1日目>・・・

今回の採集も朝一からではなく、ゆっくりと午後から始める予定で、まずはクワ友とファミレスで待ち合わせをして昼食休憩をしながら、1年ぶりとなるクワ友を交えての再会は、ひじょうに有意義なものとなりました・・・

そして、前日から樹液採集をやっていたクワ友の採集した♂54ミリ中歯型を拝見しましたが、いやあカッコイイなあ・・・

DSCN1915.jpg
クワ友の採集した♂54ミリ

いやあ、凄いですねえ、彼も苦労人なんで、この1頭の価値がどれ程のものなのかは理解出来ます。
彼には、いつも勇気をもらい、励まされているので、私としても応援しているし、また考え方も似ているんです。

そんなわけで、充分な昼食休憩を取った後は、クワ友と別れての別行動となりました。

まずは、今期一度来てはいますが、久しぶりとなるポイントです・・・。

樹液木は少ないなりにもなかなか良い雰囲気ですが、なかなか手応えがありません。

それでも歩きながらポイント内を移動して樹液木のチェックをしていきますが、これは怪しいなあと思える樹洞には、カブトムシやコクワガタが入っており、手応えがない。

そのまま夜間へと突入し、夢中になって樹液木のチェックをしていた時だった。

もうかれこれ3時間以上が経過した頃、ふと樹液の出ている樹洞の直ぐ横にライトを当てた瞬間、そこにはまぎれもないオオクワガタの姿があったのです・・・

オオクワだ~

ちょうどタイミングが良くて、樹洞から出て来たのか?それとも入ろうとしていたのか?は定かではありませんが、とにかく目の前に中歯型らしき個体がいるではありませんか・・・。

もたもたしていたら、直ぐに樹洞に逃げられてしまいそうだったので、次の瞬間、左手でそのオオクワガタを掴んでいたのです。

いやあ、良かったなあ~

そして、手に持って写真を撮った後にサイズを測ったところ、53ミリの擦り傷のある越冬個体だった。

しかも、裏側にはダニがびっしりと付着しており、スマートな中歯型個体でした。

DSCN1923.jpg
♂53ミリ中歯型

こうなると、そこにある樹洞の中にオオクワの♀がいるかもしれないと思い、ライトで中を覗きますが、残念ながら確認出来ずでした。

しかし、この樹洞は雰囲気も良くて、相棒となる♀がいつかまたここに戻るのかもしれませんね。

DSCN1926.jpg
良い感じの樹液の染み出た樹洞

この後もオオクワガタを求めて、水分補給する事も忘れ奮闘しましたが、手応えがなく一旦車に戻って水分補給した後、次のポイントへと移動する事に・・・。

クワ友に採集報告をし、様子を聞いてみると、メイン通りには他県ナンバーの採集者がかなり来ているとの事でしたが、このお盆休み期間中ですから、親子連れを含む採集者の数がピークだったと思われますね。

皆さんはどのような成果だったのかは不明ですが、きっと貴重なオオクワガタをゲットして帰られた方々もいたものと思われますね。昆虫の王様であるカブトムシもかなり多かったはずですから、子供達もゲットして満足だったに違いありません。

さて、クワ友も私もこの後はなかなか手応えのないまま深夜2時過ぎまで採集をして終了し、クワ友と待ち合わせをしてから、お互いが採集した中歯型個体の記念撮影をする事にしました・・・

DSCN1928.jpg
左が私の採集した53ミリ、右がクワ友の採集した54ミリ

こうして、私にとっての1日目が終了し、クワ友と共にいつものネットカフェにて仮眠する事にしたのです・・・。

        ・・・<2日目>・・・

2日目の朝を迎えたが、天候は曇りのようです・・・。

しかし、曇りとは言えどもやはり暑い事には変わりありませんね。

ネットカフェでゆっくりと朝食を済ませてから、今日早めの切り上げとなるクワ友と別れて採集開始となった。

この日も無理をせずにゆっくりとしたスタートとなりましたが、防虫スプレーを顔や手首に噴射しても、歩いているだけで滝のように流れる汗と共に流れてしまい、その後に蚊に刺されたりして全く意味がない状態です・・・

まあ、日中はこんな感じて仕方ありませんね・・・。

さて、今期期待している樹液木のひとつに行ってみる事にしましたが、何度か見ている中でも樹液臭は半端なく凄いです

しかも、大きな樹皮のスペースにはカブトムシが入り込んでおり、これがオオクワだったら最高なんだけどなあと思いながら、しばらくその部分に見とれてしまった・・・

DSCN1930.jpg
いい感じの樹洞その1

いやあ、それにしてもいい感じだなあ・・・。

DSCN1931.jpg
いい感じの樹洞その2

さらにこんな樹洞ならいつかはオオクワが入ってくれると信じたいところです。

この後も別行動していたクワ友と共に頑張りましたが、成果がなくこの日の前半戦が終了です。

一旦、この日で採集を終えるクワ友と合流して、遅い昼食休憩をするためにファミレスへと向かい、夕方までゆっくりと過ごした後、後半戦へと突入です。

クワ友は、この後雨の中を頑張ったようですが、用事があるとの事で途中で終了し、私も深夜まで粘ったものの手応えがなく、2日目が終了となり、この後ホテルにて爆睡状態となったのです・・・

     つづく・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: