FC2ブログ

今日が平成最後の更新となりました・・・。

このブログを開設したのが、平成21年5月29日の事でした。
あっと言う間の10年間だったと思いますが、明日からは新たな元号となる令和時代の幕開けです。
平成に引き続き、令和もどうぞよろしくお願い致します・・・
スポンサーサイト

平成最後となるクワ友との材割採集・・・。

世界卓球ブタペスト大会が終わりましたが、幕を閉じてみれば男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目全てで中国が優勝し、まだまだ中国1強時代と言う印象が強かったのも事実でした。
勿論、日本も善戦はしたものの、やはり高い中国の壁を崩す事が出来なかったですね。素直に強さを認めざるを得ないでしょう・・・。
しかし、日本には、これからが楽しみな若手が沢山いますから、今後の伸びしろに期待したいところですね。中国とて若手が強いですから、追い付くには容易ではありませんが、頑張ってもらいたいです・・・

さて、それでは、平成最後となる採集記です・・・。

今回は、久し振りに1泊2日で山菜採りを含めた採集をしようと思い、ゆっくり目のスタートとなった。
クワ友も都合で午後からのスタートとなったので、私自身もそれに合わせる格好で、正午過ぎからいざ山菜のタラの芽を探しに向かった・・・。
以前、とある地域で沢山のタラの芽を見付けましたが、時期が遅かったために全てが成長し過ぎており、残念ながら持ち帰る事が出来なかったのですが、今回は時期的には大丈夫かなと思い、その場所へと向かった。

すると、そこに向かう途中の斜面に状態の良さそうな切り株を発見

これは、面白そうだなと思い、早速怪しい部分にチェックを入れたところ、直ぐにクワガタの食痕が姿を現したのです。

これは来たかな~

IMG_3814.jpg
切り株から出た食痕

そして、その食痕を追い掛けていると、しばらくして間違いのないオオクワガタ2令幼虫の姿があったのです・・・

IMG_3815.jpg
オオクワガタ2令幼虫

しかし、コクワガタの3令幼虫も混在しており、2頭目の2令幼虫が、その直後に姿を現しました・・・

IMG_3818.jpg
オオクワガタ2令幼虫のぺア

でも気になるのが、最初の2令幼虫が出た際、そこには、3令幼虫の食痕があったので、その主を確かめるためにその食痕を追い掛けていく事にした。

IMG_3816.jpg
3令幼虫の食痕

すると、睨んだ通りそこには、3令幼虫初期の本命の姿があったのです・・・

IMG_3819.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重3,2グラム、頭幅8,7ミリ)

この2令・3令3頭採った時点で、まだまだ入っていそうな感じでしたが、取りあえず続きをクワ友と合流した後にチェックしてもらう事とし、タラの芽を探しに行く事にした。
う~ん、確かこの辺りだったはずなんだけどなあと思いながら、さらに探索をしていると、遠目からでは分かり難かったものが、近くに行ってようやく1本目のタラの芽を発見

すると、これを皮切りに次々とタラの芽を見付ける事が出来て、おおよそ1時間くらいで3人分位のタラの芽を採取し、そろそろいいかなと思っていると、クワ友から連絡が入り、30分後位に合流・・・。

ここで、先程途中までチェックした切り株の続きをクワ友に削ってもらったところ、いくつかの2令幼虫が姿を現し、食痕の切れたところで終了とした。
もうこのポイントは、1本当てたので、2ポイント目へと移動する事になった・・・。

そして、クワ友と分かれての探索となりましたが、1時間余りが経過した頃、クワ友が部分枯れ材から初令末期の本命をゲットしたのは見事でしたね・・・
さらに3ポイント目へと移動しましたが、ここでは全く手応えがなく、最後となる4ポイント目へ移動する事となった。

ここのポイントでは、過去に実績はあるものの、最近はどうなんだろうと思い、目に付いた倒木をチェックしていると・・・。

何やら、堅い材質の中の扁平の穴の奥で何かがもぞもぞと動いていたのです・・・

あれ~、これはいったい何なんだろう

しばらくすると、その中にいた黒いものが中から出て来たのです

オオクワだ~

この瞬間、思わず叫んでいた・・・。

慌てて写真を何枚か撮りましたが、この状況を検証してみると、新成虫のようである事から、産卵を終えてから越冬していたか?遅くに羽化し、蛹室から出た後に越冬場所を探してここにいたのか?その辺は分かりませんが、とにかくこの様なところから出て来たのには、本当に驚きましたね・・・。

IMG_3824 - コピー
越冬中だったオオクワガタ♀

いずれにしても、タイミングを見計らってここの地域へリリースしようと思っています。
サイズは、38ミリとワイルドらしい可愛らしい個体ですね・・・

IMG_3828.jpg
オオクワガタ♀38ミリ

クワ友も驚いていたのは言うまでもありませんが、ちょうどその頃、クワ友も近くの切り株から3令幼虫♀を1頭割り出しており、思いがけないナイター採集となってしまいました・・・

IMG_3831.jpg
クワ友の採集した3令♀とのツーショット

時間もすっかり忘れてしまい、気が付けば20時を過ぎてしまっていたので、明日もある事から、このタイミングで終了する事にしたのです。
さて、着替えをした後にホテルへチェックインをし、クワ友と共に近くのラーメン店へと向かい、餃子とつけ麺を注文しましたが、これが期待を裏切らず美味しかったですね・・・

IMG_3832.jpg
餃子

IMG_3833.jpg
つけ麺

さて、時間も遅いので、ホテルに戻って就寝・・・。

そして、2日目の朝を迎えたところで、ホテル内の朝食をゆっくりと食べてから、この日は、私自身が以前から気になっていたポイントへと向かう事となった・・・。
そもそも、2年前に偶然そこのポイントを見付け、オオクワガタ2令幼虫を採集したのですが、さらに歩いていると大きな手付かずの大きな倒木があった事から、その周辺の探索を兼ねて生息を確認してみたいと言うのが、今回の狙いだった。

そこで、クワ友と共に時間を掛けながらゆっくりとそこのポイントへと向かったのです。
ようやく到着し、当時のままであった事に安堵しながら、朽木を探す事1時間、そこには、今までこれだけの材質及び容量を持ったものは中々お目に掛った事がないと思える大きな倒木を発見

早速、怪しい部分にチェックを入れて直ぐに初・2令の食痕が姿を現す・・・。

これは来たかな~:

IMG_3834.jpg
手付かずの倒木

慎重にチェックしていくと、そこには、ハッキリと分かるオオクワガタの初令幼虫がいたのです・・・

これは間違いない

直ぐにクワ友を呼んで、彼にもチェックをしてもらい、別の部分からも初令・2令が出ましたが、容量が相当ある事から、2頭づつ採ったところで打ち切る事にした・・・。
この採集した地域は、本当にレアなところであり、クワ友にとっては初めて採集したようですが、私にとっても初めてではないにしろ貴重な〇〇産となったのです。
さらにその奥の2年前に見付けたもう1本の大きな倒木を目指して歩いていると、ようやくその倒木を見付ける事が出来ましたが、2人で怪しい部分をそれぞれチェックするものの、状態がベストなのに全く手応えがなく、さらにその周辺も探索しましたが、手応えはなかったのです・・・。

IMG_3836.jpg
オオクワガタ初令幼虫

この後、ポイント移動しながらいくつかを廻りましたが、オオクワガタの痕跡を見付けはしたものの、ゲットには至らず2日間の採集を終える事となった。

この日も時間を忘れてナイターに突入してしまいましたが、2日間共楽しい採集となりました・・・
採集を終えた後、ファミレスにて食事をしながら、今回の採集を振り返り、楽しいひと時でしたね。

IMG_3838.jpg
ファミレスでの食事

IMG_3842.jpg
今回の2日間の成果(この他に初令が2頭)

平成最後となったなった採集でしたが、貴重な産地でのゲットや山菜取りで有意義なものでした。
来月からは、新しい令和時代の幕開けとなりますが、どの様な採集が待っているのかひじょうに楽しみですね・・・

     終わり・・・。

世界卓球ブダペスト大会・・・。

ハンガリーのブダペストで行われている世界卓球ですが、男子シングルスでは、現在、丹羽選手がベスト8に1人残っているのみで、女子シングルスは、ベスト8に平野・加藤の2人が残ったものの、中国選手に共に敗れ、ベスト4はならず・・・。
しかし、女子シングルスのベスト4では、中国選手が4人残ると言う圧巻の強さです。
また、女子ダブルスは、現在ベスト8に日本チーム2組が残っていますが、共に勝てば日本人同士の準決勝になりますから、どちらかが銀メダル以上が確定となり、期待が持てます・・・
また、混合ダブルスにおいては、吉村・石川組がベスト4に入っているので、銅メダル以上が確定となっていますが、やはり優勝を期待したいですね・・・
頑張れ~ニッポン

自身で採取したタラの芽・・・。

久し振りに山菜のタラの芽を採って来ましたが、結構採れたので天ぷらにして塩をまぶして美味しくいただきました・・・

IMG_20190422_114107.jpg
山採りのタラの芽

自身で、汗だくになりながら探したので苦労はしましたが、美味しい山菜の味には本当に満足ですね
5月のブナ帯遠征でも、山で見掛けたらちょこっと採取して来ようかなと思っています・・・
平成最後となる採集もして来ましたが、時間があればアップするつもりでいます。

平成最後となるアルバム整理・・・。

一昨日にはなりますが、私自身がオオクワガタ材割採集を始めてから、今日に至るまでいくつかの写真を撮り続けて来ましたが、これまでの写真を全てアルバムの中に整理する事が出来ました。
と言っても、平成時代中には、あと少しだけ採集には行きますが・・・
思い起こせば、私自身が、初めてオオクワガタをゲットしたのは、平成8年の10月27日の福島県での事でした。
ただ、この時にはその際のオオクワガタ3令幼虫の♀が採集に同行したプロの方の判別によって分かったので、自身では、オオクワガタとは知らずに写真さえも撮らなかったんです。
ですから、初ゲットの時の写真は、残念ながらありませんが、それ以来、貴重な写真を何枚も撮り続けてアルバムの数も現在85冊にもなり、その中に思い出が凝縮されているので、たまに振り返ってみる事もありますが、いいものです・・・。
”初ゲット”とは良く言いますが、出来れば自身の力で材を見付けて取り出したいものです。
私自身、最初にゲットしたオオクワガタ3令幼虫♀は、その場では本命である事が分からず、プロの方に判別してもらって本命である事が確定したわけなのですが、経験値がなかったのでそれは仕方のない事でした。
ただ、この時には、ポイント案内はしていただいたので、これが大きかったのは事実ですが、それでも、自身で単独行動をしながら朽木を探している中で、ようやく1本のブナの立ち枯れ材から割り出す事が出来たので、ここのところは良かったと思いますね。
それ以来、オオクワガタ採集(材割・樹液)に嵌ってしまい、今日に至りますが、平成が終わり令和になっても、貴重な個体及び写真を標本或いは、写真として残していくつもりでいます。

マスターズでタイガー復活V・・・。

私自身、ゴルフは全くやりませんが、見るのは好きなんです・・・。
今回のマスターズにおいて、14年ぶりの復活Vを成し遂げたタイガー・ウッズですが、流石に大きなプレッシャーの掛かる中、やはり素晴らしいショットやパターを見せてくれました。
流石と言う他ありませんが、この復活Vは大勢の方々が願っていたに違いなく、それを本当に成し遂げるあたりは、過去に数々の栄光を手にして来たタイガーならではですね・・・。
タイガー、優勝おめでとう

国民栄誉賞でふと感じた事・・・。

国民栄誉賞と言えば、王貞治氏から始まり、羽生結弦氏まで27名の方々が受賞されていますが、受賞基準が分からない点が多いのも事実ですね。
五輪3連覇した柔道男子の野村忠宏氏や体操男子の内村航平氏(五輪個人総合2連覇、世界選手権個人総合6連覇、全日本選手権個人総合10連覇)は、到底達成出来るものではなく、受賞には充分値するとは思いますが・・・。
しかし、最近話題になったイチロー氏は、2度も受賞を辞退し、過去にはプロ野球選手で世界的な盗塁王と言われた福本豊氏も相応しくないと辞退、そして、数々の名曲を作曲した古関裕而氏(作曲家)は、遺族が亡くなった後の受賞を辞退したようなので、なかなか難しい面もあるようです。
今後も受賞基準と言う点においては、色々と賛否両論があると思いますね・・・。

滅多に経験する事のない驚きの採集・・・パート2。

いやあ、一昨日と昨日と寒かったですね。季節外れの降雪があったりなんだりで、大変です・・・
さて、5月に予定しているブナ帯採集の日程も決まり、それが終わればいよいよ樹液シーズン到来ですが、どちらもひじょうに楽しみですね・・・

それでは、採集記の続きです・・・。

クワ友と昼食休憩を済ませた後、午後は彼と一緒に彼の気になっているポイントへと足を運ぶ事となった。
ポイント内に入り、別々に行動開始していると、いくつかの朽木があり、チェックするとそこそこの虫っ気がありそうな感じです・・・。

そして、1本の立ち枯れ材をチェックすると、太目の食痕が姿を現したのです。
その食痕をしばらく追い掛けていると、間違いない本命の姿がありました・・・

IMG_3772.jpg
立ち枯れ材と3令の食痕

姿を見せたのは、オオクワガタの3令幼虫♀ですが、プリプリとした比較的大きな幼虫のようです。
何枚かの写真を撮った後、直ぐにクワ友へ連絡を入れた。

私「もしも~し、オオクワ出ましたよまだいると思いますから、こちらに来てください

友「了解しました~


IMG_3771.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重7,8グラム、頭幅9,0ミリ)

しばらくするとクワ友が合流したので、早速クワ友に続きをチェックしてもらうと、迫力のある食痕と共に3令幼虫が姿を現した。

私「この極太食痕は凄いですねえ

友「いやあ、これは本当に迫力ありますよ


IMG_3773.jpg
極太食痕とオオクワガタ3令幼虫

良く見ると、これも3令幼虫♀のようです・・・。
しかし、極太な食痕は立ち枯れ材下部へと食い進んでいるようです・・・

IMG_3775.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀

そして、3令幼虫♀を取り出した後、いよいよ極太食痕の主を確かめるべく、慎重に下部へと食い進む食痕を追い掛けていく・・・。
食痕の太さは、4センチ近くもあり、かなり大きなものと推定出来る。
しかも、下部へと食い進むにつれて柔らかな材質部分になっているため、食痕が粗くなっており、手でほぐせる様な状態となっていたので、幼虫を傷付けないようにゆっくりと慎重に追い掛けていったのです・・・。

すると、ついにゴロンとした大きな3令幼虫が姿を現したのです・・・

私「うわ~、これはデカイ

友「15グラム以上は楽にあるね

私「そうですねえ・・・。」


IMG_3776.jpg
特大3令幼虫♂

とにかく、体重を量ってみない事には、良く分かりませんから、早速体重計に載せてみたところ18,2グラムもあり、私にとっては、今シーズン最大幼虫となったのです。

IMG_3779.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂(体重18,2グラム、頭幅11,1ミリ)

まだいくつか入っていそうなので、再度クワ友と交代してチェックしてもらったところ、さらに下部のところから、これまた大きな3令幼虫♂(体重16,1グラム、頭幅11,0ミリが出現し、2人共に驚いたのは言うまでもありません・・・。

この後の追加はなく、再度別々に探索をしていると、1本の立ち枯れ材あり、怪しい部分をチェックすると、カブトムシの食痕と大きなカブトムシの幼虫が複数確認出来ましたが、実は私自身、この様なケースでは、彼らが好む材質が柔らかくて栄養があるため、オオクワガタの♀にとっても産卵に適しているのも事実であり、ひょっとしたらオオクワガタも混ざっている可能性があるのではと思い、何か所かをチェックしたその時だった・・・

目の前には、本命に間違いなさそうなしっとり感のある太目の食痕が姿を現したのです・・・。

IMG_3781.jpg
極太食痕

さらに慎重に追い掛けていくと、ひと際大きな幼虫が出現し、次の瞬間、地面にポロっと落下してしまいました・・・

いやあ、参ったなあ

IMG_3782.jpg
極太食痕

直ぐにその幼虫を拾い上げたところ、間違いない大型3令幼虫だったのです・・・

うわぁ~、これも大きいなあ

IMG_3783.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂

早速、体重計に載せてみたところ、これまた大きな16,4グラムもあり、これで、今回当てた材の4本共に15グラムUPが入っていた事になり、こんな事は二度と経験出来ないであろうと思いますね。

IMG_3785.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂(体重16,4グラム、頭幅10,5ミリ)

この後にクワ友と合流し、この材を見てもらいましたが、手の届く範囲では手応えはなく、怪しい部分は上部なのですが、この続きは次回機会があればと言う事で、この場を後にした。
車に戻る途中も周辺の状況を確認しましたが、まだまだ探索の余地はありそうなので、今後のお楽しみと言う事で今回の採集を終える事となりました。
ここのところ、なかなか成虫材に当たる事がありませんが、これも一つの宝探しなので、続けていればいつか当てる事が出来るでしょう・・・。

IMG_3789.jpg
今回4本の材で当てた3令幼虫(4♂2♀)

帰りは、久し振りになめこそばを食べてみましたが、美味しかったですね・・・

IMG_3791.jpg
なめこおろしそばとねぎとろミニ丼(1400円)

さあ、そろそろ平成最後となる採集が来ると思いますが、楽しみたいですね

     終わり・・・。

滅多に経験する事のない驚きの採集・・・パート1。

ここのところ、桜は満開で暖かくなったかと思いきや今日は、一転して寒い一日となりました・・・
季節外れとは言えこんな日はもうないでしょうが、いやあ、寒かったなあ・・・。

それでは、先日の採集に行った時のお話です・・・。

採集をやっていると、全く手応えなく終わってしまう事も珍しくありませんが、成果があっても、その時の内容も様々であって、大物が採れる場合も小物が採れる場合もあり、それぞれが楽しいものです。
と言うか、採集自体が楽しいので、成果は二の次と感じる事も少なくありません。
そんな中、これまでの経験した中でも、ちょっと例がないなと思える採集内容になってしまったので、二部作にはなりますが、その時の模様を書いてみます・・・

この日は、珍しくかなり早起きをして採集地へと向かった・・・。
”早起きは三文の徳”と言いますが、まさかのまさかが起ころうとは・・・。

さて、予定通り現地入りした私は、この日探索をしてみようと思っていたポイントに身支度を済ませて入って行った。
しばらくポイント内の朽木を探しながら、何本かをチェックするものの、虫っ気があっても本命の姿はどこにもなく、気が付けばあっと言う間に3時間余りが過ぎていたのです・・・

しかし、面白そうな雰囲気なので、継続してポイント内を探索していると、目の前にごく普通の朽木があり、その朽木の怪しい部分をチェックしていると、確定とは言い難い食痕が姿を現した・・・。

う~ん、これはどうかなあ

IMG_3757 - コピー
怪しげな立ち枯れ材

確かに食痕は太目であるが、まだこの時点では、確証が持てなかった・・・。
コクワガタのやらせか?それとも本命なのか?

そして、さらに続きを丁寧にチェックしていくと・・・。

IMG_3763.jpg
太目の3令幼虫の食痕

この極太食痕が出たところで、まず間違いないだろうと確信に変わったのです・・・。

IMG_3764.jpg
3令幼虫の極太な食痕

その食痕は、下部へと伸びており、その先を追い掛けて間もなくすると、ゴロンとした大きな3令幼虫の姿がそこにあったのです・・・

オオクワだ~

IMG_3759.jpg
オオクワガタ大型3令幼虫♂

これは意外に大きいなあ

IMG_3760.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂

久し振りの大物だっただけに何枚もの写真を撮ってしまいました・・・
15グラム位はありそうかなと思い、手の平に載せても重量感は感じられる。

IMG_3761.jpg
さらに手の平に載せて撮影

そして、実際に計量をしてみたところ、幸先良く15グラムの大物でした・・・。

IMG_3762.jpg
大型3令幼虫(体重15,0グラム、頭幅10,6ミリ)

私自身もこの位のサイズは、めったに採れないので良かったです・・・
まだ追加があると思われたこの立ち枯れですが、残念ながらこの1頭のみと言う結果でした。

まあ、これも良くある事なので、仕方ありません。
ここのポイント内での生息が確認されたので、さらにポイント内をあちらこちらと探索を続けますが、立ち枯れ材・部分枯れ材・切り株に倒木とチェックするものの、なかなか手応えのないまま2時間余りが経過した頃の事だった・・・。

何かちょっと上部が気になる立ち枯れがあり、まずは、手の届く範囲をチェックしていると、上部に食痕だまりのような黒くなったものが姿を現し、それがどうも気になるので、注意しながらその先を手を目一杯伸ばしながらチェックしていくと、その食痕が黒色から肌色へと変わり、良く見ると堅く詰まった太さのある食痕となり、その先でポコッと穴が開いたのです・・・。

そして、その部分からは、間違いのないオオクワガタ3令幼虫の姿があったのです・・・

出た~、オオクワだ~

IMG_3767.jpg
オオクワガタ3令幼虫

ここで、再度目一杯手を伸ばして撮影をした後、地面に落とさないように慎重に取り出した。
これも中々の大物ではありますが、まだいくつか入っているであろうと思われる。

IMG_3765.jpg
オオクワガタ3令幼虫♂

取り出した後、気になる体重を量ってみたところ、15グラムには届かなかったものの、堂々の大物であった。
まだいくつかが入っているであろうと思われますが、幹はグラグラしていた事もあり、何度か大きく揺らすと倒れそうな感じ・・・。

IMG_3768 - コピー
オオクワガタ3令幼虫♂(体重14,6グラム、頭幅11,2ミリ)

そこで、ゆっくりと大きく揺らしたところ、ドサッと倒れたので、その幹の部分をチェックしてみたところ、今度は3令幼虫♀の姿がありました・・・

IMG_3770.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重6,7グラム、頭幅8,2ミリ)

さらに続きをチェックすると、極太食痕が出現し、その食痕を追い掛けている途中、少々堅めであった事が災いしてしまい、大きく割ろうと思って斧を入れた次の瞬間、なんとそこには、これまた15グラムを楽に超える16~17グラム程の大型幼虫がいて、完全に傷つけてしまった・・・
頭幅は、11,5ミリもあり、残念な事をしてしまいました。
この材は、この後の追加はなく、3頭入っていた事になりますが、一番大きな大物を傷付けてしまったのが悔やまれます・・・。

そして、この後も探索を続けていると、別のポイントで採集をしていたクワ友から連絡があり、お昼を一緒にする事となったのですが、クワ友に午前中に採集した大物の3令幼虫を見せると、驚いている様子でした。
しかし、クワ友もしっかりと2令幼虫を採集しており、流石の成果だなあと感心させられた。

さて、食事が終わり、今度はクワ友と一緒に気になるエリアへと探索に行く事になったんですが、まさかまさかの採集となろうとは想像も出来なかったんのです・・・。

   つづく・・・。

久し振りにつけ麺の名店へ・・・。

しばらく行っていなかったつけ麺の名店へと友人と行って来ました・・・

IMG_20190406_133805 - コピー
つけ麺小(680円)

IMG_20190406_133811 - コピー
名物の餃子(一皿400円)

締めは、つけ麺のスープを使った雑炊を食べてお腹いっぱいでしたね・・・
久し振りに食べましたが、やはりピカイチ美味しいですね。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: