国民栄誉賞ダブル受賞・・・。

先日、野球界での実績を評価された長嶋茂雄氏と松井秀樹氏がダブル受賞となり、盛大に行われたセレモニーが大きな話題となりました。
この国民栄誉賞について、ちょっと興味があったので調べてみました。

目的は、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与える事に顕著な業績があったものについて、その栄誉をたたえること」とあり、この他にも「これまで功績を積み重ねてきた上に、さらに歴史を塗り替える突き抜けるような功績をあげたという暗黙の了解を満たしている事も必要」とありました。
当時の福田首相が、記念すべき第1号として、1977年、当時756本塁打の世界記録を樹立したプロ野球の王貞治氏に授与したのがはじまりで、それ以降スポーツ選手をはじめとして、歌手・俳優・冒険家・作曲家等に対して22個人と1団体(女子サッカー)に対して表彰をしています。
気になるスポーツ選手ですが、やはり受賞者の中では一番多く、1団体(ワールドカップ優勝女子サッカーチーム)と9個人(プロ野球4、柔道1、相撲2、女子レスリング1、女子マラソン1)となっています。
この中でも、プロ野球選手が4名(王貞治、衣笠祥雄、長嶋茂雄、松井秀樹)となっていますが、この方たちに匹敵する人物と言えば、イチローや金田正一氏が候補として挙げられるのではないでしょうか・・・。

もっともイチローは、シーズン262本の新記録を達成した時に受賞を辞退したと言う経緯がありますが、やはり大先輩の方々より先に受賞される事を考えての事だったのかもしれませんね。
しかし、どうでしょうか、イチローが日米通算でピートローズの持つ4256本のメジャー記録を塗り替えた時に再度国民栄誉賞の話が持ち上がるでしょうね。
その瞬間が来るのは、早ければ来年かもしれません。
その前に今年の7月後半くらいには4000本安打達成となるでしょう・・・。

頑張れ~、イチロー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: