梅雨明けとなった暑さの中を奮闘(山梨県)・・・パート1。

今日は、地元の東海地方が梅雨明けをしたようですが、九州から東海まで一緒と言うのも過去に例があったのかどうなのかな・・・??
とにかく今日1日は、暑いのなんのって・・・。
そのため、成虫たちの餌交換やらマット交換をしていたら、滝のように流れ出る汗であっという間にTシャツがびしょ濡れ状態となり、いやあ大変でしたね・・・

それより一足先に関東地方が梅雨明けしたその日に過酷な樹液採集へと出掛けて来てしまいましたが、これがとんでもない暑さで危うく熱中症に掛かる寸前?だったような感じでした。

それでは、2日間に渡る樹液採集を振り返ってみたいと思います。

     <山梨県樹液採集・・・1日目>

樹液採集自体は、朝一からの行動ではかなり厳しいものがあるので、ここ何年かは午後からのスタートがメインとなっています。
クワ友は、朝一からのアタックをしているようなので、状況が気にはなりましたが、とりあえず時間があればどこかで合流するとして、とにかく別行動で頑張る事にしました。

ところが、現地に到着してみると梅雨明けしたしたとは言っても、曇り空であった。

しかし、気温は高いようで、蒸し暑さを感じる・・・

まずは、前回行けなかったポイントを重点的に攻める事にしました。

昨日までは雨が降っていたようですが、樹液の出具合は良好のようです・・・。

途中、何本も良さそうな樹液木があるものの、中に入っているのは、コクワガタばかりである。

DSCN0787.jpg   いい感じの樹洞

そして、とあるポイントの樹皮捲れの奥に尻の丸みのあるクワガタが入っていた。

これはもしやと一瞬思ったのも束の間、アゴがヒラタであるのを確認し、取り出してみると可愛らしい♂36ミリでしたね・・・

DSCN0788.jpg   ヒラタクワガタ36ミリ

しかし、こんな小さなヒラタでもやはり大アゴの挟む力は強くて、皮手を挟んだらなかなか離してくれなかったですね・・・。

さらに蔦の絡まる樹液木を見てみると、そこにはカブト・カナブン・コクワガタにノコギリのメスまでもが群がっていました。

DSCN0789.jpg   蔦の隙間の樹液に集まるカブト・カナブンたち・・・ピンボケでごめんなさい!

しかし、木に登って隙間を念入りに覗き込んだりしてチェックをしましたが、コクワガタがいるだけでオオクワの姿は全くなし・・・

幸いにも心配していた毛虫の姿が少なかったのでテンションが下がらなくて良かったですね。

さらにスズメバチの姿もたまに見かける程度でしたから、こちらも良かったんですが、ムカデは結構いましたよ・・・

そうこうしている内に夕方になったので、若干ではありますが暑さが引いて来たように感じます。

そんな時、気になっていた樹液木の樹洞の廻りがきれいになっており、その奥をライトで照らすと何も確認出来なかったが、この時、何か違和感を感じていたのです。

そして、手前の樹皮の内側をピンセットで探っていた時だった。

何か大きなものが動き出して姿を現したと思ったら、なんとオオクワガタのオスではないですか・・・

おお~ オオクワだ~

これを逃してなるものかと思い、写真なんか撮っている暇などありませんから、直ぐにピンセットでアゴを掴みに掛かるものの、踏ん張って出て来ない

それならと、広いスペースのところまで追い出してから、今度はボデーをしっかりと掴んで、すったもんだした後に引っ張り出す事に成功したのです・・・

持久戦にならなくてホッとしましたが、もしも踏ん張っていたならば、手で挟ませてから引っ張り出そうと考えていたので、それ程時間が掛からずに良かったですね。

DSCN0791.jpg   オオクワガタ大歯型の入っていた樹洞(写真に中央にはコクワガタ)

この樹洞には、オオクワガタの他にもコクワガタが隅っこの方に身を隠していましたが、残念ながらメスの姿はありませんでした。
もっとも、メスを採っても持ち帰りはしませんから、これでいいんですけどね・・・

手の平にのせて写真を撮ろうと思いましたが、すばしっこくて断念・・・。

DSCN0794.jpg   オオクワガタ56ミリ

サイズを測ると56ミリでしたが、一応大歯型のようです。

下の写真は、自宅にて後日撮影したものですが、ワイルドらしく細身で美形ですね。

DSCN0798.jpg   ♂56ミリの大歯型(後日撮影)

この後、20時過ぎまで頑張りましたが、手応えがなく終了となりました。

彼も1日頑張りましたが、手応えがなかったようです。

実は、普段でしたらもう少しやるところなんですが、明日の事も考えてクワ友と合流してから温泉に入り、その後は5時間近くもファミレスで話し込んでしまいました。

しかし、この時は、珍しく?クワ話を6割位で、後は彼がイタリア語が堪能だと言うので、なんか興味があってイタリアの話であるとか仕事の話等を延々と深夜まで話し込んでしまったわけなんですよ・・・

いやいや、これが結構面白くてオオクワガタ以外の話でこんなに盛り上がったのも久しぶりでしたね。
彼も樹液・材割り・外灯廻りもするようで、外灯廻りの裏話なんかも聞けて面白かったですよ。

さて、この後は、明日に備えて車中泊となったのです・・・。

     つづく・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: