今期初のブナ帯遠征・・・パート1。

このブログでも何度か書いていますが、私が初めてブナ帯に遠征したのがH8年の10月の事でした。
それ以来、このブナ帯の魅力にどっぷりと浸かってしまい、殆んど春・秋2回のブナ帯遠征を現在に至るまで継続して来たんですが、今回が56回目となる遠征になりました。
毎回毎回、色々なドラマを生むブナ帯ですが、山々を歩きながら探索し、急勾配のある斜面を移動したり、滑りやすくなった岩盤や積雪の中を移動したりと言った時には難所もあります。
それに加えてやはり気になるのが天候なのですが、山の天候は変わりやすく、雷雨の中を採集したり大木の下で雨宿りしたりした事もありました。
基本的には、そんな悪天候のためにいつも用意している雨具が必需品になっているのですが、やはり、悪天候の中での採集は、滑りやすいし濡れるしで脚立や梯子を含めた道具を持っての山歩きはかなりタフなものになりますね。
今回も台風の影響もあって、かなりタフな採集になる事が予想されましたが、クワ友達の採集をしたいと言う強い気持ちによって、雨天決行というブナ帯遠征になりました。
ただ、地元を出てから現地に近づくにつれて風雨が強くなりましたが、早目に出発した事もあって余裕を持って現地入りする事が出来ました。

途中のコンビニで朝・昼食と飲料水を買って、現地に到着した頃には、小雨になっていました。
食事をすませてから、各自着替えをして雨具を装着した後にポイント内の材探しへと向かいましたが、毎度の事ながらボサが凄くて梯子を持っての移動は難航します。

しかし、これをやっていかなければオオクワガタに出会う事が難しいのです。
クワ友達は、こう言う事を良く理解していますから、交代しながら重い荷物を担いで山を登っていくのです。

そこには、お目当ての材などありません。

ただひたすら樹層の良さそうなところを目指して歩いて朽ち木を探して行きます。

バラバラにならないように二手に分かれての材探しが始まりました。

2時間余りが経過した頃であろうか、斜面に立ち枯れを発見

降雨のために殆んど写真が撮れていないが、これも致し方ない・・・。

まず、その材に近づいてから観察をしてみると、上部は状態が悪そうであるが、真ん中から下部は良さそうな感じである。

そして状態の悪そうな部分をチェックしてみると、古いオオクワのものと思われる太い食痕が多数確認出来たのです。

これはいるかもなあ・・・

下部をチェックしてみてもやはり太い3令の食痕が走っていた。

これは間違いない

そこで、状態の良い部分の奥をチェックしてまもなくすると直ぐに新しい感じの太い食痕が姿を現し、それをしばらく追い掛けると、そこにいいサイズの♂3令が出たのです。

DSCN1172.jpg   オオクワガタ♂3令幼虫

それを手にとって見ると、なかなかの大きな頭幅だった。

DSCN1173.jpg   3令♂(体重12,5グラム、頭幅11,5ミリ)

後の計測で体重12,5グラムの頭幅11,5ミリのいいサイズです。

ここで、近くにいると思われるクワ友たちに大きな声で知らせる事にしました。

お~い、オオクワ出たよ~

この時は、材割りしている音が近くで聞こえていた事もあり、何度も何度も連呼したのです・・・。

すると近くで材割りしていたクワ友も成虫を割り出しているようだった。

こっちも出たよ~

・・・と聞こえて来たのです。

私は、別のクワ友にも大きな声でこちらに来るように叫んだ・・・。

彼らがこちらに来る間、まだかなり入っていそうな感じだったので、続きを削る事にしました。

すると2頭目は、3令♀が出て来たのです。

DSCN1176.jpg   3令幼虫♀(体重7,0グラム、頭幅9,5ミリ)

さらに今度は、3令♂です・・・。

DSCN1179.jpg   3令幼虫♂

なかなかこれもいいサイズです・・・

DSCN1180.jpg   3令♂(体重10,0グラム7、頭幅10,4ミリ)

しばらくして、クワ友がこちらに来たので、ここで彼と交代する事にしました。

この後、さらに残りのクワ友も合流しての割り出しが始まったのです・・・。

    つづく・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: