今日は、オオクワ採集の道具について話をしてみます・・・。

現在、私の使用している材割り採集の道具は、自身で色々と実際に使ってみて変化を遂げて来ていますが、その移り変わりを紹介してみたいと思います。
現在では、インターネットを含めた情報が豊富な時代ですから、採集を始めるにあたっても最初から斧を使用する方が殆どだと思います。
しかし、私の場合は、恥ずかしながら最初にホームセンターで980円で購入したサバイバルナイフを1本持って出掛けたと言うめちゃくちゃなものでした。
その結果、何本かの朽ち木をチェックした後に1本の朽ち木の立ち枯れをそれで削っている最中、サバイバルナイフの根元がポキッと折れてしまい、万事休す状態だった事を覚えています。
今なら笑えますが、当時の私はそれを真面目にやっていたんだから参っちゃいますね・・・

これではダメだなと思い、次に思いついたのが園芸用の草取り用のちょんちょんぐわだったんですが、これがなかなかいけるんですよ・・・

しかし、これもしばらく使用していたものの、堅い材質には歯が立たないので、ここで鉈を購入してそれと兼用で使用していたんです。

DSCN0664.jpg 左から980円で購入したサバイバルナイフ、園芸用のちょんちょんぐわ、鉈

そして、運命的な福島県へのブナ対採集となったわけなんですが、これは熟練者の皆さんと一緒に採集した2日間で、皆さんの使用している道具が斧である事に大変なショックを受けた事を覚えています。
この時ほど自分自身の使用していた道具がお粗末だなあと恥ずかしく感じた事はありません。

しかし、この採集の2日目で幸いにも自力で2頭のオオクワガタの2令・3令を割り出す事が出来たのです。
勿論、自身でオオクワガタかどうかの判別が出来ませんから、3令だけは同定してもらった時に”オオクワの3令のメスです”と言われた時には驚きとうれしさとで何がなんだか分からなかったような感じでした。
そして、後日この時採集した2令幼虫が、オオクワガタのメスとして羽化したのです。
この時持ち帰った幼虫たちは、どれ1つとして同定出来るものはありませんでした。

私がオオクワガタ採集を始めて初めて採集した2頭のオオクワガタでしたが、それは忘れもしないH8年10月27日の事でした・・・。
そして、この時に持ち帰った幼虫が、後にオオクワガタ2♀を含めて、アカアシクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、そして、ミヤマクワガタまでもが混ざっていたから驚きです。

こうして、この日を境にさらに私の材割採集への道具の進化が始まりました。

DSCN0665.jpg 左から一般的な斧、改良した斧、タコ採れ君改良型

そして、早速帰宅してから購入したのが極一般的な斧でしたが、ここからピッケル部分の付いたものに斧を溶接して改良し、次に採集名人を購入したりしてさらにタコ採れ君をクワ友に改良してもらったものが、現在愛用している斧なんです。
また、ここには登場しませんが、この他にも2本の種類の異なる改良型の斧を2本愛用しています。
ですから、総合的に言えば9つの種類の異なる道具を使用して来た事になりますが、それぞれに思い出があって懐かしいですね・・・

現在、この中で全く使用しなくなったものもありますが、今ならこの全部の道具でオオクワガタの割り出しが状況によって可能だと思います。
このような道具を使用した事のある方は、中にはいるかもしれませんが、フィールドに出ながら一生懸命にオオクワガタという宝探しをしていた頃が懐かしく感じるし、この様な経験が現在に活かされているんだなあと思います。
この頃のひたむきな姿勢を忘れずにこれからもオオクワガタ採集を楽しんでいきたいですね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんちは~~ 道具も集めるのたのし~ですよね!!自分も若干斧マニアになってます^^;

Re: No title

> こんちは~~ 道具も集めるのたのし~ですよね!!自分も若干斧マニアになってます^^;

こもりさん、どうもです!
自分自身でとんでもない事を考えたりして採集を始めていた頃の事が懐かしく感じますね。
今では、恥ずかしいですが、当時は真面目にやっていたわけですから、人間進歩するものですね・・・(笑)

     KAZU
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: