FC2ブログ

あっと言う間に3月が終わろうとしている・・・。

本当に過ぎ去るように3月が終わろうとしています。
早いもので、明後日からは年度替りとなる4月がいよいよスタートとなります。
今月の仕事は、なんだかんだで、ここ10年で一番残業の多かった忙しい一月となってしまいましたが、良く頑張ったなと自分ながらに思いますね・・・。
体調も崩さず、風邪も引かず、今年に入っての3ヶ月間は特に忙しかったですが、どうにか乗り切る事が出来てホッとしています・・・
そんなわけで、ひと段落したところでのんびりと採集にでも出掛けて来ようかなと思っています・・・
スポンサーサイト



稀勢の里の優勝で湧いた大相撲・・・。

いやあ、稀勢の里の逆転優勝には感動しましたが、良かったですね・・・
怪我の痛みは本人にしか分からないと思いますが、よくぞ諦めずに立ち向かったと思います。
勝負の世界では、たとえ負けると分かっていても立ち向かわなくてはならない事も多々ありますが、ネバーギブアップの精神は横綱としても個人的にも素晴らしかったと言えるでしょうね・・・
物事言い訳をするのは簡単ですが、言い訳もせずに逃げないで頑張る事はひじょうに難しいです。
人間として夢を叶えるためにコツコツと努力をする事は、色んな意味で大切ですね・・・

さて、年度末という事もあってこの3月はひじょうに忙しく、残業続きですが、もうひとふん張りして頑張ろう

河川敷へ再チャレンジ・・・。

今回、後輩君との日程が合った事から、再度河川敷へのチャレンジをする事となった・・・
この地域は、探索をしてもなかなか採る事が難しいだけにその難しさが反対に採集意欲をかきたててくれるところでもあります。
後輩君もそんな魅力にどっぷりと浸かってしまった1人かもしれませんが、私自身も頑張れば何とかなるかもしれないというそんな難しさに惹かれてしまった1人なんです・・・。

今回は、早朝より気合を入れての探索となった・・・。

ちょうど採集を始めてから1時間ほどが経過した頃だった。

このポイントは、殆んどが手付かずであったので、後は虫っ気があるかどうかが気になっていたのですが、たまにある朽ち木にはいつものコクワ君があちこちで確認され、虫っ気のある事が確認された。

オオクワガタがなかなか採れない地域でも、この虫っ気があるかないかが大きなポイントとなる。

勿論、棲み分けはしていると思いますが、近くに樹液木があり、そこから朽ち木へと産卵に飛来すると考えられるので、虫っ気のないところでは、オオクワガタの存在もかなり薄いか全くないかのどちらかと言えるでしょう・・・。

そんなわけで、ここもひょっとしたらと思いながら、とあるヤナギの倒木をチェックしてみる事にしたんですが、見た目は小木なので大した事はないかなと思ったところが、いきなり極太食痕が・・・

IMG_1770.jpg
直径15センチ幅の小木に極太食痕

これが出た瞬間、高い確率でこの先にオオクワガタがいると感じた・・・。

しかも、しっかりと堅く詰まったその食痕は、さらに横へと伸びている。

IMG_1771.jpg
比較的堅く詰まった食痕が・・・。

比較的状態の良い部分を食い進み、その太さは50センチ以上も続いていたのです・・・。

IMG_1773.jpg
良い感じで50センチほど伸びている

そろそろかなあと思いながら、伸張にチェックをしていると、その先でついにその主が姿を現したのです。

さて、どっちなんだろう・・・

IMG_1774.jpg
ついに主が姿を現した

しかし、期待を裏切って出て来たのはデカコクワ君だったのです・・・

まあ、過去にもこんな食痕で幾度となく騙されて来ましたから、いやあ、残念という他ありません・・・。

IMG_1775.jpg
残念ながらデカコクワ君

気持ちを切り替えて、さらに朽ち木を探してはチェックを繰り返していると、今度は切り株の根部に極太食痕を確認する事となった。

しかし、どう見てもオオクワガタの雰囲気はなく、多分根部を好むあの幼虫に違いないと思い、その先をチェックしていると・・・。

IMG_1777.jpg
根部を食い進む極太食痕

やはり、ヒラタ君だったのです・・・

IMG_1776.jpg
やはり、根部にはヒラタ君が・・・。

顔を良く見ると特徴的です・・・。

IMG_1778.jpg
ヒラタクワガタ♂

まず見間違える事のない顔をしているので、残念ですがダメでした。

さらにポイント内を移動しながら探索をしますが、私も後輩君も共に成果なしで午前中が終了となった。

午後は、ポイント移動しながらいくつかの地域へアタックしたものの、怪しいものすら確認出来ず、この河川敷で12時間頑張りましたが、残念ながら成果はありませんでした。
2人で1日中楽しめた河川敷ですが、1日で探索出来る範囲は限られてしまうので、長い目で見ながら今後もボチボチと宝探しを楽しみたいものです・・・

     終わり・・・。

WBCはアメリカ優勝で幕を閉じた・・・。

WBC決勝戦では、アメリカがプエルトリコを8対0で下し、初優勝をして幕を閉じました・・・
残念ながら、準決勝戦でアメリカ相手に2対1で惜しくも負けてしまった侍ジャパンですが、色々と感動の場面を見せてもらい、感謝感激でしたね・・・。
アメリカ戦では、やはり緊迫した流れの中で、1つ2つのミスが命取りになってしまいましたが、この様な場面でミスをしなければ勿論アメリカには勝利していたはずです。
これもたらればの話になってしまいますが、ミスを付いたアメリカが日本を上回ったという事でしょうね・・・。
それにしても、やはり全ての大会においてベスト4以上に進出した日本は、やはり立派だと思います・・・
また4年後に開催されるWBCですが、よりレベルアップした侍ジャパンを期待し、今度こそは頂点に立ってもらいたいものです・・・
最後に沢山の感動をくれた侍ジャパン、お疲れ様でした~
そして、ありがとう~

WBCいよいよ明日決戦・・・。

今日のプエルトリコ対オランダ戦は見応えのある試合でしたね・・・。
戦前の予想をしていたんですが、オランダが勝利するのではと思っていました。
ところが、初回の攻撃が明暗を分けましたね、ミスを重ねたオランダがどうにか2点を先取したものの、あそこでたたみ掛けられなかったのが敗因だったように思います。
それにしても、世界ナンバーワンと言われるプエルトリコのモリーナ捕手のキャッチング・肩・ポジショニング・判断力どれをとっても素晴らしいものでしたね。
前回のWBCでも準決勝で、日本がモリーナ捕手にやられましたからね、とにかく明日のアメリカ戦はなんとしても勝ってくれ~
そして、決勝で前回の借りを返してもらいたいものです・・・
頑張れ~、侍ジャパン

久しぶりに行ったポイントで感動が待っていた・・・パート2。

WBCもいよいよ大詰めですが、日本の準決勝の相手はアメリカに決定し、日本対アメリカとプエルトリコ対オランダの戦いとなりましたね・・・。
この中で日本以外は、優勝すれば初優勝という事になりますが、日本が勝てば3度目の優勝です。
とにかく頑張って欲しいですね・・・
とりあえずは準決勝のアメリカ戦ですが、頑張れ~、侍ジャパン

それでは、採集記の続きです・・・。

既にペアゲットとなりましたが、まだほんの少ししかチェックしてない事もあり、本当に怪しい部分にチェックを入れた瞬間の確定食痕の先が気になります・・・

その先を丁寧に追い掛けていくと、キメの細かな堅く詰まった食痕が伸びている・・・。

IMG_1707.jpg
堅く詰まった食痕が下部へと伸びていた

この先にいるのは間違いない

そして、次の瞬間、ポコッと穴が開いたところにプリッとした大きなお尻が姿を現しました・・・

これは15グラム前後の3令♂のようです・・・

IMG_1709.jpg
プリプリっとしたお尻

写真を撮り終えてから、ゆっくりと取り出して量りに載せると14,1グラムでした。

まあまあのサイズかな・・・

IMG_1710.jpg
3頭目の3令♂(体重14,1グラム、頭幅11,0ミリ)

さらに続きを追い掛けていくと、これも極太食痕となって下部へと食い進んでいるようです。

IMG_1711.jpg
堅く詰まった極太食痕

とにかく良材だけにどんなものが登場するのか?この先にいる主が気になります・・・。

さらにその食痕を追い掛けて直ぐに主の姿が明らかになったのですが、先程よりも大きな3令のようです・・・

IMG_1712.jpg
丸々とした3令♂

丸々としていて頭幅もありそうです・・・

取り出して量りに載せてみると、先程よりも大きな14,7グラムでした。

頭幅も11,5ミリとまあまあの大きさでしたね・・・。

IMG_1715.jpg
4頭目の3令♂(体重14,7グラム、頭幅11,5ミリ)

まだ大半を残し、食痕が切れたところで終了とし、もう少しこのポイント内を探索していると、樹液の木が2本見つかったので、これで良しとし、昼食休憩を取った後に午後の部の開始となった・・・。

一応成果が得られた事で、久しぶりに採集者なら殆んどの方が知っていると思われるとあるポイントへと行ってみる事にした。

ここは、過去も現在もオオクワガタの濃いとされる地域ではありますが、私自身は最近入っておらず、どの様になっているのかが興味があったので、そこへと向かい歩きながら周囲を観察していると、既に採集者の入った形跡があり、大半にチェックした痕跡が残っていた。

しかし、これは本命が出たなあという確定したものはなく、何本かが気になってチェックをしてみると、その内の1本から確定と思われる2令サイズの食痕が出たので、この瞬間、私の中では多分間違いないなという感じでしたね・・・

その食痕を追い掛けていくと、案の定綺麗なボディーの2令幼虫が姿を現したのです。

IMG_1719.jpg
オオクワガタ2令幼虫

周囲をちょっと払いのけてみると、立派な2令幼虫が姿を見せました・・・。

IMG_1720.jpg
2令♂(頭幅5,2ミリ)

そして、この後、初令幼虫が1頭出たところでストップし、これ以上は割らずに他の材を探しながら、このポイント内をあちこち歩き廻りましたが、追加はなく、ここで本日の採集を終える事となりました。

IMG_1722 - コピー
2本目の材で採集した初・2令幼虫

IMG_1725.jpg
1本目の材で採集した3令幼虫

私にとっては、2本当てれば上出来ですね・・・
色々と楽しませてくれたフィールドに感謝し、この場を後にしました。
樹液シーズンまで後2ヶ月足らずですが、それまで後数回は材割り採集を楽しみたいですね・・・。

     終わり・・・。

久しぶりに行ったポイントで感動が待っていた・・・パート1。

WBCもいよいよアメリカに乗り込んでの試合が始まろうとしています。
前回準決勝敗退だっただけに今回は、優勝奪還目指して頑張って欲しいですね・・・

さて、それでは先日の採集のお話です・・。

この日は、単独で色々と行ってみたいポイントをピックアップしながら、最初に向かったポイントは過去に一度もゲットした事のないポイントだった。

ここは、近年来てはいるが、なかなか厳しい感じがするポイントで、手付かずの材が結構ありましたが、全く手応えなくポイント移動する事となった。

2ポイント目は、もうかれこれ7~8年は来ていないだろうか・・・?

それでも、このポイントが気になり、早速探索を開始すると、怪しい朽ち木がまあまああり、その一つ一つをチャックしてみるものの、本命は出ず・・・

さらに歩いて探索していると何本かの倒木が目に留まった・・・。

そして、何本かをチェックした後、見た目も良さそうな倒木があったので、近くまで行ってから全体を良く見てみると、かなり期待出来そうな雰囲気だった・・・

IMG_1704.jpg
良い感じの倒木

倒木のえぐれた状況と言い、決め手はこのカワラだった。

この手のカワラ材は、かなり朽ち方が良く、これまでにも良い思いをした事が度々ある。

IMG_1705.jpg
このカワラ材の朽ち方は最高に近い

そして、まずは怪しい部分にチェックを入れた瞬間、直ぐに確定食痕が現れ、慎重に追い掛けていったところ、オスと見間違える程大きな3令♀が姿を見せたのです・・・

それにしても大きな♀3令だなあ・・・。

IMG_1694.jpg
最初に採れた3令♀(体重9,7グラム、頭幅9,8ミリ)

久しぶりに10グラムを超える大物かなと思いましたが、体重は9,7グラムでした。

IMG_1702.jpg
久しぶりの大きな3令♀

さらに続きを削ると、3~4センチはあろうかと思える極太食痕が姿を現し、この先にいる主がどんなものなのか?期待感が高まったのです・・・。

IMG_1696.jpg
太さ3~4センチの極太食痕

この極太食痕から、この先にいる主の大きさは、多分15~16グラムかなと想像しながら、慎重に追い掛けていったところ、それよりも大きい感じのする3令幼虫がついに姿を見せたのです・・・

IMG_1697.jpg
ついに食痕の先の主が姿を現す

材質も良く、キメの細かな堅く詰まった食痕でしたが、居食いをしている感じでそれ程移動はしていなかったようですね・・・。

この大きさなら18~19グラム位はありそうかな・・・。

IMG_1698.jpg
ゴロンとした丸々太った大きな3令幼虫

そして、量りに載せてみたところ、意外に大きくて20グラムジャストでしたね・・・

IMG_1701.jpg
特大3令幼虫(体重20,0グラム、頭幅11,2ミリ)

これまでにも色々なケースを見聞きしていると、成虫のサイズであるとか幼虫の大きさは、その時の運もあるけれども、やはりカワラの付いた良材には、大型が入っている可能性が高いと言えます。

さて、まだほんの一部分しかチェックしていないので、もっとも怪しいと思えるカワラの寄生した部分へこれからやろうと言う状況でしたが、いよいよその部分に斧を入れると、次の瞬間、しっとり感のある材質部分に極太食痕が剥き出しになったのです・・・

IMG_1706.jpg
さらに上部からは極太食痕が・・・。

これはまだ大物が入っているかもしれないなあ・・・

     つづく・・・。

WBC侍ジャパンがついに準決勝進出・・・。

ここのところ、WBCの侍ジャパンの熱い戦いで、寝不足続きでしたが、とうとうイスラエルに8対3で勝利し、開幕6連勝として準決勝進出となりました・・・
いやあ、毎日毎日が手に汗握るハラハラドキドキの試合でしたが、チーム一丸となった戦いに胸が熱くなりました・・・。
これで前回同様にベスト4に残りましたが、ここからが正念場です。
得点が多いのは良いのですが、失点があまりにも多過ぎる事にちょっと不安な点があるものの、相手も強豪ばかりですから簡単には抑えられないのかもしれませんが、準決勝では頑張ってもらいたいですね・・・
頑張れ~、侍ジャパン

山歩きした末にドラマが待っていた・・・。

昨日のWBC日本対オランダ戦の余韻が残っている感じですが、明日はいよいよアメリカラウンド準決勝戦進出への大一番となる対キューバ戦です。
キューバには、1次ラウンドで勝利しているとは言え、相手も日本戦で負ければ終わりなので、今まで以上に手強いと思います。
しかし、これまでの快進撃の勢いをそのまま明日の試合にぶつけて欲しいですね・・・
頑張れ~、侍ジャパン

先日、単独にて山歩きをして来ましたが、ようやく見付けた最高の材でドラマが待っていたのです。
この時の話は、後日時間のある時にでもしますね・・・

IMG_1704.jpg
ようやく見付けた最高の倒木

IMG_1696.jpg
極太食痕その1

IMG_1706.jpg
極太食痕その2

そうそう、先日河川敷採集をしていた後輩君ですが、採集で持ち帰った不明幼虫を見せてもらったところ、残念ながら異なりました。
後輩君自身も多分違う可能性が高いと判断していたようなので、それは正しかったと言う事ですね・・・。
持ち帰ったのは頭幅5,2ミリ前後のものだったんですが、頭の形がはっきりと異なりました。
河川敷では、大半がコクワガタですが、たまに頭幅9ミリを超えるコクワガタの3令もいますし、逆に頭幅7ミリ前後のオオクワガタの3令もいますから、頭幅のみで判断する事は出来ませんが、そんなところが面白いのも確かです・・・

河川敷のヤナギ林・・・。

今日のWBC2次ラウンドの初戦の対オランダ戦はまさに激闘・死闘でハラハラドキドキなスリリングな試合内容でしたね・・・。
仕事から帰宅した後にテレビに噛り付いて観てしまいました・・・
いやあ、それにしても5回以降の試合内容は、特に面白かったですね。
しかし、やっている選手ならびに監督やスタッフも大変だったろうなあと思います・・・。
これで、キューバかイスラエルのどちらかに勝てばベスト4進出がほぼ決まると思われますから、もう一ついや全勝で決勝ラウンドへと進出してもらいたいですね・・・

さて、先日、私の住んでいるところから5~6分のところにある地元の大井川河川敷にちょこっと立ち寄ってみました。

IMG_1733.jpg
地元大井川河川敷のヤナギ林

ひじょうに良い感じではありますが近くに行って見ると、所々に面白そうな朽ち木を発見する事になった・・・。

IMG_1736.jpg
地元大井川河川敷のヤナギ林

すると上部が朽ちているヤナギの木を遠目から見てみると、なかなか良い感じ」です・・・。

IMG_1737.jpg
怪しい上部の部分枯れ

そして、その木の途中には、折れた枝部が引っ掛かっており、これも何となく怪しい感じがします・・・

IMG_1738.jpg
途中で引っ掛かっているヤナギの枝枯れ

どれもこれも全く手付かずで残っていますが、どうかなあ・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: