感動のブナ帯遠征・・・パート1。

MLBヤンキースは、なかなか上昇気流に乗れないでいますね。
マー君以外の投手ではなかなか勝てず、依然として東部地区の2位のままですが、もたもたしているとそれ以下に落ちてしまうかも知れず、何とか頑張ってもらいたいものです・・・。

さて、先日クワ友達とブナ帯遠征に行って来ました。
いつもいつも感動ばかりがあるわけではありませんが、頑張って継続していれば努力の先に感動と思える場面が必ずやって来ると信じています。

今回は、そんな感動をクワ友達と経験出来たので、2日間の出来事を振り返ってみたいと思います・・・。

              ・・・<1日目>・・・

東北遠征に向かう当日は、仕事が残業になってしまい、少々遅めの夜立ちとなったものの、クワ友達と合流して1台に乗り込んで世間話をしながら、途中のSAで夜食を済ませて高速を降りた後、コンビニで朝食と昼食分を調達してポイントへと向かっていた。

途中で思わず絶景に見とれてしまい、車を止めてみんなで写真を撮ってしまいました・・・

いやあ、いい景色だなあ・・・。

DSCN1700.jpg
残雪のある山々

この後も車を走らせている車中から景色を眺めていると、本当に心が癒されますね・・・

そして、そんな時に車中から遠目に朽ち木が倒れているのを発見

かなり遠目ではあるが、一応確かめてみようと言う事になり、クワ友の一人が近くまで行くとOKサインが出た・・・

そして、身支度を終えてからみんなで行ってみたところ、倒木の折れ口に極太食痕が剥き出しになっているではありませんか・・・

その部分を慎重に割っていくと、しばらくして3令幼虫が姿を現し、交代でこの倒木をチェックして行くことにした。

DSCN1701.jpg
1頭目の3令幼虫

しかし、この1頭が出た後には、3令幼虫の死骸が多数出て来て、最終的には二桁の死骸が確認出来たのです。

原因は、加湿による凍死と思われますが、時折完品で出て来る3令幼虫に感激し、”良かったなあ!”とみんなで喜び合いながら次々に出て来る生き残っていた3令幼虫に感動していたのです。

DSCN1703 - コピー
3令幼虫♂

しかし、自然の中で育ち、生き残るというのは本当に厳しいものです。

中には、成虫のまま死んでいた♀40ミリクラスもいて可哀想でしたね・・・。

このまま今回採集した3令幼虫達が、この先無事に羽化までいけるかどうかは定かではありませんが、厳しい状況であることには違いないでしょうね。

DSCN1704.jpg
♀40ミリクラスの死骸

クワ友は、この死骸を大事に持ち帰って、標本にするとの事でした。

そんな朝一番での思いがけない採集から始まった今回の遠征ですが、みんな気を良くしたところで、今回の採集地となるポイントへと向かった・・・。

東北のブナ帯では、とにかく冬季が厳しい状況なので、死骸の出る確率は他県に比較すると多いのは確かです。

そして、ポイント周辺に到着した後、林道をひたすら歩いて良さそうな樹層の斜面を登っていったところ、いくつか確認出来た朽ち木をチェックするものの、手応えがありません。

さらに山の中を移動しながら材を探していると、この1年以内に倒れたばかりと思われる倒木を発見

しかし、チェックするととにかく堅い材質で採集者泣かせの材質だった・・・。

DSCN1705.jpg
ひじょうに堅いブナの倒木だったが・・・。

片面は状態が堅かったですが、堅い面を少しずらした部分をチェックしてみたところ、堅くはあったものの削れる状態だったので、その部分をチェックして間もなくすると、材が剥離した部分にいきなり3令幼虫が姿を現したのです。

オオクワだ~

直ぐに近くにいると思われるクワ友に大声で知らせ、こちらに来てもらう事にしたのです。

どうもこの堅めの材質部分の奥に食痕があるようです。

DSCN1706.jpg
3令幼虫♀

この後1人のクワ友かかけつけてくれたので、この続きをチェックしてもらう事にしました。

すると、1頭目の3令幼虫が出た直ぐ近くで、かなりの極太食痕が姿を現したのです・・・。

その食痕は徐々に太さを増していきチェックする本人も興奮状態の様子。

私「これはデカイぞ~

友「いやあ、こんなの初めてですよ

私「ひょっとしたら20グラムクラスが入っているかもねえ・・・。」

友「ワクワクするなあ・・・。」


この時にもう1人のクワ友が合流し、彼の削っている先に注目が集まった。

そろそろ出る頃だなあと思いながら、みんなの視線が集まっていた次の瞬間、なんとその食痕の先には脱出口があり、既に抜け出ていたのです。

あ~あ、残念だなあ

そして、もう1人のクワ友が別の部分から3令幼虫を割り出した。

しかし、この部分もひじょうに堅い材質だった。

DSCN1708.jpg
3令幼虫♂

結局、この倒木からは、3令幼虫がいくつか採れた他に3令の死骸が3頭出て来ましたね。

ここでも死骸が出て来たのは残念でしたが、ブナ帯のような寒冷地では仕方ありません。

この材に見切りをつけた後、さらに山の中を探索していると、3本目の材に出会ったのです・・・。

     つづく・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: