FC2ブログ

9月も今日で終わり・・・。

早いもので、9月も今日で終了です・・・。
今年も、夏場において3年連続となるエアコン未使用で通す事が出来ましたが、やはり暑かったですねえ・・・
しかし、汗をかくのは健康的ですから、それはそれで良かったと言えます。
扇風機とうちわは使用しましたけど、それでないと熱中症にかかる心配がありますからね・・・。
虫部屋のオオクワガタたちも暑さで少々大変だったかもしれませんが、何とか無事に乗り切った感があります。
ゼリー交換やマット交換も残り1ヶ月でほぼ終了となるので、あっと言う間ですね・・・
さあ、来月もう一度樹液採集に出かけようか、どうしようか?気温次第かなと思いますが、行けたら頑張って来ます・・・
スポンサーサイト



恒例の草刈り作業・・・。

久しぶりに晴れ間の出た日曜日ですが、今日は毎年恒例となった地域の草刈り作業を行った。
かなり広範囲におけるものなので、いつもは2時間半から3時間位掛かるのですが、今日は、事前に一部作業をしてあった関係で、2時間ちょっとで終了となり、その後は我家の廻りの草刈りと草取りを実施し、朝8時から行った作業が12時過ぎにようやく終了となった。
この作業が終わった頃には全身汗だくとなり、終了後にシャワーを浴びて身も心もスッキリとしました・・・。
さて、今シーズンの樹液採集は、残すところ1回となりましたが、先日カメラ屋でプリントした採集のアルバムの整理をしておかないとなあ・・・。

今期13度目となる樹液採集・・・。

今期の樹液採集も終盤戦となり、ラスト2となったチャレンジの場をレア産地と化しつつ某県へと足を運ぶ事となりました。
果たして本命に出会う事が出きるのか・・・?

さて、それでは先日の樹液採集のお話です・・・。

この日は、後輩君と共にクワ友たちと合流してのチャレンジが始まった・・・
前日会社のある歓迎会があり、少々の寝不足があったものの、日が変わった早朝に現地へと向かったのです。

途中、SAで朝食を済ませ、ちょこっと道に迷いながらも何とかクワ友と合流する事が出来た・・・
簡単な挨拶を済ませた後、早速ポイントへと向かった。

気になる樹液の出具合は良さそうです・・・。

ポイント内の樹液木を念入りにチェックしていくものの、全体的に虫の数が少ないように感じられるが、樹液は出ている感じである。

IMG_1314.jpg
樹皮捲れその1

しかし、雰囲気が良いものの、確認されたのはコクワガタだった・・・

さらに樹皮の奥に目をやった時だった・・・。

IMG_1315.jpg
樹皮捲れその2

何やら光るクワガタらしきものを発見

それを掻き出し棒でそっと取り出してみると、ひじょうに珍しい小さなヒラタクワガタだったのです。

このサイズになると30ミリ未満ならオオクワガタ同様に珍しいと言えるかもしれません。

サイズを測るとなんと 28,3ミリ という小さなものだった・・・

IMG_1317.jpg
極小のヒラタクワガタ28,3ミリ

これがオオクワガタの極小個体だったらなあと思いましたが、そんなに甘くはありません。

さらにポイント移動をしながらチェックをしていきますが、なかなか手応えがありませんね。

そして、樹液の出がいい木をチェックしていると、一瞬ドキッとする隙間に挟まるものを発見

もう見る限りオオクワかヒラタである・・・。

IMG_1322.jpg
一瞬ドキッとしたヒラタクワガタ

しかし、良く見てみると、やはりヒラタでした・・・

さらに樹皮の隙間に隠れる中型のヒラタを発見

IMG_1326.jpg
ヒラタクワガタ55ミリ

サイズを測ると55ミリでしたが、クワ友たちも60ミリくらいのヒラタを筆頭に数頭確認していたようです。

それにしてもヒラタが多いなあ・・・。

その他には、コクワガタは勿論ですが、ノコギリクワガタも結構見掛ける事が多かった。

そうこうしていると、あっと言う間に午前中の部が終わり、昼食休憩を挟んで午後の部の開始となった・・・。

以前、高所でミヤマクワガタの70UPを採集したポイントで、上部の樹皮捲れをチェックするも中に入っていたのは、やはりヒラタだった・・・。

IMG_1328.jpg
樹液木の高所で奮闘する後輩君

私自身は、高所に対してそれ程恐怖感はありませんが、後輩君も同様で、果敢にチャレンジをして行きます。

彼は、毛虫がいようとスズメバチやムカデがいても全く動じないので、ひじょうに逞しいですね・・・

IMG_1327.jpg
奮闘する後輩君

この木の上部には、珍しくスズメバチが群がっていましたが、そこまでは位置が高過ぎてチェックが出来ませんでした。
ひょっとしたら、その部分にある樹皮捲れに本命がいた可能性もありますが、ちょっと危険が伴うので断念する事にして、さらにポイント移動をする事となった。

日が暮れだすとあっと言う間に暗くなってしまい、気が付けばナイターになっていた。

ここでもいくつかの樹液木をチェックしていきましたが、やはりヒラタとノコが多く、最後の最後まで粘ったものの、残念ながら本命に出会う事は出来ませんでした・・・

IMG_1329.jpg
この日も良く見掛ける事の出来たノコギリクワガタ

その中にあって、1本の樹液木がひじょうに怪しかったんですが、樹洞の奥が深過ぎて、いかにもという感じではあったものの、なす術なしでしたね・・・。

こうして、14時間に及ぶ今回の樹液採集を終えた後、クワ友と遅めの食事をし、クワ話で盛り上がった後に解散となった。
かなり疲労困憊していたので、途中何回か休憩をとりながら、自宅に戻ったのは翌日の10時過ぎだった・・・。

今回、成果はありませんでしたが、帰宅途中で立ち寄った某PAで蕎麦としょうが焼き丼のセット(800円)を食べたんですが、これがボリュームがあって、しかもこれまで食べた中でも一番美味しかったですね・・・
ただし、この店は高速道路のPAには、ここ以外はないそうですから、そうそうは立ち寄れませんが、機会があったらまた行きたいと思います・・・。

さあ、次回はラスト1となりますが、有終の美が飾れるように頑張ろう

クワ友との樹液採集から帰宅・・・。

今回の樹液採集もひじょうに厳しかったなあ・・・。
クワ友たちと一緒にレア地域を奮闘して来ましたが、樹液の出は結構良かったですねえ・・・
後日、採集記をアップする予定です・・・。

さて、随分と涼しくなった感じはしますが、まだ暑いですねえ。
プロ野球もMLBも終盤戦となっていますが、MLBで活躍している投手の岩隈16勝、前田15勝、田中13勝は立派な数字ですね。
また、田中は防御率が2,97でア・リーグでトップですから、これも素晴らしい事ですね・・・
最終的には、勝ち数もまだ伸びると思いますから、これからも頑張って欲しいです。

樹液採集も残すところラスト2です・・・。

朝晩は涼しく感じる時期になりましたが、日中はまだまだ暑いですねえ・・・。
今日も仕事を汗だくになりながら頑張りましたが、やはりTシャツや夏用の上着も汗で濡れてしまい、まだ気温が高いなあと感じてしまいます。
もう9月も中旬ですが、この暑さなら樹液採集もまだまだ楽しめる事でしょう・・・
私にとっての樹液採集は、今月ラスト2回で終了予定ですが、回数としてはほぼ例年並みと言ったところでしょうか・・・。
昨シーズンは、この9月に66,4ミリと65,3ミリを幸運にも採集出来ましたが、今シーズンは、ちょっと苦戦をしています。
まあ、今シーズンに限らずいつも苦戦続きですけどね・・・
クワ友たちも頑張っているので、有終の美を飾りたいところです・・・
さあ、頑張ろう

今期12度目となる樹液採集・・・。

まずは、イチローが今期初本塁打を放ちましたが、ようやく出てホッとしました・・・。
そして、全米オープンテニスにおいて、錦織圭がリオ五輪王者のマリーを準々決勝で3対2で破り、ベスト4進出となりました・・・
ここまで来たら、4大大会初優勝を狙って頑張ってもらいたいですね・・・

さて、約1ヶ月ぶりとなる樹液採集へと行って来ました。
果たして樹液の出具合はどうなんだろうか?と心配をしながらの久しぶりの樹液採集でしたが、やはり全般的には悪かったですね。
最初に気になるいくつかのポイントを順番にチェックしていきますが、カブトムシの姿は既になく、いつものコクワ君とノコギリクワガタを確認出来たのみで、虫っ気も以前よりありません・・・。

それにスズメバチの姿が殆んどなく、いつものシーズンと比較すると異常なくらいです。

それで、昨年小歯型をゲットした樹液の出ている木へ久しぶりに行って見ましたが、ここも以前より樹液の出が悪く、コクワ君がいただけだった・・・。
そして、気になるポイントを廻っていたら、時間があっと言う間に過ぎ去ってしまい、昨シーズン大歯型の65ミリと66ミリをゲットした樹液木を見過ごしてしまう羽目になってしまった・・・
ここのポイントはイノシシが頻繁に出るところなので、夜間採集は危険と判断し、次の機会に狙う事にしました。

しかし、樹液の出ている素晴らしい木がある反面、樹液が止まってしまった木もあり、なかなか本命の姿を確認する事が出来ないまま時間が過ぎていった・・・。

この日は、特別暑い日ではなかったものの、採集途中で車のエアコンが壊れてしまい、外にいても中にいても汗だくな1日となってしまいました・・・
窓を開ければ涼しいですが、車を止めれば暑くてたまらない状況となり、おまけにやぶ蚊やブヨが入り込んでくる始末で参りましたね・・・

こうして、夜間採集へと突入し、若干の気温の下がりは感じられたものの、やはりエアコンの効かない状況は辛いものがありました。
この日、一瞬ドキッとする場面もありましたが、やはりデカコクワ君だったり、ノコだったりで深夜まで奮闘したものの、結局撃沈に終わってしまいました・・・

そうそう、この日はなぜか1枚も写真を撮るタイミングがなく、残念な報告となってしまいましたが、私にとってはラスト2の予定となっている樹液採集を楽しみたいと思います。

次回こそは、オオクワガタに出会いたいものです・・・

樹液採集はいよいよ終盤戦です・・・。

9月に入っても厳しい暑さが続いていますが、それでも徐々に気温の下がっているのが感じ取れます。
仕事が多忙だった事もあって、8月には1度しか行けなかった樹液採集ですが、クワ友たちはそれぞれ成果を挙げるなりして頑張っていたようです。
さて、私の方は今月中に3回ほど採集へと行く計画を立てていますが、2次発生個体がいると思いますから、運が良ければ大歯型に巡り会えるかもしれません。
成果云々もあるでしょうが、まずは現地に出掛けて残り少なくなったシーズンを楽しみたいですね・・・
それから、2016年度の新成虫余品販売の方も色々と問い合わせを頂いていますが、残り6ペアで最後となりますので、よろしくお願い致します

ようやく登山の疲労がとれました・・・。

先日の登山はほんとに久しぶりだったんですが、下山する際の踏ん張る時に太ももに負担がかかるので、いつも2日間位は階段の上り下りする際にかなり筋肉痛による痛みが残ります。
今回もそんな感じで、年齢的な事もあってかなり大変でした・・・
今はようやく疲労が取れてやれやれですが、登山も登りやすい山と大変な山があるので、体力面を考慮しての山歩きをしていかなければと感じました。
後輩君は、まだまだ若いし、体力面では全く問題ないので平気でしたが、登山を最初にやり始めた30代の頃とは明らかに体力が落ちている事を実感した次第です・・・。
まあ、また夏山の季節が来たらみんなで行きたいですね・・・

2016年度新成虫余品販売・・・。

9月に入ったので、多少は涼しくなるのかなと思いきやまだまだ厳しい暑さが続きます。
この暑さももうちょっとだと思いますから、もうしばらくの間、暑さに負けないように頑張らないとね・・・

大変お待たせいたしましたが、今期新成虫の余品販売を9ペアさせて頂きます。
今回のペアの♀においては、数の関係で4ペアのみ2♀を付けさせて頂きますが、場合によっては昨年羽化の♀をサービスで付けられるものもありますから、その際はお問い合わせくださいね・・・。

①山梨県韮崎市産・・・♂62♀41、39・・・12000円

IMG_1298.jpg
2令採集

②山梨県甲斐市産・・・♂64♀43・・・15000円

IMG_1299.jpg
3令採集

③山梨県韮崎市産・・・♂65♀42、40・・・SOLD OUT

IMG_1297.jpg
3令採集

④山梨県韮崎市産・・・♂65♀41・・・18000円

IMG_1292.jpg
3令採集

⑤山梨県韮崎市産・・・♂67♀42・・・20000円

IMG_1290.jpg
3令採集

⑥山梨県韮崎市産・・・♂68♀42・・・20000円

IMG_1294.jpg
3令採集

⑦山梨県甲斐市産・・・♂68♀40、39・・・SOLD OUT

IMG_1302.jpg
3令採集

⑧山梨県韮崎市産・・・♂70♀44・・・30000円

IMG_1293.jpg
3令採集

⑨山梨県韮崎市産・・・♂71♀44、42・・・SOLD OUT

IMG_1305.jpg
2令採集

以上の9ペアとなりますが、興味のある方は気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。
尚、問い合わせはブログメールか私の携帯の方にご連絡頂けたら幸いです。
それではよろしくお願い致します

久しぶりの登山へと行って来ました・・・。

いよいよ9月となりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね・・・。
そんな中、会社の先輩後輩と4名での私にとっては久しぶりとなる登山へ出掛けて来ました。
8月は、仕事が何かと忙しく、採集へは1回しか行けませんでしたが、この計画を立てたのが7月でしたから、その頃からひじょうに楽しみにしていました・・・
しかし、本来8月に行く予定が台風の影響で延期され、9月となったのです。

地元静岡を深夜1時に出発し、目的地である長野県と山梨県の県境にある八ヶ岳最高峰の赤岳(2899メートル)の登山道入り口付近に到着したのが5時頃だった。
早めの朝食は、途中で済ませたので、まずは40分ほどの仮眠をした後に着替えをしていよいよ出発です・・・

6時に出発をして八ヶ岳の看板のあるところまでおよそ1時間で到着です。
今回は、八ヶ岳の中でも最高峰と言われる赤岳への登山となりましたが、ネットで調べてみるとこの八ヶ岳と言う名前は単に特定の8つの山を指すのではなく、沢山ある山々の総称として言われているようです。

今回目指す赤岳は、その中でも最高峰の2899メートルなので、やはりどんなところなのか?私にとっては未知の世界ですが、後輩君は登山の経験豊富なベテランなので、この山々も何度か登った事がある事から、頼もしい存在です・・・。

ただ、最後の難関となる岩場は、ハシゴとクサリ場が続き、かなりハードであるとの事で、一体どんなところなのか?私にとっては興味津々ではありましたが、ただ一つ心配なところもありました。
それは、数年前に膝を痛めてしまい、未だに完治しないどころか悪くなってしまっているので、その事とどう上手く付き合っていくかですが、この長丁場の登山にこの膝が耐えられるのかどうかが気掛かりではありました。
しかし、一緒に行く仲間に気遣いをさせたくなかったので、その話はせずに頑張って山頂を目指す事だけを考えたのです。

こうして、1時間が経過した頃、八ヶ岳の看板が目に入ったので、ここからが本番だと自身に言い聞かせて、歩き始めたのです。

IMG_1278.jpg
案内の看板・・・登山を開始してから約1時間

途中、八ヶ岳の山々を見ながらゆっくりと歩いて行きます・・・。

IMG_1279.jpg
まだまだ山頂までは長い道のりだ・・・。

歩き始めて2時間が経過した頃、最初の休憩です。
水分補給をしながら、雑談をして10分ほど休んでから出発です・・・

そこからさらにゆっくりと歩きながら進んでいくと、登山を開始してから3時間半経過した9時半頃に2回目の休憩場所である行者小屋に到着です・・・。

ここで、簡単な食事をし、20分位休憩した後に山頂目指して出発です・・・
今回のメンバーは、60代前半1名、50代後半2名、そして、30代後半の後輩君です。
みんなそれぞれ初心者ではないので、それはそれで良いのですが、体力的に心配なところもあるので、ここからの山頂までの難所はかなりハードであるため、頑張るのみです・・・

IMG_1280.jpg
行者小屋で小休止・・・ここから山頂まで残り2時間あまり。

そして、行者小屋を出発して1時間が経過した・・・。

上を見ると急斜面に階段が続いているのが分かります。

IMG_1282.jpg
ここから延々と続く階段・ハシゴ・クサリ場

しかし、本当の難所は、この先にあり、階段・ハシゴ・そしてクサリ場といくつも続き、険しい岩場をクリアしなければなりません。

下を見れば行者小屋から1時間登って来たルートがはっきりと分かります。

さあ、頑張ろう

IMG_1283.jpg
山頂まで残り1時間のポイントで行者小屋を望む

山頂付近はガスではっきりと分かりませんが、これから続く岩場が見えています。

案の定、ここからの急斜面は、予想以上にハードでしたが、後ちょっとだから頑張ろうとみんなで励まし合いながら、およそ1時間に渡る難所をクリアして行く・・・。

IMG_1284.jpg
赤岳山頂付近を下から望む

そして、ついに赤岳(2899メートル)山頂に到着しました~

久しぶりの登山で膝の心配もありましたが、どうにか乗り越える事が出来ました・・・

登山をし始めてから5時間40分の道のりでした。

IMG_1286.jpg
赤岳山頂での後輩君とのツーショット

この後、みんなで何枚も記念写真を撮り、赤岳頂上山荘に移動してから昼食の時間です・・・

久しぶりにガスバーナーを使用して湯を沸かし、ラーメンを作ったのは良いが、水の分量が多過ぎてしまい、スープがかなりの薄味になってしまいました・・・
この後もみんなでコーヒーを飲んで昼食タイム終了です。

この昼食休憩中にどこかの若い女の子が気さくに”こんにちは~”と声を掛けてくれたので、普通に挨拶を返しました。
そして、彼女が私達が休憩している場所から直ぐのところにある赤岳山頂に行って戻って来たようなので、何も荷物を持っていなかった彼女に”何も荷物を持って来なかったの?”と問いかけると・・・。

彼女「いえいえ、そんなそんな~、近くに置いて来たんですよ!」

私「そうだよね~!」

こんな会話があり、この後下山途中にその彼女と再度会ったので、話し掛けてみた・・・。

私「お嬢さん、大学生なの?」

彼女「はい、そうです!」

私「ここへ1人で来るなんてすごいねえ・・・」

彼女「でも私こういうところが凄く怖いんですよ~」 ※この時はクサリ場のある階段を慎重に下りていた場面

私「でも若いから健脚で凄いなあ・・・」

彼女「私こういうところが怖いから、もうここへは来ないと思います!」

私「でも反対側のルートはこの何倍か難所だけど年配の女性も頑張っていたよ」

彼女「へ~、そうなんですか~。」

こんな会話がありましたが、どこか親しげな彼女に仲間も冗談を交えながら話をしていました。

そしてさらに・・・。

彼女「もし良かったら先に行って下さい!」

私「いやいや、私達が直ぐに抜かれてしまうから、どうぞお先に行って下さい!」

この後、クサリ場の難所を過ぎると、彼女の健脚はやはり素晴らしく、私達はあっと言う間に離されてしまいました・・・

こうして、2時間掛けて登り始めた行者小屋へ異なるルートからの下山を試みましたが、やはりルートが比較的楽でした。
もしも、難所だったルートを帰りも同ルートを下山していたら、結構大変だったようなあと感じましたね・・・。

そして、この行者小屋で休憩しようとしたところ、先程の彼女が先に休憩をしていた姿がありました。

私達4名が休憩をしていたのを見掛けた様で、彼女が私たちのところに寄って来て・・・。

彼女「これ良かったら食べて下さい!」

私「ありがとうね!」

そういって、4人分のクッキーを手渡してくれたのです・・・。

彼女「これから下山して帰ります!」

私「それじゃあね!」

仲間の1人は、気さくで可愛らしい彼女と最後に写真でも撮れば良かったなあと言っていましたが、そんな思いにさせてくれる人柄の良さそうな方でしたね・・・。

さて、この後はかなり疲労困憊しましたが、18時半頃に駐車場までようやく戻る事が出来ました。

この後、温泉に入り、食事をして帰宅したのは深夜0時半頃でした。
現在は、筋肉痛ですが、ゆっくりと疲れを取って、終盤戦となった樹液採集に備えたいですね・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: