有終の美を飾るために(樹液採集ラスト1)・・・。

今回は、自身最後となる樹液採集へと出掛けて来ました。
もちろん、私にとっての通い慣れた山梨県で、有終の美が飾れたらこれ以上の喜びはありません。
今期は、山梨県以外にも探索に行って来ましたが、2~3回通っただけで結果が得られるほど甘いものではありませんし、今後も山梨県を中心とした樹液採集のチャレンジは続けていくつもりです。

さて、クワ友たちも各地域で樹液採集へと通って、それぞれが成果のあるなしにかかわらず頑張っていますが、成果の出なかった方も出た方もいます。
総体的に見れば、経験豊富な方々は、それなりの結果が得られています。
私なんかは、経験豊富な部類には入りませんから、まだ発展途上といった方がいいですね。
今年から始めたと言うクワ友もいますが、とにかくポイントを自身で探しながら奮闘している姿をみていると、これが樹液採集の基本なんだなあと思います。
中には、採れる木を教えてもらったり、ポイントを教えてもらったりして”ゲットした!”とか言って大変な勘違いをしている方もいるようですが、こんなものははっきり言って話になりません。
むしろ恥ずかしいと感じなければ、可哀想ですね・・・。

樹液木は、その1本を探すのに大変な苦労を必要としますから、もしも自身の力で採った事がないのなら、試しに3本の木を見付けてみては如何でしょうか・・・。
きっとその苦労の一部が理解出来ることでしょう。
樹液採集は、それだけ難しいですが、それだけに達成感が大いに感じられる採集でもあるのです。

それでは、山梨県へラストの樹液採集に行った時の話です・・・。

この日は、台風の影響で天候が少々心配されましたが、そこは”晴れ男”の私ですから、天気はひじょうに良かったです・・・

今回がラスト採集と決めていただけにいつもよりも気合が入り、早いスタートとなりました。

樹液の出具合は、一時期よりも若干少なくはなっているものの、出ている木はたっぷりと吹き出ており、匂いもプンプンしています。

相変わらず、コクワガタ・ノコギリが樹液を吸っており、いい感じです。

心配されたスズメバチですが、それ程気にならないくらいの数で、どちらかと言えば少ないですね。

しかし、もう秋だと言っても日中は汗が出るくらいの暑さを感じます。

今期初めて行ったポイントでは、いい感じの樹洞に大量のアリが占拠しており、これがなければ面白いのになあと感じさせられました。

9月も終わりだと言うのにまだまだ沢山の虫たちが活動している姿を見ていると心が癒されます・・・。

DSCN1009.jpg   ノコギリクワガタ

そして、採集を始めてから数時間が経過した頃だった・・・。

ある樹液木の樹皮捲れの奥を良く見てみると、明らかに厚みのあるボデーに筋の確認出来るクワガタがいたのです。
おお~、オオクワだ~

DSCN1014.jpg   樹皮捲れの奥に潜むオオクワガタ

ライトを当てると中で驚いた様子で、右往左往しながらこちらに向きを変えた・・・。

サイズは、40~42ミリ位であろうか・・・??

中にいると本当に大きく感じるものですが、右隣にはコクワガタの姿が確認出来ます。

しかし、メスの姿を確認出来たものの、相棒となるオスの姿が一見しただけでは見当たらない・・・。

とりあえず、このメスを取り出してみるとすんなり出て来ました。

DSCN1033.jpg   向きを変えたオオクワガタ♀

裏側にダニが付いているものの、新成虫のようです。

ノギスを当てると40ミリありましたが、自然界では大きな方ですね。

この時、クワ友に直ぐに連絡をし、後に合流するクワ友に見せてからリリースする事にしました。

この後に何処かにオスがいないものかとくまなく探しましたが、やはりこのメス以外にはいませんでした。

しかし、多分もう1頭のオスは何処かで出会っているに間違いないと思いますが、貴重な1頭が採れた事に満足して、このポイントを後にしたのです。

DSCN1036.jpg   オオクワガタ♀40ミリ

この後、いくつかのポイントを歩き廻りましたが、なかなか手応えがありません。

アップダウンのするところを歩いているだけで汗が流れ、水分補給もいつもと変わらないくらいしました。

途中、クワ友が現地入りしたとの連絡があり、双方真夜中まで奮闘しましたが追加がなく、日付が変わった頃に彼と合流して気になるポイントを廻ったものの、結局成果は得られませんでした。

DSCN1047.jpg   ノコギリクワガタ

やはり、今回も厳しいものにはなりましたが、貴重な1頭を見付ける事が出来、私にとっての優秀の美が飾れた事で満足出来るものでした。

クワ友に採れたメスを見せた後にリリースし、今期の樹液採集を終える事としました。

この後、クワ友と遅い食事をしながら反省会をやりましたが、彼はまだ1~2回やるとの事でした。

本当にクワ友はみんな頑張っているなあと感心させられます。

私自身、この地でも行けなかったポイントもありますが、来期の楽しみにしますよ。
また、他県でも予定が組めずに行けなかったところがありますが、それも合わせて来年の楽しみにしておこうと思います。

私は、樹液採集を終了しましたが、まだ続けている仲間たちには何とか感動の場面に遭遇してもらいたいですね・・・

     終わり・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山梨県もその1つ先日の台風でかなりのスズメ蜂の巣が水没したと考えられます。この時期では蜂少な過ぎ。 樹液採集が好きな採集家は10月入ってもまだ樹液採集続けます。真のオオクワガタが好きだから。m(__)m

Re: タイトルなし

> 山梨県もその1つ先日の台風でかなりのスズメ蜂の巣が水没したと考えられます。この時期では蜂少な過ぎ。 樹液採集が好きな採集家は10月入ってもまだ樹液採集続けます。真のオオクワガタが好きだから。m(__)m

こ・・98さん、どうもです!
そうですね、台風の影響もあるかとは思いますね。
まだまだ、樹液採集は出来ると思いますが、頑張ってください!

   KAZU
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: