時期外れに羽化した個体・・・。

先日というか、11月13日に羽化した個体を2週間経ったことから、掘り出してみる事にしました。
まだ、かなり赤みが残っていますが、サイズは65ミリでした。
この個体は、H23年12月に初令で採集したものなんですが、結果的には2年1化となりました。
ただ、形はごく普通のものでしたが、今夏に本来ならば羽化するはずだったんです。
ところが、蛹室を作る気配がなく、最後には上部に上がって来てしまい、そこで蛹化するのかと思っていたら、しばらくしてから下に潜ってしまいました。
さて、どうなるんだろうかと様子を見ていたら、いつの間にか10月に蛹室を作っていたんです。
こんなに気温が下がっているのにいったいどうするんだろうと思っていると、時期外れの蛹になっていたんですよ。
そして、現在に至ったわけですが、自然界では、蛹のまま越冬している姿を確認した事がありますから、我家のオオクワガタもそうなるのかなあと思っていたところ、こんな寒い時期に羽化してしまったと言うわけなんです。
私のクワ部屋は、窓が開いていますから、外気温とそんなに変わりません。
それなのに羽化したこの事実は、本当に不思議ですね・・・。

     <採集・飼育データ>

採集日時・・・H23年12月17日12:00

ステージ・・・初令

経過・・・H24年6月15日・・3令(体重11,2グラム、頭幅11,0ミリ)

     H24年9月20日・・3令(体重19,2グラム)

その後のビン交換はせず・・・。

     H25年11月13日・・羽化(65ミリ)

以上ですが、なんとも不思議な個体でしたね。
ひょっとしたら、羽化せずに死んでしまうかもしれないなあと思っていただけに無事に羽化してくれて良かったですね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: