感動のブナ帯採集・・・パート2。

ここのところ気温の上昇に伴い、とにかく湿気もあって蒸し暑さを感じます。
この分ですと樹液も出ているように感じるのですが、さあ、どうなんだろうか・・・。
いずれにしても樹液採集は、もうすぐですね・・・

さて、それでは採集記の続きです・・・。

                  ・・・<1日目>・・・

幸運にも朝一で本命ゲットとなった後に堅めの倒木からも成果が得られ、私をはじめクワ友達にも活気が漲っている。

そんな中、先に進んでいたクワ友達が何やら朽ち木を発見してチェックをしている様子・・・。

そこの場所まで行ってから状況を聞くと、かなり状態が良さそうである。

1人のクワ友が立ち枯れ材を2本見付けたというので、そこまで梯子を担いで斜面を登っていった。

ここ東北のブナ帯では、梯子や脚立は必需品であり、上部をチェックするにはこれがないと厳しいのです。

ようやく到着して1本の立ち枯れ材をチェックするものの、状態が今一で堅かった。

そこでもう1本の立ち枯れ上部をクワ友にチェックしてもらっていたところ、しばらくして間違いのないオオクワの3令の食痕が姿を現した。

友「KAZUさん、これ来ましたよ~

私「いやあ、これは間違いないでしょう


そう言ってその先を削っていると、ついにその先で3令幼虫が姿を現したのです。

出ました~ オオクワです

いやあ、しかも♂のようだし、まだ入っていそうです・・・

DSCN1709.jpg
1頭目の3令幼虫♂

この後、交代しながらチェックをしていくと、さらに何本かの太い食痕が姿を現しました。

やはり、この極太食痕は迫力がありますね・・・。

DSCN1710.jpg
3令の食痕

この太さで、食痕がギュッと詰まっており、この先にいる主がどんなだろうかと想像を膨らませながらチェックしていく時がワクワクするものです。

DSCN1711.jpg
3令の食痕

そして、ポコッと穴の開いた先には、確かに主がいるようです・・・

もう近くにいるのは間違いなさそうなので、ここからはさらに慎重にチェックをして行きます。

DSCN1712.jpg
3令の食痕

そうして、次の瞬間、まあまあの大きめな3令♀が姿を現したのです。

しかも、かなり大型のようですね・・・。

正直、オスが出るとにんまりし、メスだと少々残念に思うのですが、大型のメスならそれもいいですね・・・

DSCN1714.jpg
3令幼虫♀(体重8,5グラム、頭幅9,0ミリ)

さらに合流した別のクワ友が続きをチェックしていると、しばらくしたところで、蛹室内からスルスルとメスの成虫が出て来たのです・・・

成虫だよ~ いやあ、驚いたなあ

この後、一旦蛹室内に戻して撮影をしようと思いましたが、暖かな気候のせいもあり、動きが活発で出て来てしまい、断念することにしました。

DSCN1747.jpg
♀42ミリ(ピンボケでごめんなさい・・・。)

さらにこの後も3令幼虫を追加し、食痕が切れたところで終了としました。

時間を忘れて採集していたので、昼食休憩も取らずに熱中してしまっていた。そのため、一旦山を降りて休憩を挟んでからポイント移動し、午後の部の開始となりました。

かなりの急斜面を枝を掴みながら登って行ったりしてみんなで探索をしましたが、残念ながら追加はありませんでした。

それでも、3本の材から当たったので十分満足です・・・。

初日と言う事もあり、日没前に終了して、今晩お世話になる宿へと向かい、お風呂に入ってから夕食となりました。

今日の反省会をしながら、夕食を美味しくいただきましたが、地元名産の手作りそばが特に美味しくて印象に残りましたね・・・

DSCN1715 - コピー
宿の夕食

夕食後は、部屋に戻って雑談しながら明日のポイントについて話し合った後、なでしこジャパンの決勝戦を見てから、爆睡したのです・・・

そして、さらなる感動の2日目を迎える事となったのです・・・。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: