FC2ブログ

ブナ帯採集より帰宅・・・。

今シーズンラストとなるブナ帯採集へと行って来ました・・・
厳しい産地ではありますが、クワ友たちとの連携により、ようやく手にする事が出来た貴重なものでした。
やはり、探索は本当に厳しいですが、その努力が実った時の感動は計り知れません。
今回もそんな貴重な体験をしたブナ帯採集でした・・・

IMG_1904.jpg
ブナ林

IMG_1905.jpg
タラの芽

IMG_1907.jpg
タラの芽

IMG_1914.jpg
極太食痕

IMG_1918.jpg
3令幼虫

近日中には、採集記をアップする予定です・・・。
スポンサーサイト



のんびりと山歩き・・・。

昨日は、クワ友から樹液採集報告がありました。
もう既に西の地域では、越冬成虫の確認やゲットされている方々もいると思われますが、クワ友にも確認された方もおり、今回越冬成虫の小歯型ゲットとなったようで、いよいよ西から東へと徐々に採集報告が聞けそうです・・・

さて、それでは、先日の採集記です・・・。

最近は、さらに気温は上昇し、暖かいというよりは暑いと感じる事が多くなっていますが、そんな中山歩きをして来ました・・・。

今回のポイントは、以前から気になっているエリアなのですが、どのような状況なのかを確かめるべく、単独で探索へと向かった。

さて、身支度を終えていざ出発です・・・

林の中を歩いていると、全く手が付いておらず、所々に朽ち木が確認出来た。

状態は良いが、手応えはない・・・。

しばらく材を探しながら歩いていると、目の前に○○の立ち枯れ材が目に留まる・・・。

面白そうだなと思いながら、怪しい部分にチェックを入れる。

若干堅めではあるが、状態は部分的に良い感じ・・・

そして、次の瞬間、ポコッと穴の開いたそこには、プリプリっとした大きなお尻が確認出来たのです・・・

オオクワだ~

しかし、この時の衝撃により、空洞部分からアリの大群が出て来てしまったので、3令幼虫に食い付かれないようにすぐさま取り出す事に・・・。

対応が早かった為、事なきを得ましたが、肝心の写真を撮る事が出来ず、ちょっと残念・・・

IMG_1859.jpg
3令の採れた立ち枯れ材

多分まだ入っていると思われるので、続きをチェックしていると、間もなくして3令幼虫の♂の頭だけが残っている死骸が出て来たのです・・・。

しばらくチェックをするものの、追加は出ずに貴重な1頭をゲットする事が出来た・・・

サイズは、体重11,1グラムと大した事はありませんが、この地域での生息確認は貴重な経験となった。

IMG_1860.jpg
オオクワガタ3令♂(体重5,4グラム、頭幅9,8ミリ)

さらにその周辺を探索するものの、手応えはなく、しばらく探索をするために歩いていると、かなり大きな倒木を発見

期待しながらチェックするものの、状態がそれ程良いものではなく、残念ながら手応えはなかった・・・

そして、1時間ほど経過した頃だった・・・。

状態の良さそうな朽ち木を発見

見た目にもなかなか期待が出来そうな感じである・・・

早速、怪しい部分にチェックを入れたところ、1本の少々細めではありましたが、良い感じの3令の食痕が姿を現した。

上部から下部へと食い進んだその食痕を慎重に追い掛けていく・・・。

IMG_1864.jpg
3令幼虫の食痕

するとしばらくして、小さな3令幼虫が姿を現したのです・・・。

ちょっと小さいかなあ

この時点では、頭が確認出来なかったんですが、直ぐに反転して頭が出て来ると、間違いない”オオクワガタ3令幼虫”です・・・

いやあ、久しぶりに小さな3令♀が出ましたが、頭幅が8ミリにも満たない7,9ミリで体重は3令初期で1,8グラムと小型でしたが、確かなオオクワガタです・・・。

IMG_1861.jpg
オオクワガタ3令♀(体重1,8グラム、頭幅7,9ミリ)

さらに周辺をチェックしていると次々に3令の食痕が姿を現します・・・。

IMG_1865.jpg
3令幼虫の食痕

この食痕が走っていた部分は、状態が良くて複数の食痕が確認出来た。

IMG_1866.jpg
3令幼虫の食痕

そして、待望の♂が姿を現しましたが、それ程大きなものではなさそうです・・・。

それでも、頭幅からすると普通なサイズであろうか、やはり♂はなんと言っても迫力が違いますね。

IMG_1868.jpg
オオクワガタ3令♂

結果からすると、この朽ち木から採集した中では一番体重のあったものとなり、体重11,1グラムで頭幅10,8ミリでした。

IMG_1869.jpg3令幼虫♂(体重11,1グラム、頭幅10,8ミリ)

この後も写真を何枚か撮りながらの割り出しを行いましたが、容量があるために全部には手を付けず、食痕が切れたところで終了する事となった・・・。

ここのエリアは、まだまだ探索の余地はあるものの、来シーズン以降のお楽しみと言う事でこの場を後にした。

おまけに樹液木も1本だけですが、見付ける事が出来ましたね・・・

この後は、ポイント移動しながら探索をしましたが、手応えもなくいつもより早めの終了となった。

IMG_1871.jpg
今回2本の材から採集した3令幼虫

さあ、これで今期はブナ帯採集を残すのみとなりました・・・。
今期のブナ帯採集は厳しい地域という事もありますが、苦戦を強いられています。
ですが、有終の美を飾れるように今回も探索をしっかりと行い、手応えを掴んで来ようと思います・・・

ラスト1頑張るぞ~

高校総体サッカー藤枝東がベスト8・・・。

いやあ、ついつい昨日も行ってしまいました・・・
私自身、高校サッカーが大好きなので、仕事に行く前にちょこっとね・・・。
今日もとにかく暑いです・・・

そして、伝統の藤色のユニフォームは輝いています。

IMG_1888.jpg
試合前

試合は、守備の乱れから序盤に1点を先行され、苦しい展開が続きましたが、徐々に藤枝東のペースになり、終盤に1点を返して前半を1対1で折り返す事となった・・・。

IMG_1889.jpg
前半終了

後半が始まった・・・。

藤枝東ペースかと思われた序盤にまさかの2点目を入れられてしまい、苦しい展開が続く・・・。

チャンスがいくつかあったものの、それを活かし切れずに終盤へと差し掛かり、一進一退が続く中、ついに後半出場となった2年生FWが同点シュートを決める・・・。

このままいくとPK戦になるかもと思いながら見守っていると、この後終了間近にエースの10番曽根大和君がついに勝ち越しのシュートを決め、場内が沸きあがり3対2で勝利

それにしても、相手チームは強かったですね。

しかし、土壇場での逆転劇は、やはり素晴らしかった・・・。

今回の勝利でベスト8となり、次戦は強豪校の清水東ですが、守備の乱れが心配です。なんとか修正して頑張ってもらいたいところです・・・

IMG_1890.jpg
試合終了

頑張れ~、藤枝東

高校サッカー総体県大会・・・。

暑いですねえ・・・
今日は、久しぶりに高校サッカー総体県大会の観戦に行って来ました・・・

休日で暖かいという事もあって、交通量が多く、渋滞に巻き込まれてしまいましたが、何とか前半途中から観戦が出来ました・・・

IMG_1884.jpg
前半2対0とリード。

1点目はPKだったようですが、2点目はドンピシャのヘディングシュートをエースが決めていよいよ後半戦です・・・。

そして、後半16分にMFの選手が目の覚めるようなミドルシュートをゴール右上に蹴り込み、会場が盛り上がる。

IMG_1885.jpg
直接フリーキック・・・。

残念ながらFKは得点ならず・・・。

IMG_1886.jpg
コーナーキック・・・。

そして、このCKも得点ならずで、数々の得点チャンスも決定打が出ずに内容的にはちょっと物足りなさが残ったものの、県大会の初戦を突破し、ベスト16に進出です・・・

IMG_1887.jpg
見事に3対0で勝利

明日は、いよいよベスト8をかけた戦いですが、ひじょうに楽しみですね・・・

注文していたリチウム電池が到着・・・。

本当に暖かくなりましたねえ・・・

6月から本格的なシーズンインとなる樹液採集ですが、これまで数々のリチウム電池をセットで購入したものの、大半のものは不良品が多くて、直ぐに寿命が来てしまったり、最初から悪かったりといったものが多かった事から、今回はパナソニック製のしっかりとしたものを購入する事に決めました。
仲間と3人で計7個のリチウム電池を購入しましたが、アマゾンで購入したら翌日到着です・・・

IMG_1873.jpg
注文した翌日に到着

IMG_1874.jpg
合計7個のリチウム電池

これにより、今シーズンの樹液採集は、この愛用品のライト3本でOKです・・・

IMG_1875.jpg
愛用の3本のライト

上から1300ルーメン、1000ルーメン、800ルーメンですが、実際にはこの半分くらいの明るさかもしれません。
それぞれその時の状況によって使い分けてはいますが、リチウム電池の購入により、今シーズンはより楽しめそうです・・・

早くも樹液採集の報告がありました・・・。

ここのところ、幼虫達の最後の餌交換を少しづつやっていますが、順調に育っているようです・・・
そして、ゼリー交換も合わせて行っていますが、徐々に食いが良くなっていますね。
随分と気候が暖かくなって来たので、自然界でもそろそろ越冬個体が動き出す頃なのかなと思っていた矢先、クワ友から樹液採集の報告がありました。
なんと50ミリ弱の♂の越冬個体を発見したものの、洞の中に入られてしまったとの事でしたが、なんとも刺激的な採集報告に驚かされました・・・
私自身も樹液採集個体を5月1日に確認したのが最短ではありますが、たまたま樹液木にいたところを見つけただけなので、本当にたまたまだっただけで、それ以外は6月初旬という事になりますね・・・。
私自身は、年々体力的にハードになって来ているので、今期はちょっとペースダウンしながらの樹液採集をと考えています。
本格的にオオクワガタ樹液採集をはじめて15年目となる今シーズンですが、相変わらずヘッポコ採集を続けている現在、毎年のように新しい樹液木を何本か見つけてはアタックするという事を繰り返しています。
とにかく、いつでも採れるような御神木は、未だに見つからず、悪戦苦闘の連続ですが、その難しさが私にとっては魅力なんです・・・
私の場合は、6月スタートとなりますが、その前にラスト2となる材割採集を楽しみたいですね・・・
そして、いよいよ今シーズン最後となるブナ帯採集に向けて頑張りますよ~

ブナ帯へのチャレンジ・・・。

今シーズンのMLBでは、ヤンキースが好調で、現在のところ東地区首位で勝率も0,677と高く、打線もいいようですね。
しかし、心配なのが投手のマー君が、現在5勝1敗で投手陣を引っ張っているものの、防御率が4,36と高くて、これがちょっと気になるところですかね・・・。
久しぶりにワールドシリーズ進出を狙えるチーム戦力である事には間違いないですが、マー君自身もこれから徐々に防御率を下げていって20勝を狙ってもらいたいところです。
そして、日本のプロ野球は、阪神が好調でこちらも面白いですね・・・

さて、それでは先日の採集記です・・・。

とは言っても、今回は厳しい某県なので、果たして手応えがあるのかどうなのか?

しかし、行くからには何かしらの手応えを掴みたいとの思いで、今回3人のクワバカコンビでの遠征となりました・・・

これまでのブナ帯採集において、良い成果に恵まれた事も数多くありますが、その反対に厳しい採集で終わった事も数多くあります。それだけ地域が異なれば厳しさも増して来ますが、今回はあえて厳しい地域へのチャレンジをする事となったのです。

自分達で新規ポイントを見つけて、そこで手応えがあれば最高の喜びとなりますからね・・・。

前日、待ち合わせ場所にて集合した3人は、1台の車に乗り込んで某県へと出発です・・・

途中、私がルートを間違えてしまうハプニングもあったものの、それ以降は順調に進み、途中のSAにて夜食を食べて休憩し、運転を交代してもらいながら、あっと言う間に目的地へと到着・・・。

目標としては、過去に採集実績のないエリアでの新規開拓で成果を挙げる事なんですが、実際にここのポイントへ入ってみると、全く材割をしたような痕跡がなかったのに驚かされた。

クワ友とここで別れての探索を開始する事にした。

標高も問題なく、不安より期待感の方が強く、早朝より時間を忘れて朽ち木探しに没頭したのです・・・。

残雪のあるブナ林の中を歩いているとなぜか癒される感じがする。

IMG_1857.jpg
ブナの原生林

ここのエリアでは、直径80センチくらいから1,5メートル程の大木が数多く確認され、樹液木のミズナラも多く確認出来る。

いくつかの朽ち木をチェックしていくが、比較的虫っ気が少ないように感じられる。

アカアシやコクワガタの成虫・幼虫が時折出て来るものの、本命の姿を確認する事は出来ない・・・

元々生息が薄いとされる地域では、困難である事は百も承知であるが、かなり状態の良い立ち枯れ材があっても手応えのないのは少々残念な気がする・・・。

”これはもらった” と思える立ち枯れもいくつかあったが、手応えがない・・・。

そうこうしている内にクワ友と合流するが、彼も手応えがないとの事だった。

さらに今度は斜面を登りながら、倒木や切り株・立ち枯れ・部分枯れといった朽ち木をくまなくチェックしていくが、なかなか手応えがない・・・。

そして、とうとう午前中の部が大幅に延長して終了し、3人が合流したところで状況を話し合いながら昼食休憩に入った。

ここのエリアは、全くの手付かずではあったものの、虫っ気が少ない状況だったので、ポイント移動する事となった。

車で流しながら、良さそうな樹層のエリアに入り、早速探索を開始・・・。

ここにも少ないながら立ち枯れが確認されましたが、午前中に探索をしたところよりもパッとせず、とうとう夕方近くになってしまい、早朝から長くやっていた事もあり、17時頃に終了となった。

IMG_1853.jpg
ブナの立ち枯れ

着替えを終え、今晩お世話になるホテルへと直行し、ゆっくりした後にホテルの近くにある焼肉屋に入り、焼肉を食べながらのクワ話で盛り上がるとあっと言う間に時間が過ぎてしまった・・・

たまには焼肉もいいなあ・・・

こうして、ホテルに戻った3人は朝まで爆睡状態でした・・・

         ・・・ < 2日目 > ・・・

2日目の朝を迎えましたが、天候は昨日に引き続き良好です・・・

ホテルで食事を終えた私達は、クワ友が調べてくれたエリアへと車を走らせた。

ポイントに到着後、早速林道を歩いてブナ林があるところまで歩く事にする。

ここも標高は問題ないし、樹層はかなり良さそうである・・・。

途中、こんなツリガネタケの寄生した立ち枯れ材があり、チェックを入れると状態が良く、ワクワクしたものの、残念ながら本命は確認出来ずだった・・・

IMG_1854.jpg
ツリガネタケの寄生した朽ち木

この後30分程歩いただろうか?そこでかなりの朽ち木が多く存在するポイントに辿り着き、そこで3人分かれての朽ち木チェックが始まった・・・。

状態の良い立ち枯れやら倒木・部分枯れが多くあり、時間を忘れてチェックに没頭した3人でしたが、クワ友の1人が古いオオクワガタらしき食痕を確認しただけで、結局手応えなしに終わりましたが、とにかくここのポイントは、朽ち木が数多くあり、本命が出そうで出ないといった感じだったのです。

時間的に足りないなという感じだっただけにもう一度探索してみたいところでしたね。

ここで大幅に時間を消費したので、一旦車に戻って昼食休憩をした後、今回最後のポイントへと移動する事になった。

ここまでのポイントは、全て手付かずだったので、充分に楽しめたポイントではありましたね・・・

最後のポイントは、ここも標高・樹層とも申し分なく、かなり期待しての探索でしたが、なかなか手応えのない中、私が最後にチェックしたブナの立ち枯れで、極太食痕が姿を現し、慎重に追いかけていくとその先で啄木鳥に抜かれていたのです・・・

IMG_1856.jpg
状態の良かったブナの立ち枯れ

しかし、100%オオクワだったのか?と言われればその確証はありませんが、アカアシかオオのどちらかだったと思いますね。

この材をチェックし終わった頃、クワ友たちと合流し、状況を聞きましたが、かなり良材があったようです。

残念ですが、時間も18時を廻り、タイムリミットとなったところで終了する事となりました。

今回、1泊2日の採集でしたが、成果はオオクワガタらしき痕跡を見つけた事だった。

確かに確定とは言えないかもしれませんが、この続きは次回このメンバーで明らかにしたいですね。それまでは何度でも通って手応えを掴みたいものです・・・。

今回は、夢中になるあまり、幼虫・成虫の写真は1枚も撮る事がありませんでしたが、次回はしっかりと本命の写真を撮りたいものですね・・・

さあ、次回はリベンジです・・・

ブナ帯へのチャレンジ・・・。

今回は、某県へとチャレンジして来ました・・・
採集実績があるのかどうなのか?と思う位過去に採集者の入った痕跡もなく、ただひたすら歩き、朽ち木を探しながらオオクワガタの痕跡を見つけるためにクワ友たちと一緒に2日間に渡る探索をして来ました。

IMG_1855.jpg
ブナの立ち枯れ

色々な事が勉強出来た2日間でもあり、厳しい中にも和気藹々とした楽しいひと時でもありました・・・
採集記は、時間があればアップする予定です・・・。

男子マラソンで驚異的な記録・・・。

最近は、暖かくなりましたね。
それに日没時間も延びて18時半頃まで明るい感じです。
いよいよ樹液採集の時期が近づいて来た感じなので楽しみですね・・・

さて、タイトルの男子マラソンで驚異的な記録が非公認ながら出たようですが、キプチョゲ(ケニア)選手により、2時間0分25秒という記録が出たようです・・・
ただし、一般的なマラソンコースではなく、一周2,4キロの周回コースで実施され、選手の負担を軽減するために水分補給は手渡しで行うというような方法だったようですが、それにしても凄いですね。
現状では、42,195キロのマラソンコースにおいて、2時間を切るのは難しいだろうとされていただけに、この様な結果からして現実味を帯びて来たと言う感じですね・・・。

私自身、マラソンには興味があるので、ちょっとネットで調べてみたところ、下記のようなデータが載っていました。

これまでに最も長い間、記録更新されなかったのは・・・。

1969年・・・クレイトン(豪州)・・・2時間8分33秒(アントワーブ)

1981年・・・キャステラ(豪州)・・・2時間8分18秒(福岡)

と言うわけで、およそ12年間記録が破られなかったのが最長のようです。

そして、およそ30年前となる1988年にデンシモ(エチオピア)が記録した当時の世界記録である2時間6分50秒は、1キロ3分ペースでゴールする記録となったようですが、ここからさらにエチオピアとケニアの選手による世界記録の更新がなされ、ちょうど10年前となる2007年には当時皇帝と呼ばれたゲブラシラシエ(エチオピア)が2時間4分26秒の記録を作り、現在では、2014年にデニス・キメット(ケニア)の2時間2分57秒が最新の世界記録です。
しかし、いったいこのマラソンの記録はどこまで伸びていくのでしょうかね・・・。

クワ友との山歩き・・・。

クワ友たちもあちらこちらで、このGWを利用して採集へ出掛けているようですが、皆さん頑張っていますね・・・
私も先日、クワ友と一緒に山歩きをして来ましたが、その時のお話です・・・。

この日は、以前から2人で入ってみようと打ち合わせをしておいたとあるポイントへと出掛ける事にした。

手付かずの朽ち木があちこちに見られ、樹液木も存在するポイントでしたが、良材があっても本命の姿を確認する事は出来なかった。

ここのポイントから2ポイント目に移動し、その途中で昼食休憩を取って本日2ポイント目に到着・・・。

途中で、期待の持てる朽ち木を見つけ、2人でチェックを開始すると、まずクワ友が状態のそれ程良くない部分から、3令♂(体重11,8グラム、頭幅11,2ミリ)を幸先良くゲット

その後、今度は3令メスが姿を現した・・・

IMG_1837 - コピー
オオクワガタ3令♀(体重7,3グラム、頭幅9,6ミリ)

更には、反対側の状態の悪い部分を食い進む3令の食痕を確認・・・。

IMG_1839.jpg
オオクワガタ3令の食痕

そして、そこからはオオクワガタの♂と思われる3令幼虫の姿を確認する事が出来た・・・

IMG_1840.jpg
オオクワガタ3令♂(体重7,2グラム、頭幅10,8ミリ)

更にこの後にもう1頭追加し、この場を後にして再び探索へと向かった・・・。

探索を開始してから既に17時を過ぎ、残り1時間てところだろうか・・・?

この時期は、18時過ぎまで明るい感じではありますが、もうそろそろだなあと感じていた頃、目の前に立ち枯れらしきものが2本程確認出来たのです。

そこで、まずは進んでいる方向からちょっと下部にある1本の立ち枯れからチェックする事にしたのです。

近づいてみると、見事なカワラ材である・・・

これなら状態が良さそうなので、チェックを開始して直ぐに死んでいる3令幼虫が確認された後、2令幼虫♂(頭幅5,5ミリ)が出たところでクワ友に連絡を入れた・・・。

そして、大声で位置を知らせながら、クワ友が近くまでやって来たところで、こちらに来る途中の立ち枯れ材をチェックし始めたクワ友だったのですが・・・。

IMG_1844.jpg
カワラ材の朽ち木から姿を見せたオオクワガタ2令幼虫♂

しばらくチェックをしていたクワ友が、突然叫んだのです・・・。

友「オオクワ、オオクワ~

私「え~、本当に~

友「成虫、成虫~


ほんの少ししか離れていない場所にあるその立ち枯れに向かい、彼の指差すところを見てみると、見事な蛹室内の大歯型と極太食痕が目に留まった・・・

IMG_1847 - コピー
立ち枯れ中心部を食い進むオオクワガタの食痕

友「62~63ミリくらいですかね

私「いやあ、65ミリ位はあるんじゃないのかなあ


IMG_1848.jpg
迫力あるオオクワガタの大歯型

この後、一旦蛹室から成虫を出して穴を広げた後に再度成虫を中に入れての撮影を行った・・・

IMG_1852.jpg
きれいな大歯型個体

そして、改めてサイズを測ってみたところ、65,2ミリの美形個体だったのです・・・。

私「いやあ、いい個体だねえ、おめでとう

友「ありがとうございます


IMG_1850.jpg
オオクワガタ大歯型(65,2ミリ)

やはり、この大歯型が入っていた立ち枯れ材もカワラ材でしたが、複数入っていると思われたここからは、貴重なこの1頭のみでした。

この後、私の2令を取り出した材へ向かい、クワ友に続きをチェックしてもらったところ、2令・3令が追加で出たのです。

IMG_1841.jpg
今回私が採集した3令幼虫

こうして、クワ友との山歩きを終えましたが、1日楽しんで3本の材を当てたんで充分満足ですね・・・

この後、いつものファミレスで食事をして楽しいひと時を過ごし、帰宅したのです・・・。

     終わり・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: