今期一番の暑さの中、クワバカコンビでチャレンジ・・・。

今回は、今期一番の暑さを感じさせる気候の中、懲りもせずに樹液採集へと出掛けて来ました。
向かう途中での温度表示は、なんと33℃となっており、今期では最も気温が高い感じがします・・・

今日は、遅れてクワ友が現地入りするとの事で、どちらかがオオクワに出会えたらいいのになあと思いながら、私は一足先にポイントへと到着し、早速行動開始となりました。

まずは、気になる樹液木のチェックをしていきますが、いい感じながら確認出来たのは、カブト・カナブン・コクワガタで、本命の姿は見えません・・・。

さらに2ポイント、3ポイントと見て廻りますが手応えはなし・・・

そして、あるポイントでは、カブトムシが付いていたので良く見てみると、前胸の突起物が折れてしまっている可哀想なものがいたんです。

ひょっとして、何者かと喧嘩でもして名誉の負傷を負ったのかもしれませんが、痛々しい感じがしましたね。

DSCN0845.jpg   前胸の突起物の折れたカブトムシ

そして、別のある樹液木をチェックしていると、樹皮の隙間にいきなり大きなクワガタを発見

この瞬間、間違いないオオクワガタだと思ったのです・・・

来た~

オオクワだ~


この十分なスペースのある隙間の中にライトを照らした瞬間、パニックになったように右往左往する様子が印象的だった。

しかし、大アゴの形状がハッキリと見えないので、まさかとは思いましたが、一応中を良く確認したところ・・・

DSCN0848.jpg   樹液の染み出た隙間

いやあ、まさかまさかのヒラタクワガタではありませんか・・・

この位のサイズのヒラタを過去に2匹ほど確認はしていますが、以前確認したポイントとは全く異なるので、まさかそれはないだろうと思っていたんですが・・・。

サイズを測ったら55ミリでしたが、これこそなぜこんなところに居たのか不思議ですねえ。

DSCN0843.jpg   ♂55ミリのヒラタクワガタ

さらにチェックを続けていると、今度は小さいが明らかにコクワガタと異なるクワガタが確認出来たのです。

今度は、オオクワの小歯型ならうれしいんだがなあと思いながら樹皮の隙間から取り出してみると、なんとこれもヒラタではありませんか・・・

可愛らしいけどこれはリリースして、大きな方は後でクワ友に見せてやろうと思い、ストックしたんです。

DSCN0849.jpg   30ミリ台の小型のヒラタクワガタ

さて、夕方になって遅れて到着したクワ友と別行動をしながら、お互いに深夜にどこかで合流する事になりました。

その間、私自身は、喉の渇きを3リットル近い水分で補いながら、今期まだ攻めていない奥地を含めたポイントへ1人入っていったのです。

この時間になると若干涼しくはなっているはずなんですが、とにかく伸縮梯子を担ぎながらアップダウンのある斜面を歩いているので、身体は汗が出てなんとなく気持ちが悪いんですよ。

それでも、ひっそりとした中を黙々と樹液木のチェックをしていたんですが、大きなコクワガタやミヤマの姿を見るものの、本命の姿はなしと言うか見つける事が出来ず、時折獣や鳥の声が聞こえるくらいで、静かな感じだった。

それこそ、山奥などには入ってしまいますと、かなり時間が掛かってしまいますし、体力的にもかなり厳しい面があるので、適当なところで引き返していくつものポイントへと移動して行ったのです。

過去の実績のあったポイントもいくつか廻ったり、新規のポイントもいくつか攻めましたが、今回はなかなか手応えのないまま日付が変わるまで頑張ったんですが、結果的にはオオクワに出会える事が出来ませんでした。

当然の事ながら、1日で廻れるポイントも限られますが、全力を尽くした結果ですからこれで満足です・・・

途中、カブトムシが18匹も付いている大木で樹液がべっとりの木も確認しましたが、この樹液木はカブトムシが樹液場からいなくなったら、期待出来る様な気がします。
とにかくいい感じの樹皮捲れがあるので、この夏の間にはタイミングが良ければ出会える事が出来るかもですね。

それと今期まだ行けていないポイントがもう少しありますから、次回に期待しましょうかね・・・。

DSCN0851.jpg   多数のカブトムシの付いていた樹液木

この後、クワ友とファミレスにて合流し、今日の反省会をやったんですが、彼も以前からかなり時間を掛けてこの地を廻っているので、ポイントが多くて十分に楽しめているようです。
しかし、ただ今期はまだ結果が出ていないようですが、元来努力家であり、一生懸命やる頑張り屋さんですから、近い内に結果が出るものと信じています・・・

何といっても、私たちは最強の迷コンビですから、いつゲットの瞬間がやって来るのかが楽しみでもあり、何度成果なしに終わっても、また採集へと来てしまうのは、この樹液採集が心から好きなんだと感じるんですよ。

そんなわけで、今回は成果なしに終わりましたが、次回オオクワに出会いたいものです・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: